2018年10月18日

夏休みとは何ぞや

今日の会議で、『一学期の終業式を7月31日、二学期の始業式を8月21日にする』という案が出た。
一学期の終業式は、今でも7月25日。近隣の学校の終業式よりも5日ほど遅い。また、二学期の始業式も近隣は25日なので、こちらは4日ほど早い。これにより、夏休みがさらに10日ほど短くなるというものだ。この案でいくと、夏休みはちょうど20日間になる。

「こりゃぁ、生徒から反乱が起こりそうだな…。」
これが、私の第一印象。

「もっと勉強させて、成績を上げたい」のだと言う。

提案者は、
・期末考査が早すぎて、その後授業の集中を欠いてしまう。
・夏休みになかなか勉強しないので、もっと勉強する日を増やしたい。
・講習に出て欲しい人が参加しないので、全部授業にしてしまおう。
・早く二学期を始めれば、文化祭の準備期間が長くとれる。
などと、理由を述べていたが、どれも説得力に欠ける。

ただただ授業時間を増やすだけで、成績が上がるとは思えない。
先生と生徒の信頼関係のもと、お互いのモチベーションアップが相乗効果となって、目標に向かっての成果が出てくるものだ。

ただでも7月の20日を過ぎると、生徒たちは途端に落ち着きを失っていく。
中学生は総体が始まるし、近隣は20日から夏休みが始まるからだ。
大会のために、先生も生徒も学校からいなくなる。
授業の自習も増えるから、生徒が教室でやっているのは、少し早めに配られた夏休みの宿題。
「先生が授業しないのならば、わざわざ学校に残る必要性も感じない」と考える生徒も出る。
高校でも対外試合があり、担任はそれをかいくぐって、通知表などの書類を作る。

なんだか、ますます社会に隔離された学校になっていく気がしてならない。
私学だから、学則を変えれば、学期の期間は変えられるのだが…。

夏休みには、普段できない体験をたくさんして、学校では学べない経験をして欲しい。

これが私の願いである。もちろん、部活動に専念するのでもいい。キャンプに行ったり、海山に行ったり、高校生なら一人旅をすることもできる。

ただ実際は、部屋に閉じこもってゲーム三昧。

だが、生徒がのんびり過ごす日があってもいい。

幸い全館冷房完備だから、それなら夏休みは短くてもいいのかも知れない。
しかし私は、何だか失うものが大きいような予感がする。

「どうして夏休みが短くなるんですか?」
という生徒の質問にも、今のところ教員たちも誰も答えられない。

「校長が決めたから…。」
としか言えないのが現状。
しかし、それでは指導にならない。

おそらくこの案はそのまま実現されることはないだろうが、「夏休みとは何ぞや」を考えるきっかけにはなった。

駅伝の試走をサボる

昨日の駅伝の試走。暗くなるのが早いので、選手は帰りの会には出ないで駅伝の試走に出かけたのだが、中2の3人が行かなかった。
正確に言うと、いつまで経っても来ないので、バスが出発し、置いていかれたのだ。

一人はトイレに行っていたと言う。
残りの二人は、着替えが遅く、着替え終わった頃には、もう出発していた。

駅伝監督の先生もさすがに、
「もう、本番も来なくていい」
と言ったらしい。彼らのやる気を疑ったわけだ。
2人は、前回の市内駅伝にレギュラー選手として出場した生徒である。

「あいつら、何も言いに来ないんですよ。」
三人は、遅れたことに対して監督の先生に、報告にもお詫びにも行っていなかったらしい。
自分たちが、多くの人に迷惑を掛けてしまったことを認識できないのか、分かってても「シカト」しているのだろうか。

昨今は、叱られ方が分からない生徒が多い。
彼らは、時間が経てば、「なかったことになる」と思っているふしがある。
もしかしたら、日頃から教師の方が根負けして、「放っておいてしまった」ことへのツケかも知れない。

教員側の手抜きは、じわじわと生徒に影響していく。

駅伝の監督が、私に
「彼らをどうしたらいいですか?」
と尋ねてきたので、
「呼び出して、きっちり指導してください。」
とお願いした。そのままでは、彼らは許されたと思う。

チームプレーを教えられていない生徒なので、集団行動であっても、自分勝手な行動をする。
その行動が、他にどのくらい影響を与えるかは、まったく予想できない。
集団行動の訓練もほとんどなされていないし、教えられたこともない。
結局、周りを見ることのできない、自分のことしか考えられない人間になっている。
そして都合が悪いと、自分以外にその理由を求め、そちらの責任を追及しようとして、反省しない。
マイペースの裏には、自己中心的な考えが見え隠れする。

『個性』を伸ばすことは、『自分勝手』を助長することではない。

注意されても空返事、叱られるとふてくされる。
「だって、先生から言われたから…。」
と、母親に愚痴を言い、はたまたクレームとして保護者から連絡が来る。

学校現場として、確かに指導しにくい世の中になった。
ファン
検索
<< 2018年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ