2020年01月31日

中3の授業

中3の授業

中3の数学では、数TAの総復習をしている。
例年は、数UBまでガンガン進んでいたのだが、昨今の学力のレベル低下を鑑み、ちょっと咲きの内容に触れることはあっても、基本は数TAでとどめることにしたのだ。

今は、センター試験前段階の問題を解いている。

授業では、久しくやっていなかった、一人ひとりに板書して説明させる。
あらかじめ、担当問題を決め、順番に前で解説するのだ。

詳細解答は配っていないのだが、皆、きちんと解いてくる。
自分自身でノートに解く以上に、細かなところのツメや準備が必要となるはずだ。
彼らは、図をかいたり、公式を書いたりして、四苦八苦しながらも説明している。

その様子を見ながら、
「中3の三学期にして、ここまで来たか…。」
と、私としては、感慨深いものがある。

系列校への高校入試を数日後に控えているので、本来は中学分野の総復習をすべきなのだろうが、それは各自に任せ、淡々と授業を進めている。
自分以外の問題も解いておかないと、試験前に困るので、各自必死でもある。

高校入学後は、原則数UBからスタートし、数TAは、授業では扱われなくなるのだ。
一年間の前倒しだが、数TAは、中2の三学期から始めているので、時間的には結構余裕はある。

これまで、難関高校の入試問題や思考力を養う宿題を出してきたが、今年の中3のクラスは、今ひとつノリが悪い。
「解けた人だけ提出!」、と指示すると、ほんの数人しか持ってこない。

いろいろと工夫をしながらもやらせてみたが、提出率があまり高くないので、宿題の教材を変えてみたのだ。

授業でも解き、併せて担当問題を責任持って解いてくる、というスタイルの方が、彼らにはフィットした。

さらにより一層の実力アップには、この先どんな方策を採るべきか思案中ではある。
中学の三年間、私が担当し、それなりの実力はつけることが出来たとは思うが、まだまだ伸びしろはるに違いない。

「丹澤先生は、高校生になったら俺らを担当しないんですか?」
と、聞かれれば、
「三年やったら、もういいでしょう。」
と答えることにしているが、私も新たな刺激が欲しい、というのが本音でもある。

週に5回とはいえ、卒業までの授業数が、いよいよカウントダウンできるほどになった。

お互い後悔なく、中学課程を修了させたい…。




この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9613459
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ