2020年01月26日

隠れ家の修繕

昨年大晦日に風呂釜の漏電があり、急遽、地元の電気屋さんに見てもらったら、風呂釜の交換が必要だと言われた。その交換が、今日午後、ようやく完了した。

私も日中不在の日が多かったのだが、結局、一ヶ月もかかってしまった。
併せて、露出状態にあった風呂場と脱衣所のライトも交換した。
脱衣所が電源の集約ポイントだったので、そのメンテナンスもやってもらった。
「丹澤さん、このままでは感電死しますよ。」

そう脅されたが、確かにその可能性はあった。
風呂釜につながっていたコンセントは、さびて朽ちて、素人目にもショートしそうな状態だった。

古い家は、何が起こるか分からない。

コンクリートの家なので、内部に埋め込まれた配管の状態や内部の様子は計り知れず、この先もトラブルは起こるものと思われる。

同時並行で、もと用務員のMさんに、納屋の一部を犬小屋に改修する工事も行ってもらっている。
私には一切持ち合わせない技量をお持ちの方で、本当に頼りになる。
私はMさんに、「どうしてこんなことができるのですか?」、と尋ねるも、「丹澤先生とは、生まれた星が違うんだよ」、と笑う。

たしかに私は、「怠け者の星」が出身のようだ。

先日は、隠れ家に行くと、いつの間にか納屋の雨どいの改修が終わっていた。
「この先、天気が悪くなると思って…。」
恐るべき行動力である。

私の隠れ家に来るにも、往復150キロは超える道のりがあるはずだ。

朝、高校生のM君に、「梅を切ってくれ」、と頼んだのだが、渋っていたので来ないかと思って、自分で処理したら、午後になって自転車で駆けつけてくれた。
ちょうどコーヒーブレイクしていた時だった。

梅の剪定は終わってしまったが、裏庭の伐採竹がたくさんあったので、燃やしてもらった。
M君が燃やすと、「軽微のたき火」を遙かに超えて火柱が立ってしまうのだが、無事灰になった。

「いろいろな人が集まってくるのは、いい家だ。」
と、聞いたことがある。

なんだかそんな風に思い、幸せな気持ちになった。

もう一人の高校生のY君も、再生パソコンを復活させてくれている。

午前は英検で人数の少ない部活になったが、午後は充実していた。

こんな休日はとてもいい…。




この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9591712
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ