2018年10月15日

「恥ずかしい」のは、その点数か

「試験の答案は、君たちの作品です。『この答案から、何を読み取るか』は、人それぞれだろうけれど、失敗には必ずその原因がある。必ず失敗を活かし、同じ失敗を繰り返さないこと。」

「第一に、答案は作品なのだから、自分の努力の成果であって、結果は甘んじて受け入れるという気持ちが大切である。第二に、試験結果から感じた反省を次に活かすこと。そして、自分の弱い怠け心と戦うこと。」

私は試験を返却するとき、毎回こんな話をする。

また、
「点数を隠すな。自分の作品なのだから、受け止めよ。恥ずかしいと思うなら、恥ずかしい点数を取るな。」
とも言う。

だから、点数の書かれた答案の端を三角に折り曲げることも許さない。
「隠すような点数を取るな…。」
という具合である。

多少強引だが、習熟度クラスの一番上ということもあり、結構シビアに指導している。

だが、恥ずかしいのは、本当は点数ではないのではないだろうか。
点数は結果である。その点数を取るには、その原因がある。
本当に恥ずかしいのは、その原因の部分ではないか、と思うのだ。

「授業中、聞いていいなかったのが、恥ずかしい。」
「課題を真剣に取り組まなかったのが、恥ずかしい。」
「分からない部分をそのままにして試験を受けたのが、恥ずかしい。」
「試験対策の準備をさぼったのが、恥ずかしい。」
「怠けて勉強しなかったことが、恥ずかしい。」
「良くない結果になると分かっていながら、試験当日を迎えてしまったことが、恥ずかしい。」

試験の点数は、その象徴であって、点数そのものよりも、その点数によって、自分自身の内面が覗かれてしまう、ということに恥ずかしさを感じるのだと思う。

だから、
「中間テストの結果が悪かったから、期末は頑張ろう。」
というスタイルでは、分析としても、この先の目標としても、甘いということになる。

『悪かった部分、できなかった部分、十分でなかった部分はこれとこれ。だから、その部分を直していくために、こんな風に生活スタイルや勉強方法を変えてみる。』

ということを、具体的に明示できてこそ、『同じ失敗を繰り返さない』ということであり、『教訓を活かす』ということであろう。

中高時代は、そうやって、自分なりの勉強スタイルを確立させていく時期だ。

テストの点数に一喜一憂させるのではなく、その本質の部分を見つめさせたい。
posted by 丹澤三郎 at 18:28 | Comment(0) | 教育活動

習熟度クラスの入れ替え

「先生、私どうすればいいですか。今日のうちに連立方程式を総復習して…。」
中間試験前、精神的に不安定なり、学校を休みがちなった中1のMさんが、涙ながらに尋ねる。

「クラスを変えて、もう一回修行してもらうことにするよ。」
Mさんが取った点数が片方は10点代、もう片方が一桁だったので、さすがにこのままのクラスに置いておくことはできない。厳しいようだが、次に頑張ってもらうしかない。

「そうなったら、私、学校が嫌になって、辞めちゃうかも知れません。」
彼女なりの最大限の交渉(脅し)が来た。

「期末考査でも、今回と同じように試験前に調子が悪くなってしまったら、大変なことになってしまう。それこそ赤点になって、進級が危うくなってしまうんだよ。だから、クラスを変えるんだ。また頑張って戻っておいで。」
私の学校では、内規上は、中学でも原級留置がある。

一回の成績不振でクラスを変えるということは、そう頻繁にあるわけではないが、いわゆる極端な成績が出た場合は、クラスを入れ替える。温情でクラスを変えないことで、さらにその生徒を苦しめることになるならば、その方が罪なことだ。

欠席が多く、授業もあまり出られなかったが、クラスが変われば、進度の関係で、もう一度同じ単元の授業を受けられる。その方が、理解も進むし、次の期末考査で高得点を取れば、また戻ってくることだってできる。

次は中2の話。
剣道部に行かなくなったもう一人のX君。彼も、合計30点取れなかった。
「クラスが変わっても大丈夫?」
ちょっと控えめに反応を見てみた。
「どっちでもいいです。」
と来た。
「それじゃ、変わろう。」
X君の場合、怠け癖が抜けずに、試験前にも勉強をサボった。
『原因・結果の法則』は、学業面ではきっちりと働く。

『勉強をしたら成績が上がり、サボれば、成績は下がる。』

その法則を、中高生のときに体験を通して身につけさせたい。
社会に出て仕事をしたら、やっただけの成果が出ないことはたくさんあるのだが、学生時代には、ちゃんとこの法則がはたらく。

勉強はやればやっただけの成果が出る。若干の時差がある場合もあるが、その差もどこかで必ず挽回できる。努力は必ず報われる。それが学校の勉強。

やる気になれば、人は変わっていける。
可能性は無限大だ。
たった一回の試験の結果で悩むな。
悩むなら、人のために悩め。

そう声援を送りつつ、
「頑張れよ!」
と、彼らを励ます。
ファン
検索
<< 2018年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ