2018年10月27日

やってみて初めて分かること 〜校内清掃〜

前記事(やってみて初めて分かること 〜朝の挨拶〜)の続編。

当時私は、授業の空き時間を一コマ分を使って、毎日、校内清掃を行った。
これも、退職までの間の、わずかなりとも学校への恩返し。階段や廊下を掃除した。

この掃除を始める前は、傲慢にも、
「何でこんなに汚いんだ。掃除しているのかよ。」
などと思っていた。
掃除の時間の担当場所もあり、私はトイレを裸足で歩けるくらいピカピカに磨き上げていたという慢心もあって、天狗になっていたのだ。

ところが、実際掃除をしてみると違った。
ちょうどそこは、風の通り道で、埃が溜まりやすい、ということが分かった。その上、そこはほぼ全校生徒が歩くところで、掃除しても掃除してもすぐに汚れてしまうのだ。

当時、学校には用務員さんがいた。お婆さんの用務員さんで、彼女が気がつけば、授業中などでも、いろいろな所を掃除してくれいた。もちろん、職員室も、そして先生たちのゴミ箱も、校内いたるところを掃除してくださっていたのだ。

教員生活が長くなると、だんだん感覚が狂ってくる。
自分が偉くなったような錯覚に陥るのだ。
「掃除はしてもらって当たりまえ。ゴミはこの中身は片付けてもらって当たり前。荷物は運んでもらって当たり前…」
などなど、数え上げればキリがない。

しかし、私の空き時間清掃は、開始してすぐ、自分自身の傲慢さに気づかされた。

「今まで、こんな風に掃除してくれた人がいたんだ。」

そうした人へ、感謝の思い一つ出せないでいた自分が、情けなくて、箒で床を掃きながら涙が出てきた。そして次第に、これまで黙って掃除を続けてきていた方々への感謝の思いが湧いてきて、その思いに馳せて、また泣いた。

私が泣きながら廊下を掃いている様は、端から見れば、おかしな姿に見えたに違いない。

私は、廊下を掃きながら、心の塵を掃いていたのだと思う。

どんなに立場が上がっても、下座修行は欠かせないという。
毎日のトイレ掃除を欠かさない、という校長先生もいると聞く。

人は、いつの間にか慢心し、傲慢になる。
それを防いでくれるのが、何気ない掃除であり、下座修行なのだ。

しばらく経ってから、
「先生、いつもありがとうございます。」
と言われた、その言葉の重みと、ありがたさをかみしめながら、掃除を続けていたあの頃を思い出す。

「やってみて初めて分かること」は、ここにもあった。













やってみて初めて分かること 〜朝の挨拶〜

もう十五年以上前になるが、当時私は、勤務校を年度末に退職することになっていた。
十年以上勤めた学校なので、せめて最後くらい何かしらの恩返しをしようと、朝の挨拶と、校内内清掃を数ヶ月間続けてみた。

いつも早めに学校に来ている私は、登校時間に合わせて、昇降口で一人、挨拶をしながら生徒を迎えた。
毎日欠かさず、退職するまで一日も休まず挨拶を続けた。
時には体調の良くない日もある。また、もうすぐ退職するのだと思いながら挨拶をしていると、なんだか泣けてきて、なかなか笑顔が作れない。
「おはようございます。」
どれだけ私の挨拶に元気があったかは、今はもう分からないが、生徒たちも挨拶を返してくれた。

最初、私が昇降口に立っていた時、多くの生徒は、
「なぜ、丹澤先生がいるのだろう。」
と、思っただろう。

「荷物検査か。」
なんて、構えた生徒もいたかも知れない。だから、なかなか挨拶のキャッチボールができなかった。

初めの頃は、
「私が挨拶しているのに、どうして生徒は挨拶に答えてくれないのだろう。」
と、思ったが、そういう考えはすぐに消えた。

生徒たちが挨拶をしてくれないのは、『私の挨拶に悲壮感が漂っているからだ。』と、思うことにしたのだ。確かに、笑顔も作れず、また半泣きの状態では、声をかけようとも挨拶にならない。

そのように気づいてからは、努めて笑顔を作るようにした。

面白いもので、作り笑顔はぎこちなくないのだが、それも毎日やっていると、いつしか自然の笑顔に変わってくる。

また、私の一回一回の挨拶に,思いを込めれば、生徒たちも必ず挨拶してくれることも発見した。だから、しばらく経って、退職直前のころには、全員が私に笑顔で挨拶をしてくれた。
その上、私の朝の行動に感化され、私と同じように挨拶に来てくれる先生も現れた。

私が退職することは誰も知らない中、ほんの何ヶ月か、学校への恩返しのつもりで始めた私の挨拶運動。
しかしそれは、いつしか私の習慣になり、生徒たちにも自然に受け入れられた。

あの時、かすかに恩返しできたのだろうか…。

この行い通して、私自身たくさんの学びを得られた。
生徒たちに愛を与えるつもりで挨拶していたが、実は与えられていたのは私自身だったのだ。

「やって初めて分かることもある。」

まさにその通りだと思う。












ファン
検索
<< 2018年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ