2018年10月13日

駅伝の壮行会

今朝、来週末に迫った地区の駅伝大会の壮行会が行われた。
駅伝の壮行会は今年が初めてだ。

特設メンバーながらも、こつこつ走って実力をつけている。
夏休み前、そして夏休みの朝練と、練習を重ねている近隣の学校には遙かに及ばないが、うちはうちなりに、よく努力していると思う。

「駅伝の壮行会をやろうよ!」
と、私は以前から勧めていたのだが、なかなか実現できずに何年も経ってしまった。
それが今年、やっと実現した。

昨年は中3が不真面目だったので、当時の陸上部の先生が、駅伝メンバーから中3を外した。学校によっては中2と中1だけのメンバーもあるが、中高一貫で受験をほとんど意識しない私の学校では、中3が参加しないと、なんとなくしらけてしまう。だから壮行会がやりにくかったのだ。
「精鋭たちが、こつこつ努力して、練習して、選手として学校の代表として戦う」
というスタイルは貫きたい。

だが、今年は違った。中3から中1までが、壇上に上がり紹介され、代表選手が挨拶した。
なかなか立派であった。

中学校だけの壮行会なので、高校生は参加していないが、外された去年の中3、つまり今年の高1がこの様子を見たら、何を思っただろう。

と同時に、「参加したくない」とだだをこね、メンバーから外れていった情けない現中2の連中は、この壮行会をどう見ていたのだろうか。来年は君たちがメインだぞ。

小規模の学校では、全校生徒が選手として参加する。
「学校単位で競うのは、止めて欲しい…。」
というそうした学校の教員の声も聞こえてくる一方で、各校の校長は張り切っている。
「今年も県大会は逃さないぞ。」
とばかり、校長同士が競い合う。
この地区、トップクラスの学校は、全国まで行く。
そういうハイレベルなので、盛り上がりがすごい…。

来週の駅伝。今年も選手だけの参加だ。
校長も応援に行かなそうだし、全校応援には、まだまだほど遠い。

そうだ、全校生徒で駅伝練習すれば、全員で応援に行けるかな。
そうするとまた、「うちの子に無理矢理やらせて…。」と、クレームかな。

「落ちますか?」、「上がれますか?」

中間考査が終わった。

私の学校では、数学は習熟度別クラス授業が行われ、進んだクラスからα、β、γと決めている。私が担当しているのはαクラスだ。

休み時間になって、「あ〜、落ちた…。」と叫ぶαクラスの生徒。βやγクラスの生徒から見れば、あまりいい気持ちはしないだろう。だから、「試験後、そういう言葉は出さないように。!と、授業中、さんざん注意しておいたのだが、残念ながら今年の中1には効かなかった。

最近でこそ、いろいろな学校で習熟度クラスが行われている。しかし、以前は一部の私立学校でしか行われていなかった。『差別的』というのが、大きな理由だろう。当時私は、「その生徒の学習度合いに沿った授業を行って、分かる授業が展開できるのに、どうしてそれが差別なのだろう。」と思ったものだ。「一律一斉授業こそ平等なのだ。」と、皆が信じていた時代があったということだ。分からない授業を黙って座ってることは拷問でしかないので、生徒の実力差が大きい場合は、習熟度クラスに分けて授業をすべきだと思う。

一方、βやγクラスの生徒は、
「先生、俺、上がれますか。」
と、来る。私は彼らの採点をしていないので、何点取ったか分からないので、
「まぁ、代数も幾何も90点以上だったら、クラスが変わる可能性が高いと思うよ。」
などとはぐらかす。

クラスが上がるということは、「まだ習っていない部分が、すでに授業では終わっている」ということが起こる。実際今年の中1では、αクラスは連立方程式が終わっているが、βクラスはこれから学習するし、中2に至っては、αクラスは二次関数と三平方の定理が試験範囲だったが、βクラスは因数分解と平方根の計算、相似分野だった。となると、クラスが上がると、勉強していない分野があり、これをどこかで授業以外で補講してしなければならない。

ちなみに、私の学校では習熟度別で試験問題も違う。以前は50%の共通問題があったが、今はそれもない。完全に独自の問題である。αクラスは高校で一年の前倒しを目指しているので、学年内容だけ学習しているγクラスとは、それこそ世界が違う。なお成績は、多少の妥協もあるが、保護者から求められても、納得してもらえる方法で、うまくつけている。

「γクラスに落ちちゃうかも〜。」
などと、αクラスの生徒が叫んだ。

勉強が進んでいる者の何気ない言葉が、他の人を傷つけてしまうことがある。だから、たとえ本心であっても、言葉を慎まなければいけないことがあるということだ。「何だ、こんな問題も解けないのかよ。」という類いと同じである。だから、αクラスで学習してるならば、そうした他の人への配慮あってこそのαクラスであって、当然その義務が生じる。

中学生に求めるのは難しいのかも知れないが、私は妥協せず、ずっと言い続けている。
「αクラスにいるということは、相応の責任が伴うんだよ。」
と…。
ファン
検索
<< 2018年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ