2019年12月22日

マラソン大会

地元のマラソン大会が行われた。
毎年学校として百人が参加している。
このマラソン大会のために、学校行事としてのマラソン大会はない。
原則部活単位での参加なのだが、そろそろ伝統行事になりつつあり、すっかり年末の風物詩になった。

仲でも中学生の男子の部は数百人が参加する高レベルの大会で、10位以内に入賞するには、5キロを15分程度で走れなければならない。

この地区は駅伝王国でもあるので、この部で入賞するのは、ハードルが高い。
そこで今回は、私の野球部員には目標タイムを申告させた。

こんな時にも性格が出る。
あとから「目標達成できなかった」、と責められないために、わざと遅いタイムを申告する者、
「丹澤先生、足が痛いから無理です…」、などとあらかじめ言い訳しておきて、走り終わってから、「やっぱり大丈夫でした」、などとあっけらかんとしている者。

いずれにせよ、19分から25分に全員がおさまっており、「まずまず頑張ったんだなぁ」、と思う。

以前は私も走っていたが、このところの急激な体力低下で、もはや走るどころではなくなってしまった。

「写真を撮りたいから、走れないんです。」
と、言い訳して走るのをやめてから、もう何年も経つ。
確かに自分が走ってしまうと、生徒たちの写真は撮れない。
マラソンを走ってゴール直前の、生き生きとした(?)写真を、何としてでも記録しておきたいと思ったのだ。

だが、今回はミスをした。
カメラの予備バッテリーを忘れたのだ。
カメラの電源を入れると、バッテリーが残りわずか。
外気温を考えると、電池の消耗が激しいので、最後まで撮影ができるか心配な状況。

最後に全員の記念撮影があるので、それが撮影できないか、あるいは、途中で撮影不能になるか…。

「撮影できないなら、走らない理由にはならないな…。」
などと思いながら、連写を控え、節約しながら撮影した。

最終的には最後まで撮影できたのだが、何ともドキドキのマラソン大会になった。

このマラソン大会には、先生たちもたくさん走っている。
若手の先生たちだけではなく、私と年齢の近い先生も、「マラソン大会を盛り上げよう」、ということで、あえて参加しているのだ。

また、近年は開催している市内の中学校、高校にも出場指令が出たようで、数多くの戦湯があつまり、二千人を超えるランナーになった。

走り終えた戦とたちは、皆、その達成感と爽快感で、「いい顔」をしている。

走り始めれば、あっという間に終わってしまうのだが、そのスタートまでが大変なマラソン。

これで年内の学校(?)行事はすべて終わった。








【このカテゴリーの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9511878
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ