2021年09月23日

リーダーの佇まい

天皇陛下が、稲刈りをされたというニュースが流れた。
毎年、自ら田植えを行い皇居内で育てている稲である。

この稲を11月23日の新嘗祭にて、神前に捧げるのだと言う。
新嘗祭は、今年収穫された新穀を供え、豊穣を感謝する。

古来より米が取れていれば、日本人は食うに困らないわけで、その意味でも、豊穣を感謝することは、日本国民が健やかに生活できることを祈る場でもある。

天皇は、ずっとこうした儀式を通して、国民の安寧を祈ってきた存在である。
戦後、人間宣言し、皇室がやや俗っぽくなりつつあるが、まだまだ伝統の力は大きい。

人々の知らないところで、純粋な心で、祈りを捧げる様は、単なる「象徴」を遥かに超えた、徳あるリーダーとしての佇まいを感じる。

天皇陛下は、新嘗祭において、初めて新米を食されるのだという。

我々俗の者は、「稲刈りが終わったから、そろそろ新米が食べられるな」、などと思っていたが、陛下はこの先も当分は新米をお召し上がりならないわけだ。

10月16日に、伊勢神宮で神嘗祭が行われる
その際、新穀が天照大神をはじめとする神々に奉納されるのだという。

もちろん、五穀豊穣の感謝と日本国の安泰と祈る場である。

おそらく伊勢神宮が開かれてから、欠かすことなく行われていた祈りの場であろう。

そして、宮中でも、天皇陛下が祈りを捧げ続けてきたのだ。
単なる伝統行事では済まされない、権威と重みがある。

何が起ころうと、祈りは続けられ、その祈りのためには、自らの行動を心を律し、禊ぎをしてのち、そのような神事を続けられているもだろう。

宮中祭祀の数は多い。
その一つひとつを、丁寧に、心を正して行われていることに、私は日本国民として感謝と敬意を捧げたい。

天皇陛下が自ら稲を育てるようになったのは、昭和天皇からだそうだ。

より心を込め、丁寧に祭祀を行いたい、というご意向もあったのだと思う。

政治的な発言は禁じられているようだが、日本国のリーダーとしての佇まいを感じる。

私はこうした話も、積極的に生徒に語る。




【このカテゴリーの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10990176
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ