2019年04月02日

新人たちへのアドバイス

新人には、「何をしていいか分からないからじっとしているタイプ」の人と、「何をすべきかを尋ねようと、うるさいくらい話しかけてくるタイプ」、がある。

私はこのどちらも駄目であると思う。

まず、「じっとしているタイプ」だが、新しい職場で何をしていいか分からないのは当然のこと。ただし、誰も何も指示をしないということはあり得ない。一つや二つは、上司から指示があるはずである。実は、先輩たちは、「それを完璧にこなせるかどうか」、を見ている。ある意味、品定めである。
一を指示して、二も三もできる人物であるか、あるいは、一を指示して、右往左往するだけの人物であるか、ということだ。

新人は丁寧に育てるべきだとは思うが、その人物がどんな性格かは、何かの仕事を与えてみればわかるというもの。

ただじっとしているだけではだめだ。
残念ながら、じっとしている人を、「必死でやっているな」、とは判断しない。
「もっと積極性が必要だな」、と思っているはずである。

一方、「話しかけまくる」、というのも駄目だ。
先輩諸氏は、新年度の超多忙な時期を迎えている。
はっきり言って、右も左も分からない新人の世話を焼いている暇はない。
だから、「これやってくれ。あれやってくれ」、と頼みたいくらいなのだ。

先輩たちは、「この仕事ならできるのではないかな…」、と、新人君にあれこれ考えて指示をする。
実は、「これを雑用とみるか、そうでないと見るか」が大事なのだ。

その仕事を通して、現場を学び、考え方を学べる仕事ならば、それは断じて雑用ではない。
しかし、それを「単なる雑用」、としか見られない新人にとっては、学びも教訓も得ることなく、「単に雑用を押しつけられた」、と感じるのだ。

この差は大きい。

だから新人の方は、何か仕事を与えられたら、その意味を確認することを忘れてはならない。
「今、何故これが必要なのか」、が分からなければ、それは雑用になってしまう。

そういう時こそ分からないことは聞けばいい。
その仕事の必要性と意味をを理解できてこそ、組織は回っていく。

先輩諸氏は、さりげなく、新人たちに声を掛けるといい。

黙々と自分の世界に入ると、新人はますます声を掛けにくくなる。

だが実は、先輩たちは何気ない声かけによって、新人が、「どう反応し、何を答えるか」、も見ている。

新人諸氏は、ぜひこのことを意識されるとよろしい。









この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8688152
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ