2018年10月28日

遠足は土曜日がいい…

金曜日に遠足が行われた翌日、中1の学年主任が声を上げた。

「中1は体力ないから、翌日が休みの土曜日に遠足を実施して欲しい。」
と言う。

今年の遠足では、各校とも遠足が重なり、なかなかバスの手配ができなかった。
それに、現地でも遠足だらけだったのだろう。
金曜日に遠足をしているのは、公立校では土曜日が休みなので、ちょうど良いのだろう。

「でも、土曜日だと、観光地は混雑してしまう。交通渋滞もある。団体での昼食の予約もしにくいかもしれない。それより、大会と重なってしまう可能性が高いですよ。」
と、お答え申し上げた。

「今日は4時間授業で良かったね。遠足が水曜日だったら、翌日は7時間授業だから…。」
私は、遠足の翌日、そう教室で生徒たちに話をした。

遠足については、いずれ、教務で検討されることになろうが、
「生徒が疲れない企画にしたらどうだ。」
「暗くならないうちにもっと早く帰ってきなさい。」
などと管理職に指摘されそうだ。

どんな行事をするにしても、中学校経験の長い先生は、中学校カルチャーで、教育活動を考える。
一方、高校経験しかない先生は、高校カルチャーでものごとを判断する。
だから、中高同時の行事企画は、たいてい揉める。

教務内勤は高校仕様。中学生でも授業中、保健室にいれば欠課だ。留年だってある。

中学校の遠足は、班編制一つ考えても、その中に教育活動がある。
また遠足後、班ごとに、そのまとめが行われ、教室や廊下に掲示される。
しかし、高校では、「ああ、楽しかったね。」で、終わりだ。

「中学では、一つひとつの行事が、準備からまとめまでを行う、大切な教育活動なのだ。」
と考え、気合いを入れて遠足の企画運営を行うが、高校の先生にはそうした思いは少ない。

「だいたい行事が多すぎるんだよ…。」
と、事務長。
「業者を使いたいくらい大変なら、行き先を変えて、企画を縮小しなさい。」
と,教頭。

どんどん話が逸れていく。
同じ土俵で話ができないのは、何とも悲しい…。

だから、
「中学生も6時間半くらいの睡眠時間で大丈夫でしょ。」
などと、スケジュールが組まれそうになったりする。

まだまだ黙っていられないな…。

秋空の下で

急に合同練習がなくなったので、自チームだけの野球練習。
今日は朝から秋晴れ。もう朝は10℃以下まで気温が下がる。それでも、日が照ってくると、太陽の光が暖かい。

いつもは、昼には練習を切り上げ、すぐに学校に戻るのだが、今日はグランドのある公園で、皆でお昼を食べることにした。

片付けを終え、グランド整備をして、着替えたあとに、暖かいお弁当を調達。
秋空の下、ワイワイ言いながら、楽しくお昼ご飯を頂く。

静かな公園は、自然の音しか聞こえてこない。
風で木々が揺れ、紅葉した葉が舞い降りる。
時折、野鳥が甲高い声で歌っている。

「至福の時間だな…。」
そう、私がつぶやくと、コーチをしてくれている高校生も同意してくれた。
自然の中で、とても気持ちがいいのだ。

「明日の授業もなければいいのに…。」
と、高校生。

私の学校の休日は日曜日だけなので、日曜日の夕方になると、何となく月曜日を迎えるのが憂鬱になる。いわゆる『サザエさん症候群』だ。

一方、中学生はいたって元気だ。
練習が終わると、おそらく、皆で買い物にでも出掛けるのだろう。

私も以前は、日曜日も終日練習にしていたが、最近は試合でもない限り、午前中で終わる。
「自分の体力が落ちてきて、休日の終日練習が辛くなった」、ということもある。「部員が少ないので、できるメニューが少ない」のも理由。しかしそれよりも、「長く練習しても、それほど効果は変わらない。」ということを知ったのだ。何年もかかったのだけれども、今では確信している。

昼になると、まだまだ強い日差しが注いでいる。それでも20℃には達していない。
「先生、バナナの皮、山に捨ててもいいですか?」
「だめー。」

時々、練習中に旬の果物をおやつに出すことがあり、その皮を自然に帰したことが原因だ。

「先生、汁はどうすればいいですか?」
「それは、山に返していい…。」

なんか矛盾しているな、と自分でも思っていると、コーチの高校生が、
「自然破壊じゃないですか?」
と言う。

「そんなに自然は柔じゃない…。」

DSC_1580_726.JPG











ファン
検索
<< 2018年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ