2020年07月10日

H君のこと

この春、地元の工業高校に進学したH君が活躍しているという。

コロナ休校で6月からのスタートらしいが、H君は学校ではスポーツ万能で勉強もできる人気者なのだそうだ。

周りの生徒は、勉強が分からなくなるとH君に聞きに来るらしい。

「Hは、どうしてそんなに勉強できるんだ? どこの中学校だ?」
なんて聞かれると、誇らしげに出身中学校を伝えるのだと言う。
「私立はすげーな。」

確かに、中学時代に若干の先取り学習はしていたし、工業高校ともなれば、それほど成績は高くないだろうから、H君が勉強の面でのヒーローになることは、想像に難くない。

Hが中1の時は、私が担任だった。
なかなかのやんちゃ生徒だったので、野球部の練習に参加させた。
少し根性がついてきた頃、父親がやってきて、「「本人は嫌がっているんで、野球部を辞めさせたい」と要求してきた。

歴史が全くわからないかったので、個別にアニメで歴史の勉強させたこともあった。
スキーにも連れて行ったことがあるし、地元の祭りにも参加させた。

そのうち、H君の両親は離婚。夫のDVが原因で、その後親権を巡って裁判になる。
母親は、父親から逃れ、自宅に多数の監視カメラを付けておびえていた。

家庭の事情で、高校は公立の学校を選んだが、H君にとって、その環境での学びがたくさんあればいい。

私の学校では、成績は決して良いとは言えず、スポーツだってどちらかと言えば、あまり得意でなかったはずなのだが、環境が変わると、人も変わるのだろう。

いずれにせよ、楽しく誇らしく登校できているのは何よりだ。

これからも試練はあるだろうが、きっと乗り越えてくれるだろう。

いつか、大人になって社会で活躍するH君を見てみたい。
もっとも、その頃には、私のことなどすっかり記憶から忘れ去られているに違いないだろうから、どこかで出会っても分からないだろう。

そんな風に、教員たちは、忘れ去られながら生きている。

人を育てる仕事は、物づくりと同じくらい尊い。

世の母親たちも、家庭でその仕事をこなしている。
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10030206
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ