2019年07月22日

積極的休養

今週は、水曜日に愛犬のトレーニング、土曜日に草刈りがあって、時間球を取らなければならないのに、今日は、昼頃に時間休を入れてしまった。

先週の出張続きの疲れが、今頃になって出てきたようで、ふくらはぎも筋肉痛だ。
この歳になると、一週間くらい経ってから筋肉痛になるので、「審判の時のダッシュが、筋肉痛の原因だろうか…」、などと思いを巡らす。

今日は、11日に終わった考査後、中1が初めての授業となった。
私が不在の間にも、授業は進められていたわけで、一度は代講を頼んだが、それ以外は自習ばかり…。
世の中が夏休みなっている昨今、大会続きで、授業どころではない。

前校長の置き土産で、終業式が30日になったが、世の中とずれていると、けっこう上手くいかないものだ。

今日は、夜の学習会の担当や、二者面談もあり、結局10時頃まで勤務。
週に一回は、こんな日がある。

若い頃から、『給料の10倍働け』、と教えられてきた。

10倍とまではいかないが、何倍かは奉仕しようと、これまで仕事をしてきたが、時には休養も必要であることも分かった。

今年の私は、積極的にそうした休養を取らせていただいている。

だからの今の私には、若い先生たちに、
『給料の10倍、悪くても3倍は働きなさい。』
などとは、言えない。

「上手にストレスマネジメントをして、いつまでも長く務めて下さい。」
と、声を掛けたい。

「頑張り過ぎると、無理が蓄積して、そのキャパシティを越えたときに、大変苦しい状況になってしまう」、ということを身をもって知ったのだ。

学期の終わりで、先生方も皆お疲れのようだ。
担任たちは、これから通知表の所見に、さらに睡眠時間を削ることになるのだろう。

来年の募集のために、受験生への電話掛けも義務になった。

「いつまでこうした余裕のない生活を続けることになるのだろう…。」
と、一抹の不安を感じながら、眠りにつく。





この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8995377
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ