広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2020年05月15日

学校教育を再開させよ

緊急事態宣言が解除されたが、県内の学校再開は6月からとのこと。
一体いつまで、学校を閉校にし続けるのだろうか。

この機に9月入学に移行すべき、などという意見もあるが、要は休校にしたことによる責任回避である。

休校により教育を過程に丸投げし、子供たちの教育を受ける機会を奪ってしまった。

もちろん、他の業種も企業活動を停止させ、国家を混乱に陥らせた。
全国的な緊急事態宣言など、果たして本当に必要だったのだろうか。

コロナウイルスの収束には、おそらくは何年もかかる。
それまで活動を停止すれば、「人類は原始生活に戻る」ことを意味する。

学校が始まったとしても、心配は保護者は登校させないかも知れない。
そうした判断もよかろう。
学校としては、出席扱いにするなどして、個別対応すればいい。
いろいろ考えるべき課題も多いが、ゼロリスクで生活するのは、もはや不可能なのだ。

今、学校を再開しても、たとえそれが一ヶ月後、三ヶ月後、一年後であったとしても、おそらくは状況は余り変わらない。

感染は、油断や隙のあるところには起こるだろうし、知らないうちに感染し、無症状のうちに抗体ができている人も増えていくだろう。

国民に対して、感染症予防の一定の知識を身をもって体験させたことは間違いないが、その功罪はマイナス面の方が遙かに大きいはずだ。

人類は、感染のリスクと戦いながら、この先生活を続けることになる。
生活スタイルは、少しずつ変わっていくのだろう。

マスコミは、これ以上人々に恐怖を煽らないで欲しい。

私の学校では、運動会に向けて、生徒たちが全力で練習している。
教室で学び、そして外で身体を動かす。
その中で数多くの学びを得る。

これが本来の教育活動だ。

「生徒のことを考えると…」
という大人たちの決まり文句は、私は責任回避にしか聞こえない。

中国の責任はあるが、ここまでくると、感染云々は誰のせいでもない。

自然の摂理であり、科学万能主義になって傲慢になった人類への警告である。
医学もなすすべがなく、助かる人は助かり、助からない人もいる。

何がそれを分けているのかを、考えなければいけなくなってくるだろう。

今日も生徒たちの元気な声が響く…。

それが、全国津々浦々に広がっていくことを望む。

2020年01月03日

お年玉

お年玉を貰わなくなり、また、あげなくなって何十年も経つ。
もともとは『餅』を配り、それをお雑煮として食べた、という習慣だったらしいが、いまや中学生であっても万単位のお年玉をもらうらしい。

ただ、親戚一同が集まる機会が少なくなれば、お年玉をいただける方の人数が減ってしまうわけで、たとえ中学生のお年玉の平均金額が5000円だったとしても、総額はかなりのものになるのだろう。

一方でそれを自分自身で管理して、自由に使える、という子供も少ないのが現状だ。
大抵は親に預け、よくて教育費、時には生活費として消えていく。

だが、欧米諸国のように、
「このお金は、君の自由に使って良い。ただし、すぐに欲しいものを買う、というのではなく、お出に増やしてから、その増えた分で欲しいものを買いなさい。」
などという教育どうだろう。

実際、学校教育では、明治の義務教育が始まって以来、「お金の教育」はなされていないので、親も含めて、「どのようにしたら増やせるのか」、ということが分からないだろうと思う。」

『消費・浪費・投資』、を的確に説明できる日本人は、残念ながら少ないようだ。
ましてや、生徒に説明できる教員もほとんどいないのが現状かも知れない。

一説によると、義務教育開始時の国策である『富国強兵』のためには、従順な労働者が必要とされ、経営者的視点や、独自の発想は排除されたのだ、と言う。

現在の教育内容に、消費者教育はあっても、投資者教育がないのも頷ける。

『改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学』(ロバート キヨサキ著)を読んでも、いかに日本のお金に対するマインドや教育が欧米の常識とかけ離れているかが分かる。

倹約を美徳とし、ただただ貯蓄をしている中では、なかなか経済は発展してゆかないという。
日本では、今や銀行は単なる金庫となり、これ以上倹約できないくらい、税が重くなってしまった、

そんな中で、お年玉が単なる『浪費』にならないように、世の大人たちは、子供たちに『投資』についても教えるべきだろう。

私も、自信を持って教えられるよう、鋭意奮闘中でもある。








2019年12月30日

正月飾り

「あらめずらしい門松…。」
母が私の住む田舎に来たとき、ある店の前に置いてあった門松を見てそう言った。

以前はマーケットにせよ、すこし大きめの店舗には必ず門松が置いてあったが、昨今はそうしたことは行われないらしい。
長く続く不景気による経費削減なのか、日本人として信仰心が薄れたのか、はたまた伝統文化の衰退
か…。

確かに昨今、正月飾りがすくなくなった。
以前、アパートやマンションに一人で暮らしているときですら、私自身、正月飾りを玄関につけた記憶がある。それより前は、自家用車にも正月飾りをつけていたこともある。

ところが、このところ、飾りをする家の方が少ないように思える。
ここ田舎でもそうなのだから、都市部ではなおさらだろう。

「一夜飾りはだめよ。」
と、執拗に母に言われたことを思い出す。

今日、回覧板で『どんど焼き』の案内が来たが、正月飾りのない家は、『どんと焼き』の時に、何をお炊き上げするのだろうか。

政治の失策により、経済成長が二十五年以上止まっていることを考えれば、経費削減もやむを得まい。

一方で、日本人として信仰心が薄くなっているのは、核家族化と教育によるものが大きいだろう。
令和の時代になり、あらたに天皇陛下即位した。

一連の儀式は、日本神道の伝統的な儀式であり、すべては『日本の神々に感謝を捧げ、国民の平安と繁栄を願う』ものである。

儀式だけが取り上げられ、世界中にアピールされたが、果たしてその心は伝えられたのだろうか。

伝統文化の衰退も急速に進んでいる。
時代とともに変わりゆくものもあるが、変わってはいけないもの、守るべきものもあるのだ。

伝統を子どもたちに教えるのは、家庭や地域の役割だったが、今や、学校でも関わりを持たないと、ますます廃れてしまうに違いない。

人知を超えた存在である神さまによって生かされているのが人間なのだ。

堂々とそう教育できる日は、いつになったらやってくるのだろうか…。








2019年12月19日

地球温暖化は真実か

スウェーデンの環境活動家のグレタさんのスピーチがセンセーショナルに大々的に報道されて以来、またしても、地球温暖化を危惧する意見が増え、先日のCOP25(気候変動枠組み条約第25回締約国会議)でも、議論が交わされた。

だが、グレタさんを象徴する地球温暖化は、本当の真実なのかどうかは、資料を調べれば調べるほど疑問を呈さざるを得ない。

温暖化対策は、実は環境問題なのではなく、政治運動なのだと豪語する人もいる。
つまり、温暖化対策は、環境保護ではなく、世界の富を再配分するための施策であり、先進国から途上国への富の環流であると言うのだ。

このままで2050年までに地球の平均気温は2℃上昇するとか、台風が増え巨大化して、ますます自然災害が増えるなどと、ほとんど根拠のない説をあたかも真実かのように垂れ流している。

実際、一万年のスパンで気温を調べると、地球は現在「寒冷化」に向かっている。
このデーターは、南極の氷を調べた二酸化炭素濃度との相関関係がない。

日本は2030年まで、100兆円を温暖化対策に投じる見込みだが、それによって制御できる気温は0.001℃であるという。これは、温暖化対策に全く効果がないことを意味している。

富の再分配は共産主義的な考え方であり、これを国連主導で行うとするならば、国連そのものが共産主義化していることにもなり、トランプ大統領がパリ協定から離脱したのも頷ける。

GDP第2位の中国は、発展途上国扱いなので、削減義務というより、先進国の援助を受ける側、その一方で一帯一路で、火力発電を輸出しまくっている様は、矛盾そのものだ。

先日ラジオを聞いていたら、視聴者からの声として、
「地球がここまで危ない状態とは知りませんでした。私もできる環境対策をしたいと思います。」
と流れていた。

間違った情報をマスコミが流し続け、あたかも二酸化炭素が悪のような風潮を誘導しているようにしか見えない。

データーが語ると言うが、そのデーターが地球温暖化に都合の良い、最近のデーターだけをピック委アップしているという真実を知らなくてはならないだろう。

今や、単に報道に流されてはいけない時代なのだ。

二酸化炭素は食物を繁茂させ、生育を促進し、作物の収穫を増やす。

「先生、地球温暖化は二酸化炭素が原因でしょ。」
という生徒からの問いかけに、
「それは違うよ。」
と、堂々と答えられる日は、じきにやってくるのだろう。








2019年12月02日

200倍

「持っている財布の値段の200倍が、その人の年収になる」ということを聞いた。

数千円の財布しか持っていない私の場合、この理論は当てはまらないのだが、この話はとても意味深い。

例えば、2万円の財布を持っている人は、年収400万円。10万円の財布を持っている人は、年収2000万円ということになる。

調査により、統計的にこのようになっていたいうわけだが、この結果にはもう一つの側面がある。
それは財布の持ち主の意識の問題だ。

たとえば、「今、5万の財布を持っているのだから、その計算上の年収である1000万に近づけられるよう、努力し、行動していこう」、という具合に、目標とする収入に近づいていくべき、なんらかのアクションを起こすことを意識づけできるということだ。

と同時に、「財布の200倍が現在の年収よりも大きい人は、これからもっと稼ぎ、財布の200倍が現在の年収よりも小さい人は、これから落ちていく」、という傾向があるというのだ。

大切なのはマインドらしい。
財布にふさわしいお金が.入ってくることを確信している人には、そうした状況がやってくるというのだ。確かにお金の入り方にはそうした傾向がある。

当然、「お金=悪」、という図式を感じている人にはお金は巡っては来ないだろうし、「お金持ち=悪いことをしている人」という図式が染みついている人にも、お金がやってくることはないと思われる。

「お金を使って、世の中を幸福し、多くの人に生きがいと喜びを与えることが、生きがいである」、と考え、努力を重ねて仕事をするのが良いということだ。。

だが、こうした考え方は、なかなか学校では教えてもらえない。
日本の教育システムそのものが、『お金に関する教育』が排除されているのだ。
意図的かどうか分からないが、諸外国のように、『投資』や、『お金の使い方、ため方』についての知識を教えることはない。

私の知る限り、高校の数学で、指数関数のところに、「複利計算」が紹介されているのみである。

たまに、詳しい先生が、雑談程度に話すことはあっても、教科書で学習することはないし、体系的に学ぶこともない。
だから、今の日本人は積極的にお金に関する知識を学ばない限り、その知識はきわめて薄いということにもなる。

大げさに言うならば、これでは日本の発展繁栄は望めない。

おそらくは、根本に社会主義的、共産主義的思想が染みついているからであろう。

「金持ちからお金を取って、お金のない人に再配分する」、という思想は、資本主義的な考えではない。
騎士道精神的な援助は大事だが、それが常態化してはいけないのだ。

「億り人になりたいんです。」
という生徒の声に応えられる教員は、きわめて少ない。

2019年07月09日

真の教育

今朝のSNSに、「小学校のトイレで、男子も全部個室にして欲しい」、というものがあった。

個室に入ると言うことは、ウンチをするわけで、それが他の人に知られることで、精神的な抵抗を感じる、というものだ。
もしかしたら、その背後には、「冷やかされる」、という構図もあるのかも知れない。

私は「万事、生徒や児童の思いを満たすような施策をしてはらない」、と思う。
よかれと、思って手を差し伸べたことで、結果的にその人をダメにすることは多い。
「地獄への道は善意で舗装されてる」、という言葉もある。
一般的には、もっとたくましく育って欲しい。

トイレに関しても、別のアプローチがある。
人間に限らずすべての動物は、その排泄行動に安全性を求める。
それを脅かすような、社会性は、指導者が断固として排除しなくてはいけないのだ。
例えば、「冷やかす」ような雰囲気を野放しにしてしまうのは、教師としての失策であろう。
どうしても、小便ができない生徒は、個室を使えばいいが、そのように育ててしまったという教育面でのマイナスもあるはずだ。

物理的な環境を変えるよりまず先に、精神的な部分、集団での社会的な部分への対処を考えるべきだろう。

当然、個別対応しなければならない子供もいるはずだが、すべてが個別対応ならば、学校で集団生活する意味はなくなってしまうのではないだろうか。

時代の流れとともに、子供の数が減少し、より手をかけて育てるようになった。
そのためか、子供の要求をすべて大人が満たすような風潮も出てきた。

愛する子供に背を向けられるのが、何よりも辛く苦しいと感じる親が多いのだろう。

それ故、学校にもそうした対応を求め、「うちに子には…」、と始まる。

我が儘な子供が増え、学校での指導が成り立たない場面も増えている。
だが、もっと大局的な観点から教育を考える時期が来ているのではないだろうか。

一人一台のタブレットなんて、噴飯ものだ。
モノでは代えられない、『心』を教えてこそ、『教育』と言える。

今朝、ちょうど通学時間に自動車を運転していたら、前の車が通学中の小学生を横断歩道前で徐行し、道路を横切らせた。
すると、その小学生三人組は、全員立ち止まり、車に向かって深々と頭を下げたのだ。
朝から良いものを見た。
そういうことが、自然とできるようにするのが、真の教育だと思う。














2019年03月31日

お金の教育

校内のフキノトウが咲き、ここ北関東の田舎にも春の息吹が感じられる季節になった。
ソメイヨシノの方は、つぼみが少し色づいてきており、この調子でいくと、7日の入学式には、ちらほら咲き始めるだろう。

昨日の雨が上がり、午前中のうちに晴天になった。
晴れてきたので、私の車のバッテリーを充電。
シガーソケットにも電圧計をつけてみる。
確かに少し弱っているかな、とAC電源から充電器でバッテリーを充電。
3時間ほど放置しておいた。

「グランドが静かだな、高校野球部がいないなぁ」、と思ったら、この春最初の練習試合であったことを思い出した。

夕方、「寒かったなぁ…」、という入学式前から練習している新高1の野球部員の声を聞いた。
気温は高めとは言え、まだまだ北風が冷たいのだ。

元気の良い野球部は、学校の顔だ。
生徒の声の聞こえない学校は、寂しさを通り越したものを感じる。

この地域でも学校の統廃合が続いている。
校舎だけが取り残された学校跡地は、あまりに悲壮感が漂う。
近くには、その学校の卒業生が在住しているわけで、彼らの思いは、悲しみと失望しかないだろう。
子どもの声が聞こえなくなったグランドは、産業廃棄物に近いのかも知れない。

アイデアを考えれば、いろいろな活用法もあろうし、地元利用のみならず、外から人を集める方法もあるだろう。そのあたりを役人たちに任せると、たいてい上手くいかない…。

昨今は様々な集客方法や集金方法があるので、本気で考えれば、いくらでも方策は出てくるに違いない。

『金持ち父さん貧乏父さん』(ロバート・キヨサキ著)によると、『学校で「お金』に対しての教育を行わずいることが、高等教育を受けた役人の知識不足になり、それが国家が財政難になっている理由の一つである』、という。

確かに、教員たちは、やや「お金に対する罪悪感」があるのかも知れない。
少なくとも若い頃の私はそうだった。

金持ちからお金を取り上げ、弱者にばらまくという方法は、社会主義だ。
日本は、世界で唯一、社会主義に成功した国だ、という意見を以前聞いたこともある。

確かに中央官庁が国民をコントロールするためとしか思えない、「ばらまき行政」があまりに多すぎるし、過度の許認可制度も社会主義的だ。

夕方偶然、新高3の教え子に出会った。
「文系に変えたんだって?」
と、尋ねると、「そうだ」、という。

「理系は、『耐え難きを耐え、忍び難きを忍び』だったか?」
と、吹っかけてみたら、新しい進路が見つかったという。

彼も社会主義からの脱却へ力を注いでくれるようだ。
今しばらく時間がかかりそうだが、これは面白い。

明日は新元号が発表になるという。
入社式での話題には事欠かないだろうが、
「大人たちよ。心ある若者をなめたらいかんぞ。」
と、警告しておきたい。












2019年02月26日

大切な教育

3月1日の高校卒業式前の登校日のため、高3生が登校している。

入試のため、しばらくは実質のお休み状態だったが、久しぶりに彼らの顔を見ると、以前よりさらに大人びて見える。

こんな風に若者として成長していくのだろう。
18歳から成人になるならば、誕生日を迎えた彼らは大人。
これほどまで長く庇護され続けているのだから、その分学びも大きいのだが、いずれは自分の価値観を作らなくてはいけない。

その中でも一番大切なのが、宗教的素養だろう。
宗教学校以外では、学校現場で教えられることはないので、もっぱら家庭に任せられるのだが、私は、人間にとって最も大切な素養が、この宗教性であると思う。

ある調査によると、日本人が神仏を信じる割合は、隣の唯物論社会主義国家である中国と同じなのだそうだ。これは、教育による影響であると思われる。
子供たちが多くの時間を過ごす学校現場で、宗教的素養を教えないという文科省を中心とする国としての態度が、こうした現状を生んでいる。

ところが、日本人は初詣にも出掛けるし、墓参りにも行く。年に何度もある宗教的行事には、何の違和感なく参加している。

これは、単に風習として見ている以上の、日本人が本来持っている宗教観に根ざすものであろう。

宗教は善悪を決める。
だから、善悪を判断することを拒否している道徳以上に、一人ひとりの価値観を左右する。

政教分離は、「保護する宗教を持つ国が、他の宗教を信じている者を迫害してしてはいけない」、という思想の下につくられたものだ。政治や教育から宗教性をすべて排除しようというものではない。

人間が最も美しいのは、『祈りの姿』であるという。
人間の力を越えた、超越的な存在を神と呼ぶならば、自らの非力をしり、傲慢さを顧み、さらには、自己もしくは他の人の幸福のために祈る、というその姿こそ、人間が地球上で万物の霊長であることを許される唯一の条件なのかも知れない。

「この世だけがすべてではない。」
という思想も、刹那的な快楽を求めるだけの人生を抑止する。

社会生活をする上で、「他の人を信じられない人間」と考えるよりも、「他の人を信じられる人間」と思えた方がいい。

そうした考えが、互いに助け合って生きるもとになるだろう。

子どもの頃から、宗教的な生き方を続け、退転しなければ、かなりの確率で、社会に貢献できる大人になるのではないだろうか。

卒業していく高3たちが、そうした素養を身につけて、旅立ってくれることを祈りたい。








2019年02月05日

関係者入試

私が最初に務めた私立学校での話。
初めて入学試験の審議の会議に参加したとき、成績順の審議資料が配られた直後、教頭から「関係者」が発表された。
「関係者」とは、成績にかかわらず、必ず合格させようという受験生のことであった。

定員があるので、併願者を考慮して合否ラインが設定されているが、その合否のラインの下に位置している「関係者」が次々と読み上げられた。

「関係者」は、多額の寄付をしている保護者の子弟。
地元有力者からの紹介。
卒業生地元有力企業の子弟。
職員の近親者。

などなど、いろいろなパターンが考えられるが、彼らを自動的に合格させる、というものであった。
新人の私は、「そういう世界があるのか…」、と新たな世界に驚いていたが、長らく務めている重鎮たちや、組合員は黙っていない。

「この関係者とは、それぞれどういう人物なのか」、「これでは、入学試験を行う意味がないではないか」、「これほど成績不振の生徒を入学させたら、学校が崩壊する」、など喧喧諤諤となり、会議が一時中断する有様。

教頭は、校長(=理事長)から、「そうしてくれ」、と伝達されているだけなので、教頭を責めても埒があかないのだが、「今年はこれで頼みます」、の一言で収拾をつけた。

翌年、校長が代替わりをして、職員会議や入試の審議に顔を出すようになった。
その時彼は、驚くべきことを口にする。

「今年からボーダーラインより下の成績の『関係者』は合格させません。」
そう、宣言したのだ。

若い校長で、何かしらの改革をしようとしたのかも知れないが、私は、百年あまり続いていた、地元とのつながりが、一部壊れていく思いがした。

その後、その校長は、同族経営の批判と、公費私費流用を組合側からでっち上げられ、裁判沙汰になり、学校を去っていくことになる。

伝統校の入試は、その裏側は複雑だ。
その善し悪しは私には分からないが、こうした「つながり」が、社会を構築しているのだと思う。

欧米では、推薦書の威力が大きいと聞く。
「この人の推薦ならば…」、と信用され、当然合格につながる…。

成績よりも人物重視なのだろう。

明治以降、学問をもって、平等になった日本だが、もしかしたら、大切な何かを取りこぼしているのかも知れない。それを補うかのように、いろいろな世界での裏側があるのだと感じる…。








2019年02月04日

歴史教育の大切さ

歴史上には様々な偉人がいる。
左翼教育はではこうした偉人の存在は認めたがらない。人間は、皆平等であり、差があっては困るかららしい。たゆまぬ努力の成果や、磨き上げた徳、などというものは認めたくないわけだ。
だから、「坂本龍馬や吉田松陰が歴史の教科書から消えるかも」、などという報道が現れる。

実際は某団体が提言したのだそうだが、それとは別に、真実かどうかすら極めて怪しい、「従軍慰安婦」、「南京大虐殺」は、残すべきだという主張である。

滅茶苦茶だが、彼らはきっと大真面目なのだろう。
私は、「北朝鮮は夢の国」、という嘘の幻想を信じていた時代に似ているようにも見える。

歴史的偉業を成し遂げた云々ではない。
坂本龍馬や吉田松陰は、その生き方に学ぶべき姿がある。

一番注目すべきは、彼らが私心で生きていたか、ということである。
彼らの生き方を見る限り、公のために生きていたとしか思えないのだ。

現代の考えからみれば、「突拍子もない生き方であり、狂っているとしか思えない」、という人も多いだろう。

しかし、そうした普通でない生き方が、人々に感化を与えている点を見逃してはいけない。

「大局を見極め、小事を捨てた」、彼らの生き方は、決して万人に真似ができるものではないだろう。
しかし、彼らの命は、たとえ若くして散ったとしても、その思い、精神、考え方は、確実に同じく志を持つ者に伝わり、大きなうねりとなって、歴史を変えていったのだ。

「直接的に歴史を変えたわけではないから、偉人ではないし、教科書に載せるべき人物ではない」、という主張には賛同できないし、別の人物であっても、実は名前だけのお飾り、歴史に名を残していない人物が、周到に活躍した結果、その偉業が与えられた場合だってある。

正しい歴史を学ばない国民は滅びに到るという。
歴史上現れる、先人たちの中で偉人と称される人物は、その生き様に『自己犠牲の精神』がある。

こうした考え方が、学びに値するものであり、人類の精神的進歩を生むものと考える。

学齢期の子供たちに伝えるべき日本の遺産であり、その精神性であろう。

戦後、日本が復興し、立ち上がったまではいいが、その後、長く低迷期を迎えている。
この原因も、ゆがんだ歴史教育なのかも知れない。

誇りなき国民は、他国の侵略を受け、滅びていく。
そろそろ日本の誇りを取り戻すべき時が来たのではないだろうか。

日本を中国や北朝鮮のように、国民が逃げ出したくなる国にしてはいけない…。








マウスコンピューター

ファン
検索
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。