2020年09月01日

保護者様

今の校長は、保護者を『保護者様』と呼ぶ。
いわゆる「お客様」と呼ぶのと同じ発想である。
もちろん、保護者あっての生徒であることは間違いない。

以前の校長も、徹底的な保護者ファーストだった。
企業で言う顧客ファーストである。
「クレームは宝の山である」、という考えのもと、保護者からの指摘は、すべて「ごもっとも」、と考え、我々教員側を責める。。
私立学校も一つの企業体なのだ。

確かに改善のヒントはあろう。
「保護者の立場」からすれば、当然と思うこともあろう。

しかし、それ故に、「悪いのはすべて教員」という発想ではたまらない。

以前の校長にはこうして指摘さ続けられた。
子供が親に泣きを入れ、それを受けて保護者が校長に連絡する。

結局、私が呼び出され、叱責を受けるというスタイルである。
全力で教員としてやっていたことはすべて棚に上げられ、とにかく、過ちを取り上げられ、謝罪を求められる。

そんなことの繰り返しだった。
いつしか、私は教育活動に自信を失っていた。
以前のように、教育のプロとして、自信を持って生徒指導したが、そのプライドは崩れ去ってしまった。

『保護者様』と呼ぶ今の校長は少し違う。
とにかく人の話をよく聞くのである。
校長自ら謝罪し、保護者に納得させる。
我々の見えないところで、確実に仕事をしている。
そして、やんわり私たちを導く。
傷心した私を少し思い測り、「今できること」をさせてくれている。
情熱的でありながらも、気遣いの人なのだ。

以前の校長から「丹澤さん」と声を掛けられたら、「またか…」とドキッとしたが、今の校長が、「端座先生」というときは、たいてい発展的な話だ。
…本当にありがたい。

今は、保護者をやり込め、学校の主張を通し、自分の考えを曲げなかったかつての私とも違う。
『保護者様』と呼ぶ気持ちも分かる。

いつか、私もお役に立てたらいいな…。




この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10166944
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ