2021年09月10日

ルーチン

何ごともルーチン化できれば、楽にこなせるという。
新たなことを始めるに際しては、大きなエネルギーが必要だが、それが慣れて、いつしかルーチンのように行うことができれば、いつしか、それは習慣になる。

早起きの習慣だって、早起きして何をするのかが明確になり、それがルーチン化され、習慣になれば、何でもない一日のスタートになるのだ。

ある程度の時間はかかるようだが、まずはルーチン化のためにエネルギーを注ぐことは大切なことなのだろう。

生徒にとっても宿題も、毎日のルーチンにすれば、それほど苦しむことはなかろう。
宿題がたまにしかなく、それも多くの量がたまってしまうからこそ、モチベーションがあがらないのだろう。

その意味では、少ない量ながらも、毎日宿題を出すのがよいのだろう。
そして、それをきちんとチェックして、彼等に「やった」という達成感を持たせるのがよい。

一日の生活の中でもルーチン化されてくると、いわゆる日課になり、とくに苦労することなく行えるようだ。

私も、朝の犬の散歩や野菜の収穫、ミツバチの巣箱のチェックは、今やルーチンになった。
これに畑の草刈りや、部屋の掃除、漬けものの手入れなども加えられれば、さらに朝の時間が充実するに違いない。

初めは、少しエネルギーが必要だが、毎日少しずつならできるはずだ。

老後に備え、怠惰な習慣んではなく、いろいろなことを少しずつながらも行い、前に進めるような生活を目指したいと、切に思う。

やりたいことはいろいろある。
だが、それを一気に始めようとすると、膨大なエネルギーを要するのか、なかなか重い腰が上がらない。
ならば、少しずつ分割して、気づけば習慣になり、大きな仕事になっているようにしていきたいものだ。

雪下ろしだって、少しずつやるからこそ、少ない力で大きな作業が終わる。

「生徒にルーチンにしなさい」、と言っている以上、自分も相応の努力をせねばなるまい。
【このカテゴリーの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10967601
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ