2020年01月27日

お母さんが帰ってきた

学年の母である学年主任が帰ってきた。
しばらくインフルエンザでお休みしていたのだ。

「学年にはお母が必要だ」、ということが、とてもよく分かった。

私は、一応「お父さん」、ということになっているが、役立たずで何もしないので、いてもいなくても変わらない。

だが、お母さんは違う。
このところの、学年内で起こったいろいろな事件も、母のパワーがなくなっていたから起こってしまったと言ってもよいだろう。

私が今、居候させていただいている学年は、主として女子の問題が多い。
学年主任が女性だから、女子生徒のいろいろな思いを引き寄せているのかも知れないが、それを一つひとつ丁寧に解決していく様は見事である。

以前、お母さんと二人で、ある学年の担任団を組んだことがあったが、本当に頼りがいのある方なのだ。

「おはようございます。」
明るく爽やかな、学年の打ち合わせの第一声。

久しぶりに聞いた。
またまだ、本調子でないのだろうが、元気そうに振る舞っている。

「How are you?」、と聞かれたら、「I'm fine!」と答えるのだ、とは教えられているが、私にはそういう嘘はつけない。

先日も同僚に、「最近元気?」、と聞かれたので、「元気じゃない!」、と答えた。
それでも、満面の笑顔だけは忘れなかった。

『楽しく幸せだから笑顔なのではない。笑顔でいるから、楽しく幸せにナルのだ。』
と、聞いたことがある。

その意味では、私は楽しく幸せを取り逃がしているのだろう。

学年のお母さんは、一日中奔走し、またいつもの『母』に戻っている。

この情熱は、おそらく使命感によるものだろう。

果たして、私ができることは何だろうか。

役立たずのぐうたら父さんは、今日も、のほほんと生きている…。




この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9597864
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ