2020年08月29日

酷暑の中で

この夏一番の暑さになった。
土曜日なので、練習は午後から。
だが、今が一番暑い時期でもある。

黙っていても汗が吹き出す。
運動する環境ではないし、熱中症の危険度は高いはずだ。

私の地域では8月になって、梅雨明けと同時に猛暑が訪れた。
以来、一ヶ月間、涼しい日はなかった。
毎日が、真夏のじりじりとした日差しが続いた。

そんな中で、野球部の練習を続けたので、選手たちも、けっこうたくましくなった。
その彼らでさえ、辛そうにしている。
それは、暑さが理由ばかりではない。
早々に決まった、秋の新人戦の中止も、その原因だろう。
人は、目標がぼやけてくると、踏ん張りがききにくい。

薄めているとはいえ、氷で冷やしたスポーツドリンクを飲んで命をつないでいる感じだ。
実家から送ってきた梅干しを食べさせたところで、焼け石に水のようにも思える。

私自身、彼らと一緒に動くわけではないが、それでも汗だくになる。
汗の臭いに加齢臭が混ざり、気持ち悪い…。

気温も35℃あたりになると、「運動して爽やかな汗」ではなく、「日なたには居たくない、身体が悲鳴を上げている汗」になる。

集中力も切れやすいので、少し早めに練習を終えた。
夕立でもあれば涼しくなるのだろうが、今日はそれも望めまい…。

野球部員たちは、8月を過ごし、幼顔がなくなり、わずかながら精悍な面持ちになった。

「いずれ、秋が来て、冬が来る。そうなったら、午後から氷点下になるから…。」
と、励ましたところで、彼らは実感が湧かないだろう。

暑さのためにブヨがいのないが、その分、アブが元気だ。
しばしば噛まれる…。

いずれにせよ過酷な部活動だ。

よその学校はどうしているのだろう…。
【このカテゴリーの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10162244
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ