2018年09月09日

心が折れる

「先生…」
と、笑いながら、一枚の退部届を差し出す生徒。

「もう、先輩の態度に耐えられません。」
と、泣きながら相談に来る生徒。

一頃、『心が折れる』という言葉が流行ったが、どちらも心が折れている状態だ。
とかく、中高生は心が折れやすい。

以前、心が折れる人は、『頭が固く、完全主義で利己主義者』である、と本で読んだことがあるが、冷静に分析してみると、確かにそのように見える。

と言って、彼らに、「キミは自己中だ」などとは言えない。
そっと、心に寄り添って、「辛かったねぇ」と同悲、同苦の思いで接することになる。

悩みは、自分の心の中にため込むと、どんどん蓄積し、いつしか爆発してしまう。
どこかで、吐き出すか、抜き取るか、消し去るなどのすべを教えてあげなければならない。

大人だって、『心が折れる』人が多いだろうが、こちらは、そう言うことで、何となく現実逃避している傾向があるように思えてならない。もちろん、私だって、そういう気持ちになることはある。

しかし、そういう状態になるまで、多くの人に実は助けられ、またいろいろなアドバイスを受けていたということを、当の本人は全く気づいていないだろう。

中高生ならば、いつしか気づくときが来るか、それとも青春期の苦しかった思い出として、流されていくだけか。

踏みとどまり、自らの心の強さを信じ、あと一歩と前進していくことができれば、知らない間に解決していることも多いのだろう。

そのためには教師側の徳力、「なぜかあの先生の言うことを聞くと、元気が出てくるな…」というような、目に見えない力が、彼らに響いていくことが必要だろう。

まだまだ、私の力量ではそうした域には遠く及ばない…。
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

ファン
検索
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ