2020年10月05日

秋の空

二日ほど連続で朝焼けが見えたが、雨が降ったのは二日目の方だった。
この時期の空はめまぐるしく変わる。
朝に晴れても、午後には雨が降り出すことだってある。

「『女心と秋の空』」って、知っているか」、と中3の生徒に聞いたら、誰も知らなかった。
若干、女性には失礼なことわざのように思えるが、あながち間違ってはいないようにも思う。

私には苦手な女性がいる。
当然、必要最低限しか話をしないし、挨拶だってままならないというのが現状だ。
最近は、私から挨拶をしても、挨拶は返って来ない。
無視しているわけではなく、聞いていることはその表情や態度から分かるのだが、声は発さない。
私は相当嫌われているようだ。

私自身も、何となく嫌な感情を持っているため、それが彼女に伝わり、結果、相乗効果でお互いの仲をさらにややこしくしているのだろう。
人は、語らずともその思いは相手に届く。

仕事上必要なやりとりも、彼女からは、メモか、電子メールである。
そう考えると、私への嫌悪感は半端でないことを示している。

『相手の嫌な面を一つ発見したら、その十倍良いところを見つけなさい。』
そう教えられたことがある。

確かに彼女は優れているし、人格的にも素晴らしい。
人には優しいし、多くの人に好かれている。

だが、私は、「絶対許さない」対象なのだろう。

女性という生き物は難しいものだ。
幽霊で女性の姿が多いのも頷ける。

ちなみに彼女は死後、天国で天使の仕事をする立場の人。
私は、地獄をさまようような人間なのかも知れない。

この世はいろいろな人が、玉石混淆として生きている。
だからこそ、自分とは違った考えの人に出会い、それが学びになる。

どんな相手であっても、良いところはあるし、学ぶべき点はある。
それを意識してこそ、日々の成長が可能なのだろう。

秋の空は、空気が澄んでいることもあって、青空がどこまでも深い。
そんな空に、高層の巻雲やら巻積雲が光っていると、とても美しい。

天気が下り坂のときは、巻積雲が高積雲に変わってきて、いわゆる「ひつじ雲」になる。

「秋の空のように、彼女の心もさっと変わってくれないかな…。」
そんな思いを込めながらも、空を見上げる。

今日は雲がきれいだ。




この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10268389
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ