2020年01月28日

模試の受け方

ベネッセの学力水調査を実施したので、終了後、自己採点をした。

自己採点を始めるに際し、私はあるクラスに語りかけた。
「模試のために、勉強しましたか?」
すると、控えめかも知れないが、大半の生徒が、「あまりしていない…」、と言う。

「これから自己採点をしますが、やっぱり模試はある程度勉強して受けた方がいいです。採点して、やっぱり自分は頭が悪い、と自分自身にすり込んでしまう人がいますが、勉強しないで模試を受けて、それで点が低くて、その上、自虐的になっても、何もいいことはありません。言ってみれば、お金を払って、自分の成績の悪さを確認するという、愚かなことをしてしまうわけです。」

彼らの表情がさっと変わった。
「もう終わってしまったので、今回の模試についてはどうしようもありませんが、次回以降、同じ過ちを繰り返さないようにしてください。」

しばらく自己採点をしている中で、暇そうにしている見つけたので、また、全体に語りかけてみた。

「採点して、解答を赤朱書き写して、それで勉強したつもりになっている人、いませんか。それではやり直したことにはなりません。今回、お金を払って、いい問題の載っている問題集を買ったんです。その問題集を解き直し、実力をつけていくのが、解き直しの目的ですよ。」

またしても、彼らの表情が変わった。
今まで、こうした模試の受け方を教わってこなかったのかも知れない。

その後、必死にやり直しをしている生徒が増えたのは、このクラスが素直な生徒の集まりだから、だろう。

私は、模試の問題も試験範囲に入れる。
さらに、やり直しを求めるのためだ。

やりっ放しではもったいない。

正式な結果は、一月ほど待たねばならない。
その結果に、学校は一喜一憂するのだが、それは教員側というか、学校の事情だ。

生徒たちには、『今』与えられた環境を大切にしてもらいたい。

勉強することは、地味な作業だが、そのこつこつとした努力の積み重ねが、将来の彼らを形作る。

そのことは、私が身をもって体験している。

「もっと、勉強すればよかったな…。」
と、思いつつ、今からでも遅くないと、少しやってみる。

やっぱり、私は怠け者だった。



この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9597847
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ