2018年09月24日

校外学習の朝

もう今から20年くらい前の話。
勤務校の雇われ校長、どうも朝はゆっくり出勤することになっていたらしい。
それが校長を引き受ける条件だったかどうかは分からないが、ちょっと怪しいところもある。
だから毎日、早くても10時くらいにおいでになる。
当然のごとく、校長室は別棟。
現場に顔を出すのは、週一回の職員会議くらいで、校内をぶらぶらすることもなかった。

まだまだ若輩だった私は、その当時も学年主任だった。
「校長先生、お願いですから、次の校外学習出発の朝は、見送りに来て下さいませんか?」
校長はムッとした顔をして、沈黙した。そして、
「私は忙しいんだ…。」

若かった私は、そんな理由では引き下がらない。
「たくさんの保護者の方も見送りに来ているんです。そんな折、校長先生がいるかいないかは、とても大きなことなんです。以前だって保護者に、『校長先生は見送りに来られないのですか?』と、言われたこともあるんです。」
私の言葉で校長はキレた。
「あんたにそんなこと言われる筋合いじゃない…。」

今や私は、その校長の顔や名前も忘れてしまった。
当時は、
「校長は、子どもが好きではないのだろか…。」
と思ったものだ。

校外学習の朝は、生徒たちの表情が明るい。
これから始まる行事に期待を膨らませてワクワクしている。
そんな生徒たちの姿を見ない、というのは、教育者として大きな損失なのではないか。

『和顔愛語』という言葉がある。もともとは、浄土三部経の一つ『大無量寿経』の言葉だそうだが、私は若い頃からこの言葉に影響を受けた。
教員の日常の心得の一つであってもよい。

優しく穏やかな笑顔で、さりげなく生徒たちを励ます…。
校外活動出発時に、そんなの校長の一言が欲しかっただけだったのだが、礼儀知らずで生意気な私の言葉は、校長を怒らせただけだった。

それでも公開学習当日、校長は見送りに来た。
さも、「あなたに言われたからじゃない。」という顔をしていた表情だけが、今でも忘れられない…。
【このカテゴリーの最新記事】

負けて悔しがる

運動部の活動は相手校との試合が欠かせない。
同じ年代の生徒と、一定のルールの下で戦う。
戦っている最中は、勝ち負けを本気で競う。
試合が終われば、戦いのゲームは終わり。
恨みっこなしの精神で、それぞれの学校に帰っていく。

「負ける悔しさは、吹奏楽部では分からないでしょう。」
野球部のある先生が、そう語った。
「審査員判定で、順位がつく吹奏楽部では、相手に負けたという感覚は薄くなるでしょう。」
そう、たたみかける。
「同じ年齢の奴に負けて、『悔しい』という気持ちは、運動部ならのことでしょう?」
そう、私に尋ねてきた。
「打席に立ったら、ピッチャーとのガチ勝負。この緊張感と勝負感覚は、運動部でしか味わえないのではないかなぁ。」
こんな持論をお持ちであった。

近隣の学校では、部活動に文化部を設置するかどうかで議論になる。
運動部の方が、価値が高いと思っている教員の割合がまだまだ多いのだろう。

私も、一般的には、中学生までは、運動を勧めた方がいいと思っている。

「負けて泣き、勝って泣き…。」
という、懸命にやっていたからこそ、終わって緊張の糸が切れたときに湧き上がるその感情を、少年期の経験として大切にして欲しいと思っている一人である。
体育の授業だけでは、その感覚は得られまい。

昨今は、そうした経験したことのない親も教員も多いようだ。
それが、部顧問の考えとのすれ違いを生み、トラブルのもとにもなっている。

当たり前が、当たり前でない時代に突入した。
これまで「良し」とされたことが、「悪」となり、これまで「悪」とされていたことが「良し」となる。

ゲームのバーチャルの世界で、死んでも死なない戦いを覚えた子供たちは、もはや試合という戦いでは本気になれないのだろうか。

負けて悔しがるからこそ、次へのステップになる。

社会では、まだまだ戦さと言われる競争が沢山あるのだが…。

2018年09月23日

学年主任という重し

「先生、最近学年で集まっていませんね。二学期は学年全体で動く行事も多いのですから、是非学年集会をお願いします。」

隣席の先生から、そんな要望を受けた。
要は、「学年主任としてしっかり頼む。」と言うことである。
かくいう私も、一学期までは前任の学年主任に、時折そんなお願いをしていた。

訳あって、一学期末で前任の学年主任が退職され、一年半ぶりに私が学年主任に復帰した。

しかしこの学年、前任の先生の重しは大きかった。
保護者対応から、生徒指導まで、担任としての私は、そのすべてを助けられたと言ってもよい。
と、同時に、「ずいぶん頼ってしまったなぁ。」、という反省点もある。

「先生、最近中2が荒れています。」
あちこちから、そうした声が聞こえてくる。
要は、
「おい、学年主任、変わったんだから、しっかりしよろ。」
と、言われている訳だ。

クラスもそうだが、学年も、生徒や保護者にどれだけ思いを向け続けているかが大事になる。
だから、「大会で出張、学校の外に出られる。」、などと浮かれていると、たいてい事件が発生する。

担任になって間もない頃は、出張するときには、生徒には言わずに出掛けたこともある。事前に言うと、生徒のトラブルがよく起こったからである。学校に担任が不在のときは、いろいろなことが起こりやすい。

「学年全員の生徒に、もっと思いを向けなければいけいないな…。」
早速、連休明けの火曜日の朝に、学年集会を開くことにした。
学年主任としての私の覚悟を、熱く語ろうと思う。

中間試験も近いが、間もなく新人戦。
各部のキャプテンも、中2が努めている。
中学校での中2の役割もどんどん大きくなっていく…。

「歳とって、なんだか踏ん張りがきかなくなったなぁ。」
などと言っている場合ではなくなった。
前任の学年主任は、私より十歳年上の先輩だったのだから…。

通知表の所見

学年二学期制の学校は、今は通知表の所見作りの真っ盛り。
「昨日は、夜中まで十人の所見を書いたよ。」
などと、教員の負担も一気に増える。

ある校長は、
「生徒の様子を記すのだから、提出期限よりずっと前に書けるはずだ。一週間前になって、バタバタあわてるんじゃない。」

「指導要録だって、三月初めには書き上げよ。この一ヶ月で変わるのはせいぜい出欠の記録くらいなのだから。」
とも言っていた。正論である。

だか、教員と言えども、なかなかギリギリにならないと動き出せない。ましてや、所見ともなると、学校から保護者への、子どもの様子を伝える大切な文章なので、その文面には気を遣う。気が重くなるのはよく分かる。

私の学校は三学期制なので、今は所見を作る時期ではない。
しかも、管理職らの文面チェックもない。

「え、そんな危険なことをしているのですか。」
と、問われそうだが、この十年、所見がもとでクレームになったことは一度もない。
管理職の文面チェックが面倒なのか、担任個人に責任の重さを感じさせているのか、その理由はよく分からないが、一切やっていない。

そうなると、若手教員は、終業式の前日は一夜漬け、所見作りにほぼ徹夜状態になる。
「一人あたり30分かかるから、全部で…」
などといらぬ計算をしている人もいる。

人によって、かかる時間も違うのだが、やはり前日夜に仕上げるのは、ちょっと情けない。
何かあったら、未完成になってしまうではないか。

こうなると、事前に管理職チェックなどのシステムがあった方が、そうした荒技はなくなるかも知れない。

次に私が所見を書くのは12月。前日までには完成させるようにはしているが、次回はもっと早く仕上げてみようか…。

保護者を味方にする

学校は、生徒を保護者からお預かりしている。また、生徒あっての学校である。だから、生徒はお客様。一人の人間として丁重に接し、人格を尊重し、彼らの健全な将来のために、教師は一人の奉仕者として、誠心誠意、関わらなくてはならない。

こう書くと、新任校長の挨拶か、何かの教員心得みたいになる。

一方で、生徒は、発達途上であり、教育を受けているという観点もある。

学校現場では、頻繁に
「先生、うちの子がいつもお世話になっております。」
などと保護者からご挨拶をいただくが、このときは、ただただ笑顔になるしかない。

と、同時に心の中では、どうしても防御本能がはたらく。
次に、どんな矢が飛んでくるか、なかなか予想できないからだ。

私たちは教育のプロとして、ある意味、自身に裏付けられて仕事をしている。
しかし、保護者の言葉は、その自身を時に打ち砕く。

「どうですか、最近うちの子は…」
この言葉の裏には、何十倍もの言葉が隠れており、ある意味、どんな人間かを見られていると言ってもよい。
「自分の子どもをどのように見ているのか。」
を的確に引き出す、万能の聞き方だからである。

このとき、
「いつも。○○がご迷惑をおかけして申し訳ありません。」
という言葉であっても、油断をしてはいけない。次に
「ところで先生…」
と、急遽話題が変わり、どんな攻撃を受けるか、分からないからだ。

「私は保護者を味方にしているから、そんな防御本能は働かないよ。」
という先生たちは多いだろう。

しかし一方で、生徒のみならず、保護者の一言により、教員の人格をも崩壊させ、鬱状態になり、教員を辞めざるえなくなったり、その命までもが奪われてしまうことだってある。
昨日まで味方だった保護者が、今日からは最前線に立って攻撃をしてくるということだってある。

私たちは教員は、いつもこのような断崖絶壁を歩いている。

「いつも、保護者対応ありがとうございます。」
分かっている管理職なら、そう励ましてくれるだろうが、
「大事にならなくて、安心したよ。」
という思いが見え隠れするならば、
「今回も大変でしたね。ほんとうによく対応してくれました。」
と言う言葉も虚しく響く。

そんなときは、
「保護者のクレームを受けることが教師の仕事ですから。保護者は不安や不満を誰にもぶつけられない訳ですし…。」
などと、強がりを言って、自分自身を励ますことにしている。

いずれにせよ、保護者を味方にすることは難しい。
期待が大きければ大きいほど、裏切られたときは、その反動も大きく、その反動が怖くて、躊躇してしまう。

以前は、ごく一部の保護者を意識すれば良かったが、現在はそうはいかない時代に突入している。

2018年09月22日

校長の校内巡回

「あの校長、しょっちゅう授業を見に来るんだよ。」

どうもその先生は、校長が予告無しに授業を見に来ることが嫌らしい…。

校長なのだから、学校内でどんな授業が行われているのかを見て回るのは、当然の権利であろうし、別に嫌がられるものでもない。校長自身だって、授業の様子を見たいだろう。

しかし校内巡回による授業見学は、校長の醸し出す雰囲気で、受ける感じは180°変わる。

「生徒たちはどんな風に授業を受けているのだろうか。元気でやっているかな。」
などと、慈愛の思いで、授業を見て回るのであれば、それは大変結構なことで、見られている子供たちも、何となく安心感を得られるだろう。

しかし、「授業を管理する。先生を管理する」という意識で、監視する意味で授業を見て回っているのなら、それは大きな弊害をもたらす。授業担当者も生徒たちも、その思いは、感じ取ってしまうのだ。これは、学校現場としてはマイナスでしかない。

校長が廊下を歩いていれば、その雰囲気は自ずと伝わってくる。
「私は校長だ。管理する立場の人間だ。」というムードが出ていれば、授業をしている先生も生徒も、何となく嫌な感じがするものだ。

「雰囲気で判断されたくない。」
思われるかも知れないが、人間は、敏感に他の人の気持ちを察知することができる。
授業中だって、先生と生徒の関係がうまくいってこそ、よい授業になっていく。

以前勤めた学校では、授業中になると、校長が廊下を掃除していた。
はじめは、そんなに廊下が汚いのだろうか、思ったが、実はそうではなかった。
その校長は、廊下を掃除しながら、さりげなく授業の様子を聞いていたのだ。
予告なしに、いきなり教室に入っては、授業を中断させてしまう可能性もあるし、生徒たちの集中も切れてしまう。だから、授業の妨げにならないように、あくまで自然に見せつつ、授業の様子をうかがっていたのだ。ベテランになれば、教室で見ていなくても、廊下で聞こえてくる声だけで、何が起こっているかなど、手に取るように分かる。

「やっぱり、校長の人間性かな…」
そういう雰囲気で授業見学するかは、結局はその人の持っている人間性にかかっているだろう。

さすがに校長も、陰で自分の人間性について話題にされているとは思わないだろうが、ある意味、公人の立場でもある校長は、その一挙手一投足に気を配るべきだし、常に見られている立場にあることは、避けられまい。

「廊下に校長がいるだけで、授業中言葉に詰まってしまうよ。」
ある若手の先生が、そう苦言を呈した。それはそれで、さらに研鑽を積んでもらうことにしよう。

いずれにせよ、校長に信頼されているという自覚が、教員にとっていい仕事をする上でのモチベーションになる。粗探しばかりされていては、身構えるしかなくなってしまうのだから。

一歩ずつでも前進しよう

二学期から新任の若手教員、アドバイス一週間目にして、生徒の座席を決め、座らせることができた。授業はまだまだ安心して見ていられるものではないが、少なくとも、勉強させる最低限の環境は整いつつある。

昨日紹介した、理科部の顧問。今日は、理科室に大量の実験装置を準備して、部員たちを迎えた。おそらくは知的好奇心をくすぐり、先生への信頼感も芽生え、部活へのかすかな楽しみも生まれたことだろう。

世の中、そんな簡単にうまくいくものではないが、何もしなければ現状維持どころか、知らず知らず下降への道を歩んでしまうので、なにか一手を打つことは、とても大事なことだと思う。

学校は、その歴史が長ければ長いほど、その伝統の重みが変革を押しとどめる。
前例主義であり、事なかれ主義にも陥りやすい。

『今の時代、何より必要なことは「成功すること」ではなく、「失敗しないこと」なのです。』(堀 裕嗣 『学級経営10の原理・100の原則―困難な毎日を乗り切る110のメソッド』)という流れは、納得できないものがある。
私は、『失敗を恐れてはチャレンジはなく、逆に失敗しないということは、一切のチャレンジをしていない』ということになると信じているからだ。

こんな時代であるからこそ、進化し続ける学校を目指すべきであろう。
保護者の教育観も変わった。

もはや体罰は許されないし、部活指導でも、スポ根世代の考え方は通用しない。

社会性を身につけさせようと指導しようと、社会も、新入社員の意識は、仕事優先からプライベート優先に逆転しているし、会社には、「給料が増える」・「残業がない・休日が増える」という希望が急上昇中だ。就職時に、半数は転職したいと思っている。(2018年度 新入社員意識調査アンケート※)

勉強だけなら、ロボットでも教えられる時代だ。
集団指導のある学校でこそ、得がたい経験が得られると思うのだが…。

教えたら、理解してできるようになるのが生徒たちだ。
かすかななりとも彼らの進歩を発見し、心密かに喜ぶのが、我々教員の務めだ。

私も、昨日よりも今日は一歩前進しているように、精進を重ねたい。
posted by 丹澤三郎 at 20:11 | Comment(0) | 未分類
ファン
検索
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ