2018年10月30日

理科部の生徒たち

「丹澤先生、理科部の子たちに指導してくださってありがとうございました。昨日は、たくさん集まりました。」

今朝出勤すると、理科部の顧問のI先生から過分の言葉を頂いた。

「いやぁ、何にもしてませんよ。」
謙遜ではない。本当に何もしてない、に等しいのだ。

先週、I先生が、
「よくサボる○○と△△と□□も声を掛けて下さい。」
などと言うものだから、土曜日の帰りの会に、理科部の三人に声を掛けたのだ。

このところI先生は、毎週のように放送をかけて、理科部の部員を呼び出していたので、少しでもお役に立てばと思ってのことだ。

ところが、やっぱり奴らはサボった。

だから昨日の帰りの会では、クラスに6名ほどいる男子の理科部員を立たせて、説教をしようとした。

「週3回しか活動してない文化部ですら、毎回参加できないというのは、そんなに面白くないということなのか? だったらやめちまえ。そして、他の部に変わればいいじゃないか…。」
私の学校では、退部時には、次の部への入部が義務づけられている。

そう、穏やかに話し始めたのだが、あまりの軟弱さと、いい加減さと、情けなさに、次の言葉が出なくなった。だから、6人は、立たされたままで、クラスはしばし沈黙した。

激しく叱責するわけでもなく、懇々と語るわけでもなく、ただの沈黙。

そして、そのまま数分が過ぎ、私は終わりの会を終えてしまった。
ただそれだけだ。

また昨日は、私の部活帰りに、理科室から叫び声が聞こえたので、ちょっと覗いてみた。
すると、何やら塩ビパイプで、段ボールを叩いて潰していた。
私には、何をしているか理解できなかったが、教室にいたI先生が、
「今日は、来てます…。」
と言うものだから、私は意味不明だったが、退散。

今日になって、その生徒に
「昨日のアレは、ストレス発散か。」
と尋ねると、「そうだ。」と言う。

やっぱり身体を動かした方がいいんじゃないかな。
発達期で、エネルギーのあり余っている中学生は、運動した方がいい。
週何回かの体育の授業だけでは足りないと思う。
「このまま、だらだら生活して、強靱で健康な大人になれるのだろうか。」
と、思う。

本当は彼らは、面白くないのでも、嫌なのでもない。ただ、面倒くさいのだ。
「面倒だから、行くのやめようぜ。」
と、お互い誘い合って、集団でサボる。
一人ではサボれないくせに、仲間を増やして、自分の罪を軽くしようとする。

暇さえあれば、スマフォをいじっているか、PCで動画を見ている。
ゲームをしているのかも知れない。

奴らの軟弱さには、あきれるばかりだ…。












この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8249951
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ