2020年03月19日

中学卒業式

修了式に引き続き、中学の卒業式が行われた。
これが、2019年度三学期最後の行事になる。

私は中3には、いろいろ悩まされた学年でもあり、卒業式には余り出たくなかったのだが、ちゃんと役割が与えられた。式場内の、会場誘導係。来校された保護者を保護者席に誘導する係である。

「何とも残酷な係ではないか。」
私にとっては、中3の保護者と出会い、挨拶をするのは、苦しいことであるのだ。
「きっと、その思いが伝わってしまうだろうな…」、と思いつつ、挨拶と誘導を繰り返す。

中には、わざわざお礼を言いに来てくれる保護者もいた。
「いろいろお世話になり、ありがとうございました。」
といわれれば、私は、「いえいえ、私は何もしていません」、と答える。
それでもツッコミの激しい親は、「スキーに連れて行って下さったり…」、などとたたみかける。
確かに、そんなこともあったなぁ…、と改めて思い出す。

別の親からは、「丹澤先生が入学のときに言って下さった言葉がずっと心に残り、その後、大変勉強になりました」、と言う。私にはすっかり忘れていたことだが、当時は、プロの教育者として、自信を持って演説ぶったことを思い出す。

そんなことが何件も続くと、「もしかしたら、私も少しは役に立ったのかな…」、という錯覚に陥る。

「丹澤先生、お世話になりありがとうございました。」
と、中一の頃から私を責めたり、持ち上げたりした母親である。
また、体育祭の時に、「息子を撮って下さいね。」、と私に念を押しにきた母親ででもある。
彼女は、私のもとを離れる際に、またしても
「息子の写真、撮ってくださいね。」
ときた。

一方で、中3には、私を極端に毛嫌いしている保護者が何人もいる。
そんな方々にも、淡々と挨拶をして、会場に誘導。

しかし私は、急遽、ドアマンになった。

卒業生の入隊常時に、司会に合わせて、さっとドアを開ける係だ。

おかげで、卒後式の一部始終を、一番後ろのドア横の席で見守ることになった。
本来の座席は、生徒席の隣だったが、「丹澤先生、どっか行ってください」、という彼の希望通り、底には座らなかった。

何事もなく、卒業式が終わる…。
彼らの卒業で、少し気が楽になった。

私は、そそくさと、帰宅の途につく。

【このカテゴリーの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9722701
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ