2019年12月29日

スター・ウォーズ

映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』を見た。
スターウォーズシリーズのエピソード9である。

この映画を見ると、「たとえ光の存在であったも、ほんのわずかの油断や隙により、闇に転落する危うさがある」、ことがよく分かる。

そのためには、継続的な自己研鑽と、たゆまない修行が必要であり、あらゆる人間的な煩悩からの解脱が求められるのだ。

この生き方は、まるで宗教聖職者のようではないか。

怒りや失望は、本当に悪の勢力にとって格好の餌なのだと、よく分かる。

そうした魔の手口に陥らないためにも、チーム力と仲間を信じる心がなにより大切なことなのだということもよく分かった。

アクションものの娯楽映画なのかも知れないが、その中に一本の宗教的真理が通っている。
アメリカでの興行成績は、ディズニーとしては今ひとつだったそうだが、心に響く宗教性は、万人の感動を生むものであって欲しいと思う。

だからこそ、真の生き方に目覚めた主人公を象徴する、「スカイウォーカーの夜明け」というタイトルがついているのだろう。

CGの緻密さでは、なかなか日本で作れる映画ではない。
それでも、多くの日本人のファンに受け入れられているのは、「たとえ闇の存在であっても、光の存在に変わりうる」、という視点だろう。

それこそ、人類の希望の原理であり、「たとえ悪をなしたとしても、心を入れ替えれば、立ち直れる」のである。

また、最期は光の勢力が勝つというストーリーも、宇宙の正義と平和のためなら、「命を賭してでも悪と戦う」、という姿勢が、日本の武士道精神とつながっている。

前作も何度か見たので、今作もあと何回か見ても良いかな…。

正義のヒーローは、最初からヒーローなのではない。

「成功者は最初から成功者なのではない。」
とも言い換えられそうだ。








この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9527685
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ