2018年12月02日

頑張れ新人君

「昨日はどうしたんですか?」
図書担当の先生が、新人先生に尋ねた。
「え!?」
「昨日は、図書室担当だったはずですが、生徒が先生が来なかった、と言っていました。」
「あっ、すいません。忘れていました…。」
「先生が行っていなかったので、図書室の鍵が開きっぱなしでした。今日は、大丈夫ですか?」
「今日って何ですか?」
「今日も、図書室担当ですよね。」
「あっ、大丈夫です。すいません。」

その様子を隣で見ていた、隣のクラスの担任がすかさず突っ込む。
「どうして図書室の鍵をかけておかないといけないか、分かりますか?」
「大切な学校の備品がなくなってしまうと困るから…。」
「他にはありますか?」

なかなかの追求。そう簡単には許したくはないらしい…。
新人君がもじもじしていると、
「生徒に悪を犯させないようにするのも、教師の務めなんです。」
と、ばっさり。
「先生が、図書室の鍵を閉めなかったことで、そこから悪が発生することってありますよね。どんなことですか…。」
まだまだ追求は続く…。

「それに、教員側のミスによって、生徒の悪が助長されたら、責任を問われますよ。分かっていますか?」

隣の担任はなかなか厳しいのである。
だから、私は新人君には何も言わずに済む…。

本当に一生懸命、育てようとしてくれているのだ。
新人君は男性、隣の担任は女性。年齢差は3歳。

職員会議で寝ていれば起こし、机の上が乱れていたら、「一緒に綺麗にしましょ」、と声を掛け、クラスの仕事も丁寧に教えている。

それでも新人君は、毎日のようにポカを繰り返してしまう。

適材適所的観点からすると、明らかにミスジャッジだと思うのだが、生徒に関わる仕事の中で、妥協は許されない。

前回、新人君の中間テストの平均点が30点台で、一ケタ答案を連発してしまった。
「こんな問題、作りました。」
と、試験の前日に私に見せに来たので、
「期末試験の時は一週間前に見せて下さい。」
と、お願いした。
前日に、テストの全面改定はさすがにつらい。それも複数枚あるからだ。

明日が試験の前日。
まだ私は見せてもらっていないのだが、明日はどんな問題を見せに来るのだろうか…。








【このカテゴリーの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8351773
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2021年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ