2020年02月03日

雨降って地固まる

野球部の練習中、私は頻繁に全員を集合させる。
練習がマンネリ化しないためでもあり、また、全体への技術指導や指示の徹底のためである。

和気藹々とするのはいいのだが、いざという時には、しまりのある行動が取れなければ、そうした甘い習慣は、緊張した場面や試合中に現れる。
「このあたりで引き締めておこう」、と、私が指示している最中、緊張感なく笑っていた中1生徒がいたので、その時点で練習を中止した。

外部グランドだが、私はそのまま帰ってしまった。
彼らは片付けをし、戸締まりをし、5キロの道のりを、自分たちの荷物を持って走るなり、歩くなりして返ってもらった。

その後、中2に生徒だけでのミーティングを求めた。

ここで、中2の中1に対する積もりに積もった不満が爆発したのである。
笑っていた中1の話が落ち着いた後に、別に中1のT君が責められることになった。
「お前はだらしない。一番悪い…。」

その後、ケンカのようになり、中1は泣き出し親に泣きつき、態度が改まらないと中2は憤慨。

翌日、彼らを呼び私から諭す。

こうしたことは、たいてい一晩寝ると気持ちが落ち着くものである。

「だらしないけじめのない態度はプレーに出る。こんな状態でチームとしてまとまって試合をすることなどできない。一人ひとり、全員に反省すべきところがある。」

と、優しく諭した。

今日の練習は良かった。
準備も素早かったし、中2も上手に中1をコントロールしていた。

一番泣きじゃくっていた中1がぽつりと言う。
「雨降って、地固まるですね…。」

一人態度が悪いと責められ、憤慨していた中1のT君が野球ノートに書く。
『チームとして、少しずつ形ができてきた。仁でやるのではなく、チームプレーが野球にとっての命なので、これからは、チームプレーに力を注いでいきたい。』

確かに今日のチームは違った。
これが継続され習慣化すれば、チームは変わって行くだろう。

部活指導は、こうした成長が面白い…。




この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9613461
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ