2019年12月31日

『紅白歌合戦』

大晦日くらいは、のんびりテレビを見て過ごそうと思ったのだが、今日は朝から隠れ家で漏電が起こり、昼前から夕方近くまで電気屋さんが悪戦苦闘していて、あまりのんびりできなかったのだ。
古い家は、次々と想定外のことが起こるものだ。

何十年かぶりでNHKの『紅白歌合戦』を見ている。

先日母が、
「最近は若い人の歌は分からないわ…。」
と言うので、
「積極的に歌を聴かないと、若い人との会話がかみ合わなくなってしまうよ。そして話をしなくなって、ぼけるよ。」
と答えたのだ。

これは、私が、「自分自身に言っているのだな…」、と答えた直後に思った。

日常からほとんど音楽を聴かない私だって、生徒をはじめとする若者と歌の会話は成り立たないのだ。
だから、「何の曲を聴いているの?」、と尋ねても、「たぶん先生は知らないよ」、と返ってくる。

…という訳で、多少、消去法的なチャンネル設定ではあるが、『紅白歌合戦』を見ているのである。

「もしかしたら、昨今の若者は、『紅白』なんて見ないのだろうな…」、と思いながらも、「うんうん、この曲もどこかで聞いたことがある…」、などと妙に納得しては、歌唱力の高さや、ダンスやバックダンサーの美しさに感心しながら見ているのである。

こうして、2019年、令和元年が暮れていく…。
玄関では、愛犬たちが、これ以上のリラックスはなかろう、という格好で寝ている。

いろいろあったが、何か新しい人生の萌芽を感じさせる一年だった。

新しいビジネスもいろいろ仕込んでいる。
どれが伸びてゆくかは分からないが、行動しなければ何も始まらないので、動き始めたわけだ。

新しい年は、オリンピックの年だが、おそらくいは今年以上にいろいろなことが起こるのだろう。
そうした一つひとつの出来事に一喜一憂することなく、自ら信じる道を歩み続けてゆこうと思う。

ふと、ドラマ『北の国から』の一シーンを思い出した。
五郎たちが、富良野町に向かって「さよなら1980年」、と叫ぶシーンである。(※)

いろいろなことがあっても、明日に希望をつなぐ。
新しい年に夢を望むのである。

(※)『北の国から』(フジテレビ)第8回








この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9527486
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ