広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2020年04月10日

園芸委員会

今年も園芸委員会担当になった。
花が好きなので、ちょうどいい…。

近隣の中学校では、学年毎に花壇があり、その手入れや仕上がり、美しさを競っているようだが、私の学校の園芸委員会は、そこまではやらない。
大抵は、校内のいくつかあるプランターの世話をする。
しかも、苗を植えるだけ…。

たまに、業者が作った中庭の花壇の花摘みくらいはするが、それ以外は何もしない。

「それだけではつまらないだろう」、と昨年から私の提案で、いろいろな花を種から育てることにした。

昨年も委員会の有志を集め、オリジナルプランターを作った。
いい花飾りができた。

委員会の責任者の先生からは、
「終わった花は、ちゃんと片付けてくださいよ。」
と、念押しされたが、この企画は今年もやろうと思う。

何か変わった花や、すこし難しめの植物にチャレンジしてみようと思う。

花(植物)は、手を掛ければかけるほど美しく咲く。
思いを込めて、声を掛ければ、よく成長する。

もちろん、物理的な肥料や水、日光の光もいるが、そのプラスアルファの部分は、育てる側の思いによる。

また、花たちは、その環境を如実に感じ取るらしく、荒れた教室に花を置いても、すぐに元気がなくなり、ほどなく枯れてしまう…。

だから花を育てることは。心を穏やかにする意味でも、とてもよい方法でもあるのだ。

委員会では、一人ひとり好きな花を発表していた。

私はその花の名前を聞きながら、今年はどんな花を育てようかと、ほくそ笑む。

今、私の隠れ家では、いろいろな花が咲き乱れている。
以前の住人が、徹底的に庭に花を植えたおかげで、一年中花が絶えないのだ。
その中で、春、この時期は、特に花が多い。

私も、次から次へと咲いてくる花を楽しみ、SNSでも紹介しているくらいだ。

「花を愛でる」ことの大切さを知っている、と思われる委員会のメンバーだちは、今年はどんな花を咲かせるだろうか…。

今から楽しみだ。

2020年04月08日

全校朝礼

『密』を避けるため、全校朝礼は校内LANによる映像配信になった。
以前よりLANが整備され、ときおり講堂に入りきれない学校行事の時は、映像配信を行っていたが、最近新たにサーバーを立て、全教室に同時配信でいるようにしたのだ。

何度か試験をしたのち、校内に映像配信が行われた。

単なる放送ではなく、映像を流すことには意味がある。
講堂では、全校生徒で毎日『祈り』を捧げているのだ。

近隣の学校で、生徒会選挙の立ち会い演説を映像配信していたが、映像で流すことで、視覚に訴え、意識をより共有することができる。

この時期、休校もせず学校を運営している中で、一番大切なことは、コロナに打ち勝つことであり、いたずらに恐怖心を抱かないようにすることであり、そしてまた、考えられる感染症対策を完璧にすることもある。

教室も以前より増して換気に注意して授業を行っている。

外部からウイルスを侵入させないことを徹底しているので、何事もなければ、感染リスクは限りになくゼロになる。

それよりました大切なことは、『信仰』だと思う。
こうした全世界的な危機が訪れると言うことは、何かしらの天意があると思うべきである。

思えば、コロナウイルスの感染が多い地域は、中国と関連の深い地域が多いことも、注目すべきであろう。
すべて中国影が見え隠れするのは、気のせいだろうか…。

私たちが、虫に刺されたり、何かかゆい所があると、「ぼりぼり」するように、きっと今回のコロナも、地球の自浄作用かも知れない。

それにしても、全世界的なパンデミックは、人類にとって未曾有の危機だろう。

県下の学校のほとんどが休校担っている今、ある意味山の中に隔離されている私たちの学校が、どこかで持ちこたえられるかは、全校生徒と全職員にかかっているのだろう。

校長は、
「コロナの話をするときは、面白おかしく冗談交じりに話してください。」
と、言う。
いたずらに恐怖心を煽るな、という意味でもある。

「ここは安全、学校は安全」、と信じて、生活している彼らを、私たちも全力で守らなければなるまい…。

2020年04月07日

入学式

世の中はコロナ、コロナである。
マスコミは、いたずらに国民に恐怖心をあおっているようにも見えなくもないが、本当に正しい情報かどうかは怪しい…。

今年度の入学式は、コロナ対策で、国歌斉唱は3月の卒業式の録音を流し、「心の中で斉唱してください」、となった。
やはり、聞くだけの君が代は何だか淋しい…。

「私は差別するつもりはないのですが…。」
そう、何度も言いながらも、障害を持たれたお子さんがうるさいので、式場の外に出せ、という保護者がいた。

人は、ひとたび嫌悪感が出ると、気になって仕方なくなる。
特に音に関しては、心穏やかでなくなるものだ。
その方は、二度にわたって私にそう告げた。

「学校現場で、こんな主張がまかり通っていいのだろうか…。」
私はそう自問自答しながらも、担当責任者に報告する。

幸い、気を利かせた女性職員が連れ出し、式の最中「うー」という声が会場に響き渡ることはなかった。

入学式のような式典は、確かに静寂の中に行われるものだ。
だから、乳幼児の声は気にされる。

校歌斉唱は、まどを開け放って通常通り行った。
その声の中に、まったく音が外れ、「うー」のようにしか聞こえない声も混ざっていた。

それが新入生なのか、参列者なのかは分からない。
それを聞いて、その保護者は何を感じたのだろうか。

入学式は来賓挨拶を短縮するなどして終えた。

入学式は晴れの舞台である。
だが私は、心が晴れぬまま、会場を後にした。

式後の教室での時間も大幅に短縮され、保護者には早々にお引き取り願った。

外はまさに桜が満開。
その後、親子の記念撮影が続いたようである…。

2020年03月19日

中学卒業式

修了式に引き続き、中学の卒業式が行われた。
これが、2019年度三学期最後の行事になる。

私は中3には、いろいろ悩まされた学年でもあり、卒業式には余り出たくなかったのだが、ちゃんと役割が与えられた。式場内の、会場誘導係。来校された保護者を保護者席に誘導する係である。

「何とも残酷な係ではないか。」
私にとっては、中3の保護者と出会い、挨拶をするのは、苦しいことであるのだ。
「きっと、その思いが伝わってしまうだろうな…」、と思いつつ、挨拶と誘導を繰り返す。

中には、わざわざお礼を言いに来てくれる保護者もいた。
「いろいろお世話になり、ありがとうございました。」
といわれれば、私は、「いえいえ、私は何もしていません」、と答える。
それでもツッコミの激しい親は、「スキーに連れて行って下さったり…」、などとたたみかける。
確かに、そんなこともあったなぁ…、と改めて思い出す。

別の親からは、「丹澤先生が入学のときに言って下さった言葉がずっと心に残り、その後、大変勉強になりました」、と言う。私にはすっかり忘れていたことだが、当時は、プロの教育者として、自信を持って演説ぶったことを思い出す。

そんなことが何件も続くと、「もしかしたら、私も少しは役に立ったのかな…」、という錯覚に陥る。

「丹澤先生、お世話になりありがとうございました。」
と、中一の頃から私を責めたり、持ち上げたりした母親である。
また、体育祭の時に、「息子を撮って下さいね。」、と私に念を押しにきた母親ででもある。
彼女は、私のもとを離れる際に、またしても
「息子の写真、撮ってくださいね。」
ときた。

一方で、中3には、私を極端に毛嫌いしている保護者が何人もいる。
そんな方々にも、淡々と挨拶をして、会場に誘導。

しかし私は、急遽、ドアマンになった。

卒業生の入隊常時に、司会に合わせて、さっとドアを開ける係だ。

おかげで、卒後式の一部始終を、一番後ろのドア横の席で見守ることになった。
本来の座席は、生徒席の隣だったが、「丹澤先生、どっか行ってください」、という彼の希望通り、底には座らなかった。

何事もなく、卒業式が終わる…。
彼らの卒業で、少し気が楽になった。

私は、そそくさと、帰宅の途につく。

2020年03月17日

学年集会

中2で、生徒企画の学年集会を行った。
テーマは「中3に向けて」。
思えば、彼らも成長したものだ。

2年上の高1の「中3になる上での心構え」らしきことを話しているビデオメッセージを、字幕入りで編集し、皆に流す。

ビデオ編集は秀逸であったが、それよりも、先輩たちのアドバイスは、きっと彼らの心に響いたに違いない。

その後、学級委員から、先生方へのお礼の言葉があった。
一人ひとりの先生のエピソードを語りながら話す彼らは、大人に見えた。

続いてチャッティング。お見合い形式に男女が輪になって並び、中3でやり遂げたいことを語る。
「まだまだ男女の壁があります。」
などと、学級委員は語っていたが、他の学年と比べたら、一番仲が良いように見える。

その後、学級委員が、学年主任のM先生に手紙を読む。
「僕は、中2の始めの頃、学校に不満ばかりあって、先生たちも嫌いでした。」
で始まったメッセージは、最後は感謝の言葉で締めくくられた。
まるで、卒業時の挨拶のようで、涙を誘う。

続いて、サプライズ企画で、この3月で学年主任を代わることになったM先生に、色紙や花束を贈呈。
これは、M先生には秘密にしていたことだ。

この学年はこうしたサプライズが得意である。

M先生は壇上で、涙ながらに生徒たちに話す。
「さっき、手紙腕、たくさんの迷惑を掛けた、と言われたけど、私は、迷惑だとは全く思っていません。本当に、皆さんたちが好きなんです。愛しているんです。だから、良くなって欲しいと、それだけを、いつでも考えているんです。」

これが、学年の母として、慕われる理由なのだ。

先生と生徒たちで『愛』を与え合うのが、学校現場の、真の姿なのだろう。

私たちは、彼らを導いているつもりで、結局は彼らから『愛』をもらっている。
もちろん、生徒たちも、私たち教員たちの『愛』を、一身に受けているはずだ。

その連鎖が、クラスを作り、学年を作り、学校を形作っているのだろう。

この学年には、新年度も関わることになっている。

この先、どれだけ成長していくか、楽しみだ。

2020年03月15日

紅白戦

武漢発新型コロナウイルスのために、当面、公式戦も練習試合も、すべて吹き飛んでしまったので、部内で紅白戦を行った。

部内といっても、助っ人を集めての試合である。
キャプテンが奔走し、なんとかギリギリの18人を集めた。

メンバーを見ると、野球部の練習に助っ人として来たことのある人ばかりで、彼らはこの紅白戦に向けて、練習に参加していたのだ。

前日は、冷たい雨と雪が降り、グランドの準備が全くできなかったので、快晴になった今日当日、水たまりの水抜きから、ライン引きなど、小一時間掛けて準備。

「遊びになるなよ…。」
と念押しして10時に試合開始。

同一チームで、9人ずつのフルメンバーでの紅白戦は、私の知る限り初めてだと思う。
なんだか嬉しくなった。

一方で、各人の練習不足や、チームとしての弱点もよく見えた。

皆が、ある程度の緊張感を持って試合に臨めたのではないかと思う。

結果は2-17。圧倒的な差になった。

今、対外試合を行ったら、こういう結果になるのだろう。
あまり練習していない、助っ人がいるからでは済まされないほど、言い訳のきかないプレーが多かった。

野球はチームプレー。
人に頼ってばかりでは試合にならない。
合わせて、一人ひとりが、自分の役割を果たさなければ、チームとして戦うことはできないものだ。

彼らは楽しく終えたのだろうが、私としてはこれまでの練習メニューも含めて、反省点が残った。

「次は頑張ろう!」
と、言えない昨今の情勢だが、こつこつ実力をつけてゆくしか方法はあるまい。

朝は氷が張るほどの冷え込みになったが、日が高くなるにつれ、気温も上がった。
早咲きの桜も咲き、虫も舞う。

本当の意味で、春が来るのを、心より待ちつつ、私自身ももう一踏ん張りしてゆこうと思う。

2020年03月11日

芸術鑑賞会

今年も芸術鑑賞会が行われた。校内のホールで、今年は音楽関連。

音楽関連の時は、従来コンサート形式が多かったが、今回はちょっと違った。
ピアノ調律師とピアニストのコラボ企画である。

名だたるピアニストの、コンクールやコンサート時のピアノ調律、調整を行っている、調律師士と、若手ピアニストが来校した。

調律師方は、校内のピアノを毎年調律して下っている方だ。
私の学校には、当初の音楽の先生が世界的なピアニストであったこともあり、ホールにはコンサートピアノがある。
設置時には、県下でもっとも高級なピアノであったそうだが、今はどうだか分からない。
いずれにせよ、家が建つくらいのピアノである。

そのピアノを分解し、舞台上で調整する。
調律は事前にしてあるので、調整をするのだそうだ。
その様子を代表生徒が近くで見て、質問したり、それをビデオで撮ってスクリーンに拡大して、全員が見えるようにした。

ピアノに関心のある生徒でなくても、あっという間に鍵盤が外され、鍵盤がバラバラにうなっていく様は、驚きだったに違いない。

ピアニストは、調整前に一曲弾き、調整後に何曲か弾いた。

「これまで、数限りなく失敗してきました。」
と語る調律師のKさん。

普段、表舞台に立つことのない裏方の仕事だが、コンクールなどでは、演奏者の入賞をも左右する非常に大切な仕事だ。
以心伝心で、ピアニストの要望を最大限、限られた時間内に調整する、とのことで、大変な仕事でもある。

「迷ったらやる、ことにしているんです。そうでないと。仕事に妥協してしまうことになるからです。」

聞けば、よかれと思って調整した結果、演奏者に「余計なことをするな」と怒られたこともあるそうだ。

だが一方、演奏後、演奏者が何も語らずとも、握手で、ピアニストの満足具合が分かるのだそうだ。

確かに調整後のピアノは音が変わった。

調整後の演奏では、私が写真を撮るためのシャッター音すらはばかれるほど、生徒たちは集中して聞いていた。

「調律はKさん以外には頼めません。」
そう音楽の先生が叫ぶ。

私もいつかグランドピアノを手に入れたら、Kさんに調律、調整をお願いしたと思う。
ファン
検索
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。