2018年10月30日

意識を飛ばす

「先生、ハサミを返して下さい。」
「だってまた、傷つけるんだろ。」
と、一度は渋って見せた。
「もう、しませんから…。」
何度もハサミで自分の腕を傷つけていたSさんが、職員室の私の元を訪ねてきたのは、もう二週間くらい前になる。

彼女は、時々意識を飛ばす。
自分の中に他の人格を入れ、自分でない者に身体を支配させるのだ。
宗教的には、自覚的に他の霊を憑依させるということになる。

だから、時々、
「先生、先生、またSちゃんがおかしいです。」
などと、Sさんの友人が、あわてて職員室に駆け込んでくる。
自分では、こうした危険な遊びはやってはいけないことだとは思っているのだが、疲れたときや体調不良のとき、あるいは生理の時などにやってしまう。

別の人格になった時は、自傷行為をする。
最近は、自分の足首に傷をつけ、何十もの切り傷をつけた。

勉強が遅れることを、極端に嫌うので、何日も学校を休むことはないのだが、しんどい時には、わざと意識を飛ばしているようだ。

本人は、別の人格が支配しているときでも、記憶がある。本当の自分の意識がそばにいる。

私の見立ては、『現実逃避』なのだが、心の奥底には、解決し切れていない悩みを抱えているのかも知れない。

呼び込んでいる別の人格、支配している者がおとなしいものであれば、まだよいのだが、これが、自殺をした霊になった場合は、衝動的に同じ方法で自殺する可能性があるので、極めて危険だ。

「逃げるな。自分自身と立ち向かえ。」
と言いたい。だが、まだその重みに耐えられるまで回復していないのが苦しいところ。

必ず良くなる。必ず解決する。必ず自分自身の力で立ち上がる。

そう願って、信じて、祈っている。












理科部の生徒たち

「丹澤先生、理科部の子たちに指導してくださってありがとうございました。昨日は、たくさん集まりました。」

今朝出勤すると、理科部の顧問のI先生から過分の言葉を頂いた。

「いやぁ、何にもしてませんよ。」
謙遜ではない。本当に何もしてない、に等しいのだ。

先週、I先生が、
「よくサボる○○と△△と□□も声を掛けて下さい。」
などと言うものだから、土曜日の帰りの会に、理科部の三人に声を掛けたのだ。

このところI先生は、毎週のように放送をかけて、理科部の部員を呼び出していたので、少しでもお役に立てばと思ってのことだ。

ところが、やっぱり奴らはサボった。

だから昨日の帰りの会では、クラスに6名ほどいる男子の理科部員を立たせて、説教をしようとした。

「週3回しか活動してない文化部ですら、毎回参加できないというのは、そんなに面白くないということなのか? だったらやめちまえ。そして、他の部に変わればいいじゃないか…。」
私の学校では、退部時には、次の部への入部が義務づけられている。

そう、穏やかに話し始めたのだが、あまりの軟弱さと、いい加減さと、情けなさに、次の言葉が出なくなった。だから、6人は、立たされたままで、クラスはしばし沈黙した。

激しく叱責するわけでもなく、懇々と語るわけでもなく、ただの沈黙。

そして、そのまま数分が過ぎ、私は終わりの会を終えてしまった。
ただそれだけだ。

また昨日は、私の部活帰りに、理科室から叫び声が聞こえたので、ちょっと覗いてみた。
すると、何やら塩ビパイプで、段ボールを叩いて潰していた。
私には、何をしているか理解できなかったが、教室にいたI先生が、
「今日は、来てます…。」
と言うものだから、私は意味不明だったが、退散。

今日になって、その生徒に
「昨日のアレは、ストレス発散か。」
と尋ねると、「そうだ。」と言う。

やっぱり身体を動かした方がいいんじゃないかな。
発達期で、エネルギーのあり余っている中学生は、運動した方がいい。
週何回かの体育の授業だけでは足りないと思う。
「このまま、だらだら生活して、強靱で健康な大人になれるのだろうか。」
と、思う。

本当は彼らは、面白くないのでも、嫌なのでもない。ただ、面倒くさいのだ。
「面倒だから、行くのやめようぜ。」
と、お互い誘い合って、集団でサボる。
一人ではサボれないくせに、仲間を増やして、自分の罪を軽くしようとする。

暇さえあれば、スマフォをいじっているか、PCで動画を見ている。
ゲームをしているのかも知れない。

奴らの軟弱さには、あきれるばかりだ…。












お城で聞いた合唱

遠足で、会津若松の鶴ヶ城を見学。その天守から下りて、いよいよ、ボランティアガイドの案内が始まろうとした頃、水色のジャージを着た一団がやってきた。

初めは号令をかけて、バディのように番号を叫んでいたので、遠足の点呼かな、と思っていたが、そうではなかった。
彼らは、スタンバイすると、突然歌い出したのだ。
それは、混声四部のとても美しい歌声だった。

「城址で合唱するなんて、面白いな。」
遠く聞こえてくる歌声に耳をそばだてる。
見ると、次々とメンバーが替わり、歌っている。

「先生、あの人たち高校生ですか?」
私のそばの生徒が尋ねてきた。
「いや、ジャージを着ているから中学生だよ。でかいね…。」
遠目に見ても、体格の良いのがよく見えたのだ。

引率の音楽の先生に、
「ちょっと見てきて下さいよ。」
と、偵察を頼むと、それは地元の中学3年生だった。
一週間後の合唱コンクールに向けて、わざと声の響かない野外でリハーサルをしておこう、とやってきたのだ。

しかし、そのクオリティの高さは半端ではなかった。
ハーモニーはもちろん、その声量、発声、そして立ち居振る舞い、すべてが中学生のレベルを超えていた。男子も女子も、その声は高校生レベル。

見に行ってくれた音楽の先生、
「前任者がNコン(NHK全国学校音楽コンクール)常連なんだって…。」
前任者ってことは、もうその学校にはいない、ってことか。ちゃんと文化が引き継がれているようだ。

「うちの合唱部でも、あの声は出せないんですよ。私も勉強しなきゃ。」
と音楽の先生。
「連絡を取って、教えを請いたい。」
とも…。

平日の午後とは言え、観光客も多かったので、彼らの歌声に足を止め、聞き入った方も多いだろう。
なかなか洒落たイベントだ。

歌い終わると、彼らは、学校に戻って行った。学校は歩いて帰ることのできる距離にあるようだ。

鶴ヶ城址には、『荒城の月』の碑もある。ガイドさんの説明によると、全国三カ所のうちの一つだそうだ。

会津戦争によって破壊され、平地にされた城跡を、土井晩翠が訪れ(仙台の青葉城とともに)、作詞したという。

「あの名曲の詞ができたのは、この地であったか。」
と、以前訪れた青葉城ともに思いを馳せる。

学校の外に出ることでの発見は数多い。













ファン
検索
<< 2018年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ