QRコード
<< 2020年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
ファン
写真ギャラリー
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索

明日から試練の13連戦へ!

20200831-28310618-nksports-000-4-view.jpg

広島13連戦へ「打たないと勝てない」佐々岡監督

8/31(月) 18:14
配信

日刊スポーツ

広島佐々岡監督(2020年7月16日撮影)

広島が8月31日、1日から始まる13連戦へ向けて敵地・名古屋へ移動した。敵地での3連戦を終えた翌日は広島へ移動した日にナイターを行い、土日はデーゲーム。本拠地での7連戦後には、再び甲子園へ移動した日にナイターが待っている。最後は再びデーゲーム2連戦で締めくくりとなる過酷な日程。1日の休養を挟み、さらに9連戦が始まる。開幕から6連戦が続いた広島ナインにとって、後半戦最初の戦いが大きな正念場といえる。

佐々岡真司監督(53)は「投手を中心とした守り勝つ野球」を掲げる。今後も1点でも少なく、ミスをなくす意識は選手に求める。ただ、チーム事情に加え、蓄積疲労の影響を受ける夏場は打線が投手陣を引っ張る時期と捉えている。「きついのは分かるけど、打たないと勝てないだろう。投手を中心として守りの野球は基本だけど、やっぱり打って勝って勢いに乗りたいところ」。攻撃陣に上位浮上のけん引役を期待する。

リーグトップはDeNAに譲ったものの、リーグ2位のチーム打率2割6分5厘を残す。12球団で唯一、0封負けが1度もない。つながりは、ある。ただ、30日阪神戦のように序盤に大量失点しては機動力はつかえず、つなぎの攻撃もできない。攻撃陣の攻撃力も半減する。

投手陣に不安を残す今季は1点を先制した試合でも7勝9敗1分けと、負け越している。先制点が2点以上になると、10勝1敗1分けと勝率が一気に跳ね上がる。複数得点の援護で、試合の主導権を握ることが反攻の鍵となりそうだ。

13連戦では主力でも1試合以上はスタメンから外す方針のようだ。すでに西川、石原慶がコンディション不良で戦線離脱。打撃好調の堂林も29日阪神戦で左足首を痛め、翌30日は欠場した。先発投手も中6日の登板間隔を維持し、中継ぎ陣は基本は最大3連投。上位浮上へムチを打ちながらも、これ以上の離脱者を出さないことも求められる。

広島は24勝30敗6分けの5位でシーズンを折り返した。佐々岡監督は「1つずつ、まずは借金返さないといけない」と表情を引き締める。後半戦で、佐々岡広島の真価が問われる。


今季最大の試練が訪れます。明日9月1日から恐怖の13連戦がスタートします。今季のカープは、投打が噛み合わないままで公式戦前半を終了しました。ここまで噛み合わないのは、あのカープの暗黒時代以来ではないかと思います。

投手陣では、新外国人投手が機能しませんでした。DJ・ジョンソン投手は球に威力はあるものの、制球がばらつき、四球を連発しましたし、スコット投手はオープン戦までは無双のピッチングをしながらも、公式戦に入ると全くダメでした。現有勢力では、先発ではやはりK・ジョンソン投手の不調が響きました。床田投手も調子が上がらず、薮田投手の復活にも期待しましたが、現状は中継ぎに回っています。中継ぎでは、今までブルペンを支えてきた今村投手や一岡投手の調子が上がりませんでした。そして一番難しかったのは、抑え投手の起用です。この抑え投手の不在で、何試合落としたことでしょうか?現状はフランスア投手が戻ってきましたが、完璧ではありません。

しかし、今季先発にはドラ1ルーキーの森下投手や、遠藤投手が苦しい台所の中でも頑張っています。中継ぎにはケムナ投手、島内投手、そして塹江投手がブルペンを支えてくれています。新しい戦力も台頭してきています。

野手陣では、ドリヨシは「タナキク」の絶不調が大きいですね。田中広輔選手は膝の手術から順調に回復してきたものの、打撃が不振で、打率も2割を切りそうな状態です。菊池涼介選手も、打撃に粘りがなくなって、非常にたんぱくに感じられるようになりました。この「タナキク」で出塁し、クリーンアップで返すという、カープの得点パターンが全く機能しませんでした。今季は「タナキク」は解体されてしまってますが、ドリヨシ的には再びこのコンビが躍動して欲しいと思っています。

あとは打順が4番以外は固定できなかったのも良くなかったですね。そんな中で、新外国人のピレラ選手は、まずまずの活躍を見せてくれていると思います。ピレラ選手は6番か7番あたりでノープレッシャーの状態で打たせるのがベターだと思います。そして堂林選手も活躍を見せてくれています。堂林選手もクリーンアップを打たせるよりも、6番、7番あたりで打たせるのがいいと思います。

4番の鈴木誠也選手が最近打撃不振に陥っているのが気になります。甘い球を仕留める確率が下がって、打ち損じが増えています。ドリヨシ的にはバットが遠回りに出ている感じがします。なのでストレート系の球に差し込まれているようです。

いずれにしても、この13連戦で、カープの今季の位置が決まると言っても過言ではありません。理想はあくまで13連勝ですが、いまのチーム状態では望めません。しかし、首位読売の後ろ姿を見るためには、この13連戦は10勝3敗で乗り越えなくてはなりません。選手の皆さんも夏の疲れがあると思いますが、今季最大の山場ですから、全員一丸となって勝ちにこだわって欲しいです。優勝しろとは言いませんが、1試合でも多く勝ちゲームを見せてください!

野間選手が登録抹消。

20200831-28310401-nksports-000-6-view.jpg

広島野間が抹消 打率2割5分、39試合に出場

8/31(月) 15:30
配信

日刊スポーツ

広島野間峻祥(2020年3月10日撮影)

広島野間峻祥外野手(27)が31日、出場選手登録を抹消された。

野間は今季、ここまで39試合に出場し、打率2割5分、1打点、1盗塁も、26日DeNA戦から2試合続けて先発出場し、いずれの試合も安打を放つなど西川が離脱した外野で存在感を示していた。


野間選手に一体何があったのでしょうか。本文にもある通り、先日のDeNA戦から2試合スタメンで出場し、ヒットも放っていたのてすが、2軍に落とす悪い要素があったのでしょうか?ドリヨシ的には、コンディション不良で登録抹消になった西川選手の代役として、センタースタメンで起用し続けて欲しかっただけに、残念でなりません。何か首脳陣と選手の間で不協和音が発生しているのでしょうか?

佐々岡監督が提唱する「一体感」に歪みが起こっていない事を祈るのみです。
posted by ドリヨシ at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 選手

14回戦@マツダ 広島3−5阪神(延長10回) 中盤菊池涼介選手の3ランで追いつくも、延長でフランスア投手が2失点で敗戦。

20200830-00000611-sanspo-000-1-view.jpg

広島競り負け…佐々岡監督「1点を争う試合での四球はこういうことになる」

8/30(日) 22:47
配信

サンケイスポーツ

選手交代を告げる広島・佐々岡真司監督=マツダスタジアム(撮影・水島啓輔)

 (セ・リーグ、広島3−5阪神=延長十回、14回戦、阪神7勝5敗2分、30日、マツダ)広島が阪神に2連敗を喫し、2カード連続の負け越し。シーズンの折り返しとなる60試合目を終えた広島・佐々岡真司監督(53)のコメントは下記の通り。

 −−3−3の延長十回に投入した守護神・フランスアが先頭・近本への四球から2死一、二塁を招き、大山に決勝の2点三塁打を許した

 「ああいうところで投げる投手は先頭。相手ピッチャーとの違いはそこ。先頭打者というのはずっと言っている。1点を争うゲームでのフォアボールはこういうことになる」

 −−シーズンの半分となる60試合を終えた

 「チーム状態がよくないところでひとつずつ借金を返さないといけない」

 −−打線は3点のビハインドを追いついた

 「点が取れていない分、なかなか追い越せていないところ。先発が頑張らないといけない。いきなりの3失点は厳しい」

 −−後半戦の戦い方は

 「ピッチャーを中心の守る野球が基本だけど、打って勝って勢いに乗りたい」

 −−前日の試合中の守備で左足首をひねり、この日は欠場した堂林の状態は

 「大丈夫」


結果的には阪神に競り負けました。これで延長戦は2敗6分けで、勝ちがありません。接戦に弱いカープを象徴する数字ですね。

先発遠藤投手がいきなり阪神打線に捕まりました。1回表、内野安打と四球などで1アウト1、2塁とされると、阪神サンズ選手に左中間スタンドへ3ランを浴びて、先制を許してしまいました。渾身のストレートがアウトコース高めのやや中よりに入り、サンズ選手の打ち頃の球になってしまいました。たちまちマツダスタジアムは重苦しい雰囲気になりました。

しかし、遠藤投手は気持ちを切り替えて徐々に制球も安定してきました。2回から4回は3者凡退に打ち取りました。5回表には2アウト2、3塁のピンチを背負いましたが、阪神糸井選手をサードフライに打ち取り、ピンチを脱しました。

ピンチの後にはチャンスが来るては良く言ったもので、5回裏にチャンス到来です。阪神先発の秋山選手を攻めて、2アウト2、3塁から、菊池涼介選手が3球目を打って、レフトスタンドへ3ランを放ち、3−3の同点に追いつきました。最近の菊池選手のバッティングは上向きになってきているようです。菊池選手はパンチ力があるので、ここで打ってくれると思っていたのですが、本当に打ってしまいました。

遠藤投手は6回、7回も3者凡退に打ち取り、結局7回118球で4安打3失点の粘りのピッチングでした。2回以降、遠藤投手らしい内容で無失点だっただけに、初回の3ランがもったいなかったですね。

試合はその後両チーム譲らず延長戦に入りました。10回表、カープは守護神のフランスア投手が登板しました。が、先頭の阪神近本選手に四球を与え、続く阪神木浪選手が送りバントを決めて1アウト2塁。2アウト後、阪神サンズ選手を申告敬遠して2アウト1、2塁とされました。続くバッターは阪神大山選手です。フランスア投手としてはセカンドランナーを牽制しながら進めていくところです。そして、フランスア投手の投げた4球目を打って、右中間を破る2点タイムリー3ベースを放ち、ついに均衡が破れ、3−5とされました。カープファンの皆さんにとってはガクっと力が抜けた感じだと思います。ここでドリヨシは守備体勢を指摘します。2アウト1、2塁となったところで、外野は定位置で守るべきではなかったかと思います。バッターが阪神大山選手なので、大きい当たりが来る確率は高いと思います。実際にはカープは前進守備にしたのですが、2塁ランナーが阪神近本選手でかなりの俊足ですから、外野に抜けた当たりならば、間違いなく生還できるはずです。なので、ドリヨシとしては定位置がベストだったと思います。結果、定位置ならばライトフライでアウトのところが、前進守備だったが故に右中間を破られる形になりました。まあ、ベンチの指示でしょうから仕方ないですが…。

10回裏はカープに反発力はなく、阪神の守護神スアレス投手の前に3者凡退に終わり、試合終了となりました。

カープの勝てない日々が続きます。このままで2020年シーズンが終わってしまうのでしょうか。いつかは連勝を伸ばして、上位へ進出して、首位読売を慌てさせる展開にならないかなと思っていたのですが、そうも行きそうにないみたいです。9月1日からは恐怖の13連戦が始まります。チーム状態が良くない中での戦いになります。13連勝がベストですが、ドリヨシとしては最低でも7勝6敗で乗り越えて欲しいなと思います。とにかく勝つ試合が見たいです。

13回戦@マツダ 広島5−6阪神 中盤以降追い上げるもあと一歩及ばず。序盤の守備のミス響く。

20200829-00000122-dal-000-3-view.jpg

広島・大瀬良 わずか3回で降板 味方の守備ミスもあり7安打5失点

8/29(土) 19:22
配信

デイリースポーツ

 2回、小幡のスクイズの後に悪送球が重なり、一走・梅野(右)の生還も許して渋い表情の大瀬良(撮影・立川洋一郎)

 「広島−阪神」(29日、マツダスタジアム)

 先発した広島・大瀬良大地投手(29)は3回を7安打3三振、5失点(自責点4)で降板。味方の守備のミスもあった中、終始相手に主導権を握られる展開で、マウンドを降りた。

 初回を三者凡退に抑えたが、二回だった。1死二、三塁から一塁・松山の野選で1点を献上。なおも1死一、三塁から小幡のセーフティースクイズを松山が一塁に悪送球。ボールが右翼ファウルゾーンを転々とする間に2人の走者が生還した。

 三回は3連打で1点を失って、2死満塁から小幡の二塁への適時内野安打で追加点を奪われた。球数は三回で早くも71球に達し、苦心の投球を物語っていた。阪神戦は15日の一戦(京セラドーム)で黒星を喫しており、リベンジを期したマウンドだったが本来の姿を示すことはできなかった。


自ら勝てる試合を逃していては、上位進出は難しいでしょう。それもミスをしていては、カープの緻密な野球から程遠くなりますね。

先発は大瀬良投手でした。1回表は3者凡退に打ち取りましたか、2回表、2本のヒットなどで1アウト2、3塁のピンチを背負うと、続く阪神梅野選手がファーストゴロの当たりでした。松山選手が捕球してホームに投げましたが、3塁ランナーが生還して野選となり、0−1と先制されました。この場面、松山選手は無理してホームへ送球するより、1点取られても1塁をアウトにして2アウトにするべきだったかと思います。なおも1アウト1、3塁から、阪神小幡選手がセーフティースクイズをして3塁ランナーが生還して0−2に。さらにこの打球を捕球した松山選手が1塁に悪送球し、ボールが転々とする間に1塁ランナーも生還して0−3になりました。もし、2アウトを取っていたら、阪神小幡選手のセーフティースクイズはなかったと思いますし、最小失点で終わっていたと思います。松山選手を責める訳にはいきませんが、守り勝つカープの野球から程遠く感じました。

さらに3回表には、ヒット2本でノーアウト1、3塁のピンチを背負い、阪神サンズ選手にレフト前タイムリーを浴びて0−4。さらに2アウト満塁から、阪神小幡選手にセカンドへのタイムリー内野安打を浴びて0−5となりました。セカンドの羽月選手がセカンドゴロの当たりを右に寄って捕球して1塁へ送球しましたが、阪神小幡選手のヘッドスライディングがわずかに早く、内野安打となりました。羽月選手が阪神小幡選手が俊足であることをインプットしていたのか、疑問です。準備が足りてなかった可能性があります。

大瀬良投手は結局3回71球を投げて、7安打5失点で降板しました。今日は味方の守備のミスもありましたが、カープのエースですから、しっかり粘って欲しかったですね。

打線は阪神先発藤浪投手の前に3回まで無得点に抑えられました。しかし、4回裏、反撃が始まります。1アウト1、2塁のチャンスで、松山選手がレフト前タイムリーを放ち、1−5としました。なおも1アウト満塁のチャンスでしたが、會澤選手が空振り三振。田中広輔選手が見逃し三振に倒れ、チャンスを潰してしまいました。ここでもう1、2点入っていたら、展開が大きく変わっていたと思います。

5回裏は、ヒットと四球などでノーアウト2、3塁のチャンスとなり、羽月選手のピッチャーゴロの間に3塁ランナーが生還して2−5。さらに2アウト1、3塁から松山選手がレフト前タイムリーを放ち、3−5。さらにピレラ選手がライト前へタイムリーを放ち、4−5と1点差に迫りました。続く會澤選手が死球で2アウト満塁となったところで、阪神は藤浪投手を諦めて、2番手に岩貞投手を送り込みました。続く田中広輔選手はショートゴロに倒れ、またしてもあと1本が出ませんでした。

その後、カープは6回、7回と同点のチャンスは作りましたが、やはりあと1本が出ませんでした。

迎えた8回表、カープは5番手の薮田投手が登板しました。が、2アウト後、阪神近本選手にライトスタンドへソロホームランを浴びて、4−6とされました。カープにとってはかなり痛い1点となりました。2アウトランナーなしの場面、ホームランだけは打たれてはいけないところで打たれてしまっては話になりません。薮田投手自身、気持ちの準備が出来ていたのか疑問が残ります。もったいない失点でした。

9回裏、カープ最後の攻撃です。阪神は守護神のスアレス投手が登板しました。1アウト後、堂林選手が左中間を破る2ベースで出塁。スアレス投手の暴投で3塁へ進み、鈴木誠也選手のサードゴロの間に1点が入り、5−6と1点差になりました。しかし、松山選手がサードゴロに倒れ、万事休す。またしても1点差で敗れてしまいました。

やはり今日は守備のミスで負けたような感じでした。与えなくてもいい点を与えてしまっては、接戦で勝てるはずがありません。投手では、薮田投手が気になります。考えながらピッチングをしているのか、状況判断をしているのか疑問です。ただ投げているように感じました。野手では田中広輔選手が心配です。打率が2割を切りそうな状況で、このまま1軍に帯同させていいのか、そろそろ決断しなくてはいけないでしょうね。

明日のカープの先発は遠藤投手です。前回読売戦では7回1失点の好投と、最近は安定してきています。阪神は秋山投手ですから、おそらくこの2人の投手戦が予想されます。今日のようなミスは絶対にできません。緻密な隙のない野球を期待したいです。
プロフィール
ドリヨシさんの画像
ドリヨシ
プロフィール
リンク集

ネットショッピングのポイントが実質3倍になる方法!?
すでに600万人以上が得をしているポイントサイト「ECナビ」をはじめるべき5つの理由!

▼登録無料!まずは登録してみよう!▼

--------------------------------------------------------

1. ECナビはポイント還元率業界トップクラス!
ネットショッピングが圧倒的にお得に!

普段のお買い物でも、購入金額に応じてお店のポイントがもらえたりしますよね。よりたくさんのポイントがもらえるよう、ポイントアップキャンペーンなどの日を狙って買い物する、という人も多いんじゃないでしょうか?

実はECナビを経由してネットショッピングをすると、ショップポイント(お店のポイント)とは別にECナビポイントももらえます!つまりポイントの2重取りが可能!

●例えばポイント還元率1%のお店の場合
ショップポイント1% + ECナビポイント1% =実質ポイント2倍!

●さらに支払いにポイント還元率1%のクレジットカードを使うと・・・
ショップポイント1% + ECナビポイント1% + クレジットカードポイント1% =実質ポイント3倍!

それぞれのポイント還元率はショップや時期によっても変わってきますが、毎回のショッピングでポイントの2重取り、3重取りが可能!

ECナビはポイント還元率が業界トップクラス!
いつものネットショッピングもECナビから行うだけで、劇的にお得に!!

▼ECナビへの無料登録はこちら▼
https://ecnavi.jp/invite?id=djqpo&ref=61

--------------------------------------------------------

2. ECナビならカード発行の特典も2重取り!
大量ポイント案件で一気にポイントを貯めよう!

ECナビは、カード発行などでのポイント還元も業界トップクラスなことで有名です。

ECナビからカード発行をすれば、カード会社の特典に加えて、ECナビポイントももらえます。キャンペーンで1万円以上相当のポイントがもらえることも!

ほかにも、ECナビには大量ポイントがもらえる案件がたくさん。
お得なキャンペーンも多くあるので、要チェックです!

▼ECナビへの無料登録はこちら▼
https://ecnavi.jp/invite?id=djqpo&ref=61

--------------------------------------------------------

3. ECナビポイントをマイルに交換すれば月間20,000マイルも夢じゃない!?知る人ぞ知る毎年タダで海外旅行に行く方法とは

ECナビポイントは現金をはじめさまざまな交換先が用意されていますが、最終的には航空会社のマイルにも交換することが可能です。

飛行機にまったく搭乗せずに年間30万マイル貯める人も!?

ポイントをたくさん貯めてマイルに交換、ビジネスクラスでのリッチな海外旅行を目指そう!

▼ECナビへの無料登録はこちら▼
https://ecnavi.jp/invite?id=djqpo&ref=61

--------------------------------------------------------

4. 「カード発行とかハードルが高すぎ・・・」でも大丈夫!
ECナビなら毎日ポイントが貯まるコンテンツがいっぱい!
実質無料の飲食モニターや商品モニターも!

ECナビにはショッピングやカード発行以外にも手軽にポイントが貯まるコンテンツがたくさんあります。

たとえば・・・

●簡単なアンケートに回答するだけ
企業から届く簡単なアンケートに回答するだけでポイントがもらえます。
あなたの回答が企業のマーケティングに反映されるかも!?
また、座談会形式のアンケートは報酬が高額なのでガッツリ稼げます。

●簡単なミニゲームに参加するだけ
楽しい釣りやクレーンゲームなど、簡単に遊んでポイントがもらえます。

●アプリのダウンロードやお得なサービスに無料会員登録をするだけ
スマホのアプリをダウンロードしたり、無料会員登録や資料請求をするだけでポイントがもらえます。

●モニター体験でも
飲食店をはじめビューティー、お買い物など様々なモニター体験でポイントがもらえます。100%還元の案件なら実質無料!?

その他にもさまざまなコンテンツでどんどんポイントが貯まります!

▼ECナビへの無料登録はこちら▼
https://ecnavi.jp/invite?id=djqpo&ref=61

--------------------------------------------------------

5. 「そんなうまい話あるわけない・・・あやしいんじゃないの?」
ECナビは600万人以上が利用する運営実績10年以上の超優良ポイントサイトの一つです!

「ポイントサイトっていろいろあるけど、怪しくない?」
「なんか面倒くさそう」
そんなイメージを持っていませんか?

ECナビは運営実績10年以上、上場企業の100%子会社が運営する超優良ポイントサイトの一つです。
プライバシーマークも取得しているので安心安全にポイントが貯められます。

▼ECナビへの無料登録はこちら▼
https://ecnavi.jp/invite?id=djqpo&ref=61

--------------------------------------------------------

★さらに、いまなら・・・★

記事内リンクからの会員登録と本人認証完了で、「ECナビポイント500ポイント」をもれなくプレゼント!

いろいろなペースで稼げちゃうポイントサイト「ECナビ」!ポイントを貯めてお小遣い稼ぎをしたい人には絶対オススメです♪

▼登録無料!まずは登録してみよう!▼

毎日貯まるポイントサイト ECナビ