2018年10月19日

公開授業は面白い

私の学校では年に3回、研究授業として、各教科から代表一名が授業公開をする。また、それとは別に、新人の先生も、年に何回か公開授業をすることになっている。合わせて、授業アンケートで評価の高かった先生も、次の学期の始めに授業を公開する。だから、年間を通して、けっこういろいろな先生の授業を見ることができる。

教科が違っても、参考になることは多いし、たとえ新人先生の下手な授業でも、何かしらの学ぶべきところはある。

ちょうど今が、二学期の公開授業期間で、久しぶりに何人かの先生の授業を見せてもらった。

公開授業となると、沢山の先生が教室に来て授業を見ているので、明らかにいつも通りの授業ではななくなる。だから、授業が終わると、
「いつも、こんなに静かだといいのに…。」
なんて声が、生徒から聞こえてきたりする。
普段着の授業ではないのかも知れないが、積極的に授業公開することは、先生にも生徒にも、刺激になっていいのかも知れない。

授業公開が終わると、研究協議会と称し、その授業についての意見交換会が行われる。この場では、授業を見学した先生が、授業をした先生に、さまざまな意見を言う。

ちなみに私の学校では、マイナスのことだけを言うのは禁止されている。

人の授業の粗など、いくらでも探すことができるし、うまくいかない部分だってたくさんある。
だから、ほめるべき所を沢山探して、その上で、気になるところを指摘する、というシステムになっているのだ。

大切なことは、『お互いが授業を見学することで、学び合え、授業技術が向上し、生徒の満足度の高い授業ができるようになること』なのだ。

私は、若手の先生には、
「いつ授業を見に来てもいいよ。」
と、言っている。だから、結構授業中に先生が出入りしている。
よく他の先生が来るから、生徒もあまり気にしていない。

昔はよく、
「授業は最初から最後まで見るのが礼儀であって、途中で入ったり抜けたりするのは失礼である。授業の一部分を見て、あれこれ言うものではない。」
と言われたが、授業の全体の雰囲気は、短い時間でも感じ取ることはできるのだ。
確かに、授業は一時間で一つのドラマを作っているのだから、「切り取られて批判されては困る」、という人もいる。
しかし私は、「授業のどこを切り取っても、それなりのレベルを維持していなければいけない」、と思う。

授業に集中していない生徒が多いと、他の先生が教室に入ってきただけで、多くが入ってきた先生を気にして、後ろを振り返り、授業を中断させてしまうことになる。
だが、そういう授業ではなく、全員を集中させられる授業を目指すべきだと思う
この辺りが、教師の腕の見せ所だ。

「先生、緊張していましたね。」
なんて、生徒に言わせてはいけない。
たとえ先生自身が緊張していても、そんな素振りを見せてもいけないし、逆に生徒から、
「先生、他の先生が来ててもいつも通りなんですね。」
と思わせなければいけない。

私自身、「今日の授業はまずまずだな…。」などと思えるのは年に数回あるかどうか。

私が公開授業するときは、わざと失敗したように見せることもある。
しかし、それは予定された演出で、そのことで、生徒をさらに引きつけ、授業に集中させる狙いだ。
「この仕組み、気づいている人、いるかな…。」
などと、老獪な私はほくそ笑む。

私もまだまだ、目指すべき理想の授業にはほど遠い…。
引退するまで、精進を重ねていかねばなるまい。

生徒会継承式を終えて

今朝、生徒会継承式が行われた。
継承式とは、生徒会の役員が替わるときに、全役員から新役員への引き継ぎ式である。
私もいろいろな学校を経験してきたが、この「継承式」という呼び方は、今の学校で初めて知った。

全校生徒の前で、全生徒会の活動の様子が動画で流れる。
昨今の高校生は、実に凝った映像を作れる。まさにプロフェッショナル級だと思う。
以前より、動画制作は敷居が引くなったし、気楽にYouTubeなどに登校できる時代なので、もっとものなことだが、PCでの動画編集もずいぶん楽になった。PCのスペックも高くなり、編集ソフトもフリーソフトで対応できる。すごい時代になったものだ。

実は、旧役員は5人中4人が、私が中学時代に担任をした生徒だった。
中学時代からクラスや学年、生徒会でリーダーシップをとっていて、
「高校生になったらきっともっと活躍するだろうな」
と、中学の卒業式を終えたが、予想通り立派に成長してくれた。

前にも書いたが(最大の苦しみは『愛別離苦』)、彼らも高2の秋。別れが一歩一歩近づいてくる。

休み時間に彼らの何人かすれ違ったが、
「生徒会お疲れ様!」
と声を掛けると。
「寂しいです…。」
と、帰ってきた。

「いよいよカウントダウンだね。」
と言うと、
「そうなんですよ。高3の0学期だそうです。」

「頼むから、静かに消えるように、去ってくれ…」
この思いは変わらない。

密かに彼らの成長を喜び、たまに廊下ですれ違ったときに、最大限の笑顔を振りまく。

先日も、
「今日は寒いね…。」
と、声を掛けたら、
「先生、これ、着ますか?」
と、自分の着ているウインドブレーカーを私に差し出した。

こんな奴らである。

中学時代には、手がかかり、つきっきりで関わった彼らも、一人前の大人に近づいている…。

カメムシの季節がやってきた

涼しくなって、教室の窓にたくさんのカメムシがやってきた。
毎年、このシーズンになると、寒さ避けてカメムシが飛んでくるのだ。

私の学校は、窓に網戸があるので、網戸には多い教室で20匹ほどのカメムシが止まる。
それが、かすかな隙間から教室に突入し、暖かい教室で「ブーン」と飛ぼうものなから、それがたとえ授業中であろうと、生徒たちは大騒ぎになる。

昨今の生徒は、蝶が一匹教室に入っても、男子生徒すら
「きゃぁー」
と逃げ出す始末なので、蜂だのカメムシとなれば、それは大変なことになる。

そのカメムシ、どこから侵入するのか、窓を閉めていても、いつの間にか教室内にいる。
生徒たちは、彼らを退治しようと、悪戦苦闘するのだが、素手で触れるはずもなく、と言って、刺激を与えれば、強烈なカメムシ臭を放つわけで、その後は授業できぬほど、教室は臭い空間と化す。

この地域では、どの家でもこうした悩みを抱えているようで、ホームセンターには、「カメムシよけ」なる噴射剤が売っている。私も一度試してみたが、これを網戸にかけておけば、数日間、カメムシの数は半分以下にはなるが、だからといって、いなくなるわけでもない。ランニングコストに合わない、気休め程度の効果でしかなかった。

一番困るのが、洗濯物についていることだ。洗濯物を取り込んで、気がつけば排除できるが、分からないでそのまま畳んで、数日後に、気がつかずに着てしまうという事故も起こる。そのとき、彼らを刺激すれば、カメムシ臭の人間が登場することになる。
洗濯物を部屋干をしていたとしても、油断ならないのが、彼らの習性なので、畳むときは、表裏にその存在を注意深く確認し、おそるおそる作業をするしかない。

今日、休み時間に教室の前を通りかかると、生徒たちが、カメムシと格闘していた。
床を我が物顔で闊歩しているカメムシを、雑巾で取り除こうとしたり、箒で掃いて、飛ばしたりしている。そのうち、カメムシが臭いを発すれば、途端に教室中にカメムシ臭が充満する。

「おい、いじめるなよ。」
「いやぁ、だってカメムシが…。」

いじめれば彼らは臭いを放つ。しかし、生徒たちはカメムシの姿すら見たくないのだろう。
私だって、夜寝ているとき、「ぶーん」と顔に当たってきたら嫌だし、一晩のうちに部屋の電灯に四匹も五匹も飛んできたら、やっぱり退治したくなる。

それでも私は授業中、カメムシに困っているようなら、さっと手で取って外に放つ。
「やさしく救えば、臭くならないんだよ。いじめるから臭いを放つんだ…。」

そう言えば昔、教室に紛れ込んだ蜂も、そうやって手で取って逃がしたやったことがある。
こちらが怖がったり、蜂を怖がらせたら、当然刺される。
しかし、心穏やかに虫たちに接すれば、ちゃんと共存できる。

だけど、やっぱりカメムシは好きになれないなぁ…。

いずれ寒くなれば、カメムシは動けなくなる。その時には、彼らは部屋の隅やサッシの端で寒さに耐える。今度は、暖房をつけて部屋が暖かくなると、「ブーン」と飛ぶ。

まだまだカメムシと格闘する日々は続く…。
ファン
検索
<< 2018年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ