2021年02月28日

強者どもの夢のあと

とうとう卒業式の日を迎えてしまった。
私は毎年、この日が来るのを怖れている。

新たな旅立ちを祝するめでたい日であるのに、私自身は、耐えがたい悲しみに打ちひしがれるのだ。

「できたら、式場には入りたくな…。」
毎年そう思う。
保護者席の関係で、全員が式典会場に入れるわけではないので、中1、中2は教室で中継を見る。

「今年度は中3の学年所属なので、会場に入ることになるのかな…。できたら、外で駐車場係がいいかな…」、などと思っていたら、なんと撮影係になってしまった。

「泣きながら写真撮影をしろ、ってことか…。」

式典中、私は写真を撮りまくった。
室内でフラッシュをたかない状態では、なかなかいい写真は撮れない。
それでも、記録として残そうと、彼らの姿にカメラを向け、シャッターを押した。

涙があふれても、カメラのファインダーをのぞいているから、傍目からは分からない。
オートフォーカス機能がなければ、私の写真はすべてピンボケだろう。

公立の学校では、全員マスクをして校歌すら歌わない。
保護者も一人だけ、在校生の参列はなかったそうだ。

だが、私の学校では例年通り。
マスクをつけている卒業生は誰もいない。
国歌だって校歌だって普通に歌う。

ましてや高校3年生にとっての校歌は、これが最後なのだ。
元気よく、多く
多くの生徒が皆が涙を流しながら歌っている。

いよいよ卒業生の退場となった。
入場時は、学年主任や担任が先導したが、式の最後は生徒だけが退場していく。

今年も彼らは感謝を込めて学年合唱をした。
私はもはや何も見えなくなった。

退場をズームレンズで撮りまくる…。

最後の生徒が会場から出た後、私は廊下にでて号泣した。
「もう無理…。」
そして、涙を拭って再び会場の外へ出て、卒業生を追いかける。
外では、会場に入れなかった中1と中2が、彼らが歩いている赤絨毯の両側に立ち祝福している。

こうして卒業式が終わった。
私はとてもとても謝恩会には出られないと、そそくさ退散した。

今日も泣き疲れた…。

翌日、高校3年生の教室に行った。
荷物がなくなって寂しくなった教室。
コサージュが一つ、机の上に残されていた…。




【このカテゴリーの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10574700
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ