2021年09月18日

曼珠沙華

「富士には月見草がよく似合う」、というのは太宰治の小説『富岳百景』に出てくる下りである。

だが、「秋空には曼珠沙華がよく似合う」ものだとしみじみ感じた。

秋の青空は高い。
空気が乾燥し、その青さはさらに濃いものになる。
そこに真っ赤な曼珠沙華(通称:彼岸花)が咲いていると、とても映える。

ややどぎついほどの赤色と、深い青色。
そこに、黄金色に染まる稲穂があれば、もはや十分である。

古くからの日本の原風景。
恵みの秋を祝福するかのような、赤と青。

毒があるのでそのままでは食せないが、飢饉の時などの食料難には、球根を毒抜きして食べたらしい。

その意味では、天候不順でほとんど米が取れなかった時のために、田んぼの畔に植えてある理由も頷ける。

昨今は、いろいろな花の色があるようだが、はやり赤がいい…。

私は昨年、自宅の彼岸花を増やそうと、球根を仕入れ、プランターに植えてみた。
葉が出て、春先に掘り返したら、球根は生きていたのだが、今年は花芽すら出てこない。

もとから植えてあった庭の彼岸花も、見当たらない。

どうやら、きちんと手入れをしないとだめらしい…。

近隣には、家の前に、まるで花畑のように、咲きそろっているところも多い。

「いつか、こんな風に育ててみたいな…。」
と思いつつ、一本も生えてこないプランターを見て、「来年こそは…」、と嘆息する。




【このカテゴリーの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10986885
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ