2019年09月11日

Tの成長

久しぶりに山が見えた。
車で30分も走れば登山口。夏はなかなか見えなかったのだが、ここにきて空気がすんできたのか、よく見える季節になってきたのだ。

まだ山は緑色。肉眼では青っぽく見えるが、写真の採ると、緑色が分かる。
あとひと月もすれば、これらは赤く染まり、朱と緑のまだら模様になる。

「山は気持ちいいだろうな…。」
何故だか私は、時々山が恋しくなる。
できれば山で過ごしたいくらいなのだが、それはそれで大変なのだろう。

先日、テレビ番組『セブンルール』で、南アルプスの両股小屋のご主人が紹介されたからだろうか。
また、『情熱大陸』で、山岳医が紹介されたからだろうか。
いずれの番組も、山にそそられる者ではあったが、やはり、目の前に山が見えると、ぶらっと言ってみたくなる。

そんな天気も昼からは前線の影響で雨になった。
気団の変わり目の前線だが、温度差があるので、各所で雷が起きている。

「今日は練習できないかな…」、とも思ったが、雨はさほどでもなく、グランドも少し湿っていた程度だった。

駅伝の打ち合わせがあったため、少し出発時間を遅らせたが、中2の二人が遅れてきた。
走ってくれば20分強で来られるはずが、到着は一時間後だった。
うちキャプテンは「荷物が重くて…」、と言い訳をしながら、へらへらしている。
もう一人のTは、何も言わず、さっとポールtoポール(ライトポールとレフトポールの間を走ること)を始めた。

彼はこのところ成長成長している。
口だけ男のキャプテンとは差がつきつつある。

こうした場合、私は練習には参加させない。
何も指示しなくても、さっとサポートに回るT。
「練習に参加して良いですか?」、などと聞いてくるキャプテン。

今日は中1の生徒のSが、昨日のままのユニフォームを着ていた。
汗だくのままバッグにいれたものを着て、あたりに悪臭を放っている。

私は、「もっと、中1の面倒をみなさい」、と、中2を叱る。
生活全般としてだらしない生徒がだが、練習には欠かさず来る。
ようやく塁間近くまでボールを投げられるようなった。4月当初から見れば、ずいぶん成長している。

本当は、本人の問題なのだが、私が彼を責めれば、皆も責めるだろう。
チームの一員として、一緒になって成長していこうという思いがいる。


「君は、昨日、Sとはキャッチボールしたくないって、言ってたよな。」
と、キャプテンを追及する。

チームはまだまだだが、このとき、「Sやろうぜ!」、と声を掛けたのはTだった。

プレーはまだ下手くそだが、この先上手くなるだろう。
いっそのこと、山に連れて行ったら、化けるかな。
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9187560
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ