広告

posted by fanblog
プロフィール

川原ゆたか
リンク集
******************************
さらば、無謀な
マンション管理費よ。
↓↓無料で、チェック

*******************************

広告

posted by fanblog
2013年07月15日
自分のお墓が、新たな自分の指針となる(川原ゆたか)

「あなたのお墓は誰が守るのか」枡野俊明著を読みました。

自分が死んだときの準備は、早いほど良いという内容の本です。あるお寺の住職が書かれたものです。


あなたのお墓は誰が守るのか [ 枡野俊明 ]

価格:798円
(2013/7/15 17:29時点)
感想(0件)






自分が入るお墓の事を考えたことは

これまで一度もありませんでした。


しかし、自分の骨をお墓に入れてくれるのは間違いなく、自分以外です。


生きているうちに自分の死に対して準備をして、

自分のことは自分で責任を持つことが大切と考えるようになりました。



武士道とは死ぬことと見つけたり

と「葉隠」にあります。

http://fanblogs.jp/sa98lczu/daily/201307/11



最近、いつも死を意識して生きるように

心がけています。


新たな心境になっています。

様々な物が、これまでと違った見方になってきます。


新たな判断軸ができたと思います。

なぜ、もっと若いうちから、このような見方をしなかったのかな?と思います。


充実した人生を送るために、

自分の死を意識するのは、非常に有効です。


この「あなたのお墓は誰が守るのか」では、

死ぬ前に「心のエンディングノート」を書いておこうと言うのがあります。


1.故郷のこと
   ・・・自分の心の原点はどこにある?


2.幼かったころの思い出
   ・・・屈託の無いころ何をしていた?


3.父母の思い出
   ・・・自分にしてもらったのは何?


4.心に残る恩師
   ・・・人は一人で歩けない


5.あなたが打ち込んできた仕事のこと
   ・・・自分が主役、天職と信じればそれでよい


6.わが子に伝えたかったこと
   ・・・子供に伝えられないことは書いておけ


7.幸せだったあのころ
   ・・・幸せだった種をかき集めておけ


8.つらく苦しかったこと
   ・・・悲しみは時折ちらった眺めればよい


9.これまでの夢と、これからの夢
   ・・・夢とは、持ち続けること自体が目的である


10.この世に生まれてきたこと
   ・・・感謝の気持ちでこれまでを振り返れ


このエンディングノートは、毎年更新をすればよいと筆者は言っています。




希望ぴったりのお墓を気になる条件から探せる!
【いいお墓.com】

霊園・墓地探しに全国6600以上の物件を紹介する日本一のお墓の総合サイト
 
現地レポート件以上!実体験に基づく詳細な情報を確認出来ます。
お墓をピンポイントの条件で検索。コールセンターで無料相談もできます。
一度に多くの資料請求が可能。納得いくまで比較検討してください!


資料を一括請求◆お墓を比較検討




*私の地元の宇治市を調べてみると11件の墓地が出てきました。








「ポチッとな」はじめました。
面白い記事をがんばります。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネス起業・独立へ
にほんブログ村



この記事のURL

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。