2019年07月28日

これが日曜日か…

一日のんびり過ごせた日曜日は、何ヶ月ぶりだったろう。

今朝は、台風崩れの低気圧の雨で、練習を中止にして、私自身の休日にした。
午後からは晴れたので、練習しようと思えば、猛暑の中できたとは思うが、この選択で良かったと思う。

今朝は、いつものように4時半過ぎに隠れ家に向かったが、「朝のうちに買い物をしてしまおう」、と24時間営業のスーパーに行く。欲しいものは犬の餌。このところ入っていなかった、「豚のあばら骨」を求めに行ったのだ。幸い久しぶりに入荷していて、冷凍庫いっぱいになるくらい買うことができた。

「一日、三本与えてください。」
と、犬舎のご主人に指示されていたのだが、愛犬との朝晩の付き合いでは、なかなか思うようにならず、そうこしているうちに、冷凍庫の在庫が切れ、その上、スーパーでも「ゲンコツ」しか見かけなくなってしまい、困っていたのだ。

「一時的なものだと思いますよ。また入荷したら、大量に買って、冷凍庫に保存しておいてください。」
と、ご主人。さすがベテランだ。

隠れ家に着く頃は、いつもより一時間遅れ。
愛犬は、いつもより遅い私の到着にうろたえたのか、彼の自室である納屋のなかで、糞尿をまき散らしていた。
動物相手には、いつも同じ時間に付き合わなければならないことを反省した。

いつもの散歩道は、昨晩からの大雨で用水路が溢れ、一部水浸し。その中でも、元気に歩き回る…。

ところが、納屋を水洗いしたため、玄関先につないだ私の愛犬は、すねたのか、一切餌を食べない。
散歩中は嬉しそうに、パンを食べていたのにである。

大好きな骨にも見向きもせず、手に載せても、ペロペロするだけ。
急に具合が悪くなったのかな、とも思ったが、数時間毎に餌を試みたが、やはり食べず、出しては引っこめたりを繰り返した。

午後になって、納屋も大分乾いてきたので、そちらに戻すと、嬉しそうにリラックスして、お昼寝。
夕方の散歩も元気いっぱい。パンも食べるし、いつもより元気に動き回る。
さすがに飯抜き状態なので、ウンチはしなかったが、実に活発であった。

家に戻り、餌を与えると、ちゃんと食べてくれた。
さすがにお腹が空いたのだろう。

今日は、何をするでもなく、朝から肉じゃがを作って食べたり、昼場ピザを焼き、夜はカレーを作る…。

何でもない一日なのだが、リラックスして過ごせた。
日中は暑すぎて、ゴロゴロしながら高校野球の決勝戦を見ていたが、畑仕事をする勇気は湧かなかった。

それでも幸せ。いい一日のように思えた。

ふと、『幸福は、その存在を忘れているときに一番輝く』、というJAFMateに載っていたブータン紀行の記事を思い出した。













この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9012028
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ