2020年09月15日

校舎に入れない…

学校から連絡が入る。
生徒の一人が倒れたと言う。

私は、急いで急いで学校に向かい、さあ校舎に入ろうとすると、ある女性教員が立っていて、「丹澤先生は、校内に入れません」、と言う。

その女性教員とは確執がある。
以前、私の発言によって、深く傷つけてしまったようで、以来、口をきいてくれなくなった。
本当に必要な時だけ、感覚的には一ヶ月か二ヶ月に一度くらい、ちょっとだけ会話を交わす、という関係である。

以来、私自身も彼女のことが好きになれなくなった。
何となく母につくのである。
人を見下すような、そんな雰囲気すら漂っているように見えるのだ。
あたかも、「穢れてる」と言わんばかりだ。

確かに私は穢れている。
彼女のような、純粋さはないのだろう。
自分ががさつで、しばしば人を傷つけ、また、心のコントロールもできない未熟な人間であることはよく分かっている。「穢れている」ことくらい百も承知だ。

おそらく、私が穢れているから、校内に入ることを許さないのだろう。
純粋な生徒に、私を近づけたくないのだろう。

「生徒が倒れているんですよ。どうして私が入っちゃいけないんですか。」

私は激しく反発した。
それでも彼女は、かたくなに「だめです」と、私が行くことを拒んだ。

私は、さらに心が乱れた。
激しく抵抗し、制止を振り切り、教室へ駆け上がっていく…。

その途中で、目が覚めた。

目覚めても、状況がありありと分かる。
リアルな夢とは、こんな夢のことを言うのだろう。

「彼女と和解しなさい」、というメッセージか…。
それとも、「穢れているあなたの心をきれいにしなさい」、という警告か…。

嫌な夢を見た。
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10206063
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ