2021年07月18日

天然はちみつ

今年に2回目の採蜜をした。

自宅で育てている日本ミツバチのハチミツを頂戴するのである。

高くなりすぎた巣箱の最上段を、春にも採密したが、その際はすでに蜜を使用墨で半分くらいしか蜜が入っていなかったのだが、今回は四分の三くらいは蜜がたまっていた。

欲張ってもう一段採ろうとも思ったが、蜂たちが興奮し始めたので、今回はやめた。

秋風が吹く前に、まだ巣がおおきくなっていたら、おこぼれを頂戴しようと思う。

今回は、中2のA君に手伝ってもらった。

まず巣箱をトントン叩く。
最上段からミツバチを下段へと移動させるためである。
その後、巣箱を切り離し、蜂を払う。

ヨモギが良い、と聞いたが今の時期にはないので、ドクダミで代用してみた。
確かに、蜂たちは退避する。

巣箱は、大きな衣装ケースに入れるが、まだ蜂が残っているので、少し時間をおいてから蓋をしめた。

巣に包丁を入れ、蜜を出す。
いわゆる『たれ蜜』である。
これを出すのに、何晩か待ち、その後巣を壊し、更に搾る。

いずれにせよ、結構手間のかかる作業だ。

ちょうど今がミツバチの採蜜シーズンなのだが、「巣落ち」と言って、巣箱を外したときに、熱さで巣が落下してしまうと、ミツバチの群そのものが、退去して自然に帰ってしまうので、熱さにも気を払う。

もっとも、今回は、日中の一番暑い時間帯になってしまったのだが、何とか今のところ大丈夫のようだ。

この先も少し、熱さ対策をしようと思う。

採蜜作業終了となるまで、まだ一週間以上かかると思われるが、貴重な天然はちみつ。

自分でミツバチを飼っていなければ、入手できない貴重なものなので、気合いを入れることにしよう。

今回は、一部販売してみようかな…。




この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10870144
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ