2019年10月29日

ふらふらっと

ここ半年以上なかったのだが、今日は授業中に「ふらふらっと」きた。
そのまま意識を失いそうになる、というか、立ちくらみというか、表現するとすれば、やはり、ふらふらっと」、としか言いようがない。

生徒たちには、
「倒れたらよろしくね。」
などと、言いながら授業を続ける。

彼らからしてみれば、冗談だと思っているが、私の方は、「ちょっとやばいかな…」、と思いながら授業を続けているのである。

年初にもこうしたことが続いて、けっこう苦しい時期があったが、しばらくなかったので、ちょっと油断していたようだ。

いつも通りの授業なので、私の異変に気づいている人はほとんどいないはず。
プロなのだから、何があっても授業には手を抜かないことを心掛けている。

夢も目標も見失っていた頃、「授業中に倒れてそのまま逝ってしまうのがいいかな」、と思っていたが、今は執着の塊になってしまい、やりたいことはまだまだたくさんある…。

最後の断末魔が、特定の生徒への注意だったら、彼らの一生の思いでなってしまう、

ちょっと休もうと、午後は身体を横にしていたら、6時間目の学年会をすっかり忘れてしまった。
今度の木曜日の地域清掃の打ち合わせだ。

そのことに気づいたのは夜中になってから。私は何と責任感のない人間なのだろう。

歳をとったのか、だんだんと抜けが多くなった。

教務主任が来て、
「考査時間割の作成も、細かくて大変だし、ミスもあったみたいだから、S先生に任せましょう。」
と言う。

「こんな感じで引退時期が近づいていくんのだなあ」、と、頭をがつんと投げられた感じがした。

学年初めに、
「私は役に立ちませんよ…。」
と、主任に言っておいたが、本当に、役に立たなくなってきつつある。

「会社等の組織は、給料の倍くらいの経費がかかっているんだよ。」
社会人になり始めの頃、そんな話を聞いたことがある。
だからこそ、「給料の2倍働け」、と教えられてきた。

歳をとるとはこういうことか…。
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9368097
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ