広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
プロフィール

川原ゆたか
リンク集
******************************
さらば、無謀な
マンション管理費よ。
↓↓無料で、チェック

*******************************

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
2013年07月11日
理想的な死に向かって生きる。(川原ゆたか)


今、私は、武士道が気になっています。




今の日本は、おかしいと思いませんか?

どうも、地に足が付いていないような世の中だと思いませんか?



日本って、建国してから2666年目だそうです。

ずーと、こんな風に「地に足が付かない国」だったのでしょうか?

そんなはずは無いと思います。


かつて、日本の中近世には「武士道」と呼ばれる、

一本筋の通った考えがあったのでした。



そして、太平洋戦争で対戦国が、もっとも恐れたのが

この「武士道」、「サムライ魂」であったといわれています。


相手がもっとも恐れたものが、

我々にとっては、もっとも強みであったはずです。

戦争に敗れた日本を、統治した戦勝国たちは

この日本人のもっとも強い部分を潰しに掛かったと、考えるのは、想像に難くありません。

「武士道」は誰かに意図的に潰された・・、と考えることもできるでしょう。



「武士道とは、死ぬことと見つけたり」

これは、武士道の精神が書かれた「葉隠」の代表的な言葉です。


武士は、いつも死を意識して生きていた。

いつ死んでも悔いの無い生き方をしてきた。

アップルのスティーブ・ジョブズもそんな話をしていますね。


死ぬ準備をして生きる。

理想的な死を迎えようとして、生きる。


これ・・、大切ですね。


ちなみに、73歳で、未だに、いろいろなものにチャレンジをしているデヴィ婦人。

先ごろTVでイルカショーに挑戦していました。

デヴィ婦人って、なんだか笑って死んでいきそうですね。

あー、楽しかったとか、言いながら。














「ポチッとな」はじめました。
面白い記事をがんばります。よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネス起業・独立へ
にほんブログ村


>> 次へ

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。