2018年11月07日

やってられん

さすがに今日は萎えた。

朝から、校長の「ちょっといい?」があり、「朝の会の司会の声が小さくて、あり得ない」と注意された。なかなか人前で声が出せないクラスで、これからどうやって立て直していこうかと、思い巡らせていたときだっただけに、ダメージが大きかった。
「音楽の先生にボイストレーニングをやってもらったら?」
などと、言う。だが、そんなレベルではないのだ。
音楽の先生は、
「この学年はチャッティングやっていないから、横のつながりがないんですよ。」
と、暗に私の方針を非難。
簡単に言えば、「こんなクラス運営じゃ、駄目だぜ」と言われているようで、結構落ち込んだ。

授業中に、ふと外を見ると、自分の学年の中2がマラソンをしている。
だが、ふざけていて全く真面目でない。体育の先生は、遠くでタイムを計っている模様で、その様子はご存知ないようだ。その不真面目な体育の時間を見て、さらに落胆。
「こんな彼らとつき合っているのか。やってられん。」
と、モチベーションダウン。

次の数学の時間は、体育のあとで10分遅れ。日直も仕事ができておらず、女子生徒が一人いない。
聞けば、男子に冷やかされたとか。泣いて保健室に駆け込んだ模様。
「もう、やってられん。」

「中2は、先生を増やさないと無理だ。誰か手伝ってくれ。」
と、体育の先生。
「奴らには、日本語通じないんだ。」
とも。

休み時間に、生活指導担当から、一学期に先輩に「死ね」と言った生徒がいるので、調べたいと連絡。
「もう、好きにしてくれ。」
という気分。

昼には、「中2に配膳台をぶつけられた」、と中1女子からの訴えもあり、もう我慢の限界。

「こんな思いが積み重なって、先生たちが辞めていかれるのだろう。そろそろ自分自身のキャパシティを越えてしまいそうだ。」
と、ツイートしたい気分に…。

午後は、
「さすがに、自分の能力を超えてるな…。」
と、窓から外を見ながら、さらに落ち込む。

帰りの会では、明日からの校外行事に向けて、学年での合唱練習。
なかなか整列しない、だらだら状態に、言葉を掛ける気持ちすら失せた。

ところがである。
彼らの合唱は、なかなか良かった。
まだまだ完成度は低いのだが、心がこもっている。
「自分たちは、感謝の思いで、この歌を届けるのだ。」
という気持ちが伝わってくる。

最後の最後、これで救われた感じだ。
「この子たちのために、もう少し頑張ろう。」
と、少し思えた。

エネルギー充電には、まだまだ時間がかかりそうだ。








この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8276914
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ