2019年07月29日

梅雨が明けても

梅雨が明けた。
昨年より例年より8日、昨年より30日遅い梅雨明けなのだそうだ。

『梅雨明け』は、気象庁がある種のサービスとして発表しているもの。本来、季節をさして、「今日から夏です」、と宣言するのはおかしなことだ。だから、「梅雨が明けた模様」、などとまどろっこしい表現を使ったりする。

梅雨明けの宣言をして、すぐに雨が降ると、苦情になるので、今回も台風崩れの低気圧が抜けるのを待っていたふしがある。

本来は、気圧配置で、夏の太平洋高気圧に覆われ、安定した晴天になったことを確認した上での梅雨明けなのだが、ここまで梅雨明けが遅くなり、日差しも強くなると、さすがに梅雨明けを言わざるを得ないのだろう。

だが、実はまだ、上空に寒気があり、今夕も各所で猛烈な夕立が起こっている。
「梅雨明けなのに、雨が降っているではないか」、などという苦情が、気象庁に寄せられていないことを願おう。

梅雨が明け、厳しい夏の日差しの中で、今朝は避難訓練が行われた。
じっとしているだけで暑い日差しの中で、消防署の方も、ほんの数分話をするときには、グランドに整列した生徒たちを座らせるという配慮も見せるなど、大変暑い中での実施となった。

その後大掃除をして、午後からはなんと平常授業。
明日の就業式前に、「さらに授業を進めよ」、という意図であろう。

走行しているうちに、入道雲が発達し、空は積乱雲に覆われ、雷雨になった。
幸い雷の本体がずれて通過したため、激しい雷雨にはならず、すぐに小ぶりになり、雷鳴も聞こえなくなった。

と言うわけで、野球の練習に向かったが、集合時間になっても人が集まらない。
私は時間に集まった二人の部員だけを車に乗せ、外部の練習場所へ向かった。
遅れた奴は、5qの道のりを走ってくればいい…。

現地に着き、程なく中1が、橋ってグランドにやってきたが、中2の二人がいつまで経っても来ない。

「先輩たち、後ろを走っていましたよ。」
と、一年生が言うも、あまりに時間がかかりすぎる。

雨がやまないので、練習を中止にして再び学校に戻る途中、彼らとすれ違った。

遅れついでにのんびり準備して、だらだらと歩いたり、走ったりしていたのだろう。

私は彼らを無視して、車を学校へ向かわせた。

また、走って戻ればいい…。

その後、彼らを捕まえ叱責した。
「中2は一番先に練習に集まってこなくてはいけない。」

試合直前の慢心と体たらくは許されない。

私の意図は伝わっただろうか。
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9015238
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ