2020年02月07日

続・ぎっくり腰

結局、欠勤することになった。
ぎっくり腰がさらに悪化し、ほとんど動けなくなったのだ。

一番のミスは、初動の失敗。
身体が冷えているからだろうと、がんがんに暖めたのだ。
確かに、ぎっくり腰になるときは、たいてい冬の時期。身体が冷えているに違いない。
だが、今朝になってネットで調べてみると、
「お風呂も湯船に浸かってはいけない。ぎっくり腰の初期は、とにかく冷やすこと。暖めると、痛みが増す」、とあった。

時すでに遅し…。
結局ベットから起きるのがさらに困難になり、学校を休んだ。
幸い授業も一コマだけで、迷惑も少ない。

午前は、保冷剤で徹底的に冷やして、午後からは、「動かないと治りが遅くなる」、とのことで、少し動くようにした。
部活は休みにしたがが、犬の散歩には高校生を連れて出掛けた。

運転時間は10分にも満たないので、運転席に座ることも何とか耐えられる。
愛犬の散歩で、強く鎖を引かれると危険なので、たいていは高校生を連れて行く。
私は小屋でえらの準備をしながら待つ、という具合だ。

ふと不安になったことがある。
「今は周りに生徒たちが大勢いるが、いざ一人でクラス用になったら、もしかしたら孤独死かぁ…」。

そういう心配をしているうちは、大丈夫なのだろうが、本当に必要なのは、犬のためのカメラではなく、私自身の生存確認のためのカメラなのかも知れない、とも思う。

人生100年時代とすれば、ようやく折り返し地点を過ぎたに過ぎない年齢だが、ここ数年、体力にはめっきり自信がなくなった。

腰が痛いと、何となく気分も滅入ってしまい、何だか、どこもここも調子が悪くなるようにも思える。

「丹澤先生、大丈夫ですか?」
と、皆に尋ねられても、
「大丈夫ではありません。」
としか答えられない。

私は、「I'm fine.」、とは言えないひねくれ者だ。

皆が声を掛けてくれる。

「丹澤先生、無理をなさらないで下さい。立志式は大丈夫ですから…。」

優しいお声かけだが、一方で、「つくづく自分は役立たずだなぁ」、と改めて思う。




この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9622911
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ