2018年10月07日

高校野球部で頑張っているA君

「俺もできる限りのことをするから、お前も中途半端なことはするなよ…。」
父親が息子にそう言って応援する。

中学を卒業して、地元の進学校の野球部に入ったA君は、毎朝、毎晩、父親の送り迎えで学校に通っている。

朝は、少し早めの出勤途中に、息子を降ろし、夜はバスがなくなるので21時半に駅に迎えに行くと言う。

高校野球部の練習は21時まで、そのあとA君は駅に行き、父親の迎えで家に戻る。

「明後日から中間試験だけど、大会続きで勉強できる状態じゃないです。もう、勉強は諦めているので、何とか進級してくれたらいい。元気で好きな野球を続けてくれたらいい。」

親としては、子どもが好きなことを精一杯やれるよう、最大限応援してあげようという訳だ。

弟君も中学校で野球部員。
だから、父親は、高校野球の応援に行ったり、中学野球の応援に行ったり、時間と場所が合えば、一日に両方とも出掛けたりと、休日のすべてを息子たちの応援につぎ込んでいる。

息子たちが、大好きな野球を、楽しく生き生きとプレーする姿を見ることが、A君の父親にとって、現在の最大の幸福なのだろう。

だから、部活動で面倒を見てくれている学校の先生にも、誠心誠意、感謝の気持ちで応対している。
とても協力的で、有り難い保護者だ。

こんな保護者が部活動に協力してくれるなら、「何としても頑張らねば」と思うだろう。

近隣の学校の野球部には、こんな保護者がたくさんいる。
夕食は、野球談義をしながら、親子の会話も弾むに違いない。
全力で応援している父親には、甘えて生意気なことを言ったとしても、心の奥では感謝しかないだろう。

部活動は、別にプロを養成しているわけではない。

活動を通して、子供たちがいろいろな経験をし、学び、成長していくことを期待しての教育活動だ。
授業や学校生活で子供たちと関わることも、もちろん大切。でも現状では、部活動もその一つ。

私も、「部活と称して、生徒とボール遊びをしている」と思われないためにも、その他の仕事でも、他に秀でるような成果を上げられるよう努力しているのだが、大会で成果を上げない限りは、なかなか認められることはない。

圧倒的多数の部活動は、大会で成果を上げられないのだ。トーナメントでは、一回試合するたびに、チーム数が半減する。

「お疲れ様。」より、何かあったときに呼び出され、上司に注意されることの方が多いから、時々は「疲れたな。」と思うこともあるし、「やってられない。」と思うことだってある。

それでも、生徒に寄り添おうとする先生たちを、私は応援したい。
そして私もその一人でありたいと思う。

先日、A君が、中学の試合の朝、顔を出してくれた。
お世話になった先生たちに、改めてお礼を言いに来たのだ。

「中学でプレーしていた時と比べると、見違えるように立派になりましたね。」
かつて試合中の言動を厳重に注意した、審判をしていた別の学校の監督が絶賛した。

今のところ、A君は順調に成長している…。

怖い先生ほど愛が深い?

今日の練習試合の相手校は、県庁所在地の学校。往復150kmほどの遠征になった。

相手校の先生に、
「あの先生、怖いですよ…」
と忠告されて、ご挨拶をする。

若手の先生が聞く。
「どんな風に怖いんですか?」
「もちろん生徒にも厳しいですけど、我々も、二回ヘマしたら見捨てられますね…。」

確かに試合中の声は厳しかった。
「昭和の香りがする…。」
と、試合中同僚の先生も一言。そして、
「こういう世界があるということを、保護者にも見せたいんですよね…。」
とも。

昨今の部活動は、
『ほめて、おだてて、励まして、やる気にさせて、またほめる。』
というスタイルになってきた。

昭和の時代の、先生が怒鳴り散らして、
「何考えてるんだ!ふざけるな。」
的な指導は、少なくなった。
あの頃は、
「先生、もっと言ってやって下さい。うちの子、甘いですから…。」
などと、保護者からの援護射撃もあり、多くの先生方も『この指導で間違いない。』と、感じていたのだろう。

ところが昨今は変わった。
生徒が、先生の前後関係を切り取った一言を取り出し、それによって保護者を憤慨させ、クレームとして校長だの教育委員会だのに届く。

「子どもは、自分の都合のいいことをしか話しませんし、都合のいいように親に言います。」
と、いう年初のアドバイスなど忘れ去り、
「うちの子は悪くない。」
「うちの子を全面的に信頼していますから。」
となるわけだ。

今日の試合を見て、保護者は何を思っただろう。
「今の時代、こんな乱暴な言葉遣いの先生がいるんだ…。」
と感じたか、はたまた、
「それと比べたら、まだまだうちの顧問は優しいか…。」
と感じたか。
「この学校に行かせなくて良かった。」
と感じたか、
「もう二度と試合をしたくない。」
と感じたか。

しかし、相手校の選手たちは、誰も萎縮しているようには見えなかった。それどころか、生き生きとしてプレーしているように見えた

結局今日は、相手校と接戦で負けた。

会場となった中学校の体育館では、近県の強豪校がやってきて、バレーボールの試合。
そちらでも怒声が飛び交う…。

教育活動の一環としての部活動だから、私は、それぞれの先生なりの方法で、工夫してやってよいと思う。

『どんなに怒鳴っても、本心では生徒を愛している。愛しているからこその、厳しい指導でもある。』
私はそう思うのだが、生徒や保護者との信頼関係が崩れると、坂道を転げ落ちるかのように、クレームの嵐となる。そういうリスクもある。

しかし、生徒をどうでもいいと思ったら、厳しい言葉でないのだ。放っておかれるだけである。
クレームの後、先生が生徒に、腫れ物に触るように接して、卒業するまだじっと我慢して時を待っているという姿も情けない。

先日、職員室の隣席の教員に、
「先生は、いろいろ生徒の不満を言いますけど、先生の撮った写真には、愛がありますよね。本当は、『生徒が好きで好きでしょうがない』、っていう思いが、伝わってきますね。」
と言われた。

そんなに、生徒の不満を言っているのかとも思ったが、私にとっての最大の賛辞のようにも聞こえた。

生徒を愛していない教員などいるはずはない。
表向きの姿だけを取り上げ、あげつらう風潮は、嫉妬社会の典型だと思うのだが…。
ファン
検索
<< 2018年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ