2021年10月11日

養蜂の師匠

夕方暗くなってから、犬の散歩のために、隠れ家に行くと、巣箱が整備されていた。

ご近所のMさんが、日中来てくださって、屋根とスズメバチ対策のネズミ捕りをおいてくださったのだ。

この巣箱は、先日オオスズメバチに巣門を破られ、侵入され、ミツバチたちが逃去してしまったものだ。

だが、日中には、蜂たちがしきりに巣箱に入って行くので、「戻ってきたんだべ…」、とTさんが言っていたものだ。

だが、実際は、巣箱に残った蜜を求めて来ているだけのようだ。
群全体が戻ってきているのではない。

どこかで営巣しているのか、女王を失ったはぐれ蜂が、餌を求めてきているのか。

そこに、時折来るのがオオスズメバチだが、ひところのような猛攻撃はなくなってきた。

新たに設置したネズミ捕りにもあまりかからず、ほとんどトンボだらけになってしまった。

一度かかると逃げられないので、トンボたちには申し訳ない。

先日、捨てた巣のそばにおいてあったネズミ捕りで、不思議な光景を見た。

ネズミ捕りにかかった仲間を、一生懸命引っ張りだそうという一匹の大オオスズメバチがいたのだ。

半分くらい粘着テープ領域からはずれていたようで、仲間が必死で引っ張っている。

しばらくしてから見に行ったらいなくなっていたので、おそらく救出劇は成功したのだろう。

あまり殺生はしたくないが、オオスズメバチに襲撃されると、人間の命さえ危険になるので、仕方あるまい…。

Mさんは、私の養蜂の師匠でもある。

困ったときにはすぐに来てくださる。

今回も、「じゃあ、見に行くべ」、と早速、来てくださって、いろいろアドバイスをしてくださった。

私が仕事で、早朝と夕方しか見ることができないときでも、ちゃんと気にかけて下さる。

愛犬たちも、ほとんど吠えなくなったくらいだから、相当通ってくださっているのだろう。

田舎暮らしの人間関係ならのことだろうが、本当にありがたい…。




【このカテゴリーの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/11028994
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ