<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
ファン
写真ギャラリー
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索

2019年05月31日

10回戦@マツダ 広島2−1阪神(延長11回サヨナラ) 野間選手劇的サヨナラ打!月間20勝で球団記録を更新!

1559308289648571309064.jpg
1559308386261494379059.jpg

広島野間サヨナラ打で月間20勝!阪神能見が初黒星
5/31(金) 22:02配信

月間20勝達成した広島の5月カレンダー

<広島2−1阪神>◇31日◇マツダスタジアム

序盤は両先発の投げ合いの滑り出し。3回まで広島床田は完全投球。阪神西は2安打無失点。広島は1回1死一、三塁を生かせず。

広島は5回に菊池涼の中前適時打で先制した。阪神は広島の先発床田に対して6回まで4安打で二塁を踏んだのは1度だけ。

阪神は9回、広島の守護神中崎を攻め、2死一、三塁から6番梅野が左前適時打。1−1の同点に追いつき、延長に突入した。

阪神は9回、梅野が同点打。延長11回、広島は野間の右越え安打でサヨナラ勝ち。4連勝で月間勝ち星を20に伸ばした。

阪神能見が1敗目。

今日は広島先発の床田投手、阪神先発の西投手の息詰まる投手戦でした。床田投手は5月に入って床田投手らしくないピッチング内容になっていたので、ドリヨシ的にはスタミナが切れてきたのかと心配していましたが、今日のピッチングはそんな心配を払拭する、素晴らしい内容でした。球は低めに制球され、ストレートには伸びがあり、変化球もキレていました。
3回まではパーフェクトピッチングでした。5回表には連打を浴びて2アウト1、2塁とされましたが、西投手を空振り三振に打ち取り、ピンチを脱しました。

打線は5回裏、1アウトから床田投手が四球で出塁し、続く野間選手のサードゴロで2アウト2塁となり、菊池涼介選手が阪神西投手の2球目を弾き返し、センター前にタイムリーを放ち、1−0と待望の先制点が入りました。菊池選手の得点圏打率は4割越えで、今日も勝負強さを発揮しました。

床田投手は4回以降は毎回安打でランナーを出しましたが、粘りのピッチングで無失点に抑えました。結局7回99球を投げて5安打無失点の好投で後続に託しました。

8回はフランスア投手が3者凡退に打ち取り、いよいよ9回にはいります。

9回表は抑えの中崎投手が登板しました。で、今夜も「中崎劇場」が開演しました。先頭の阪神上本選手がレフト前ヒットで出塁。続く阪神糸井選手、大山選手は倒れて2アウト1塁となり、これで逃げ切れるかと思ったのですが、代打の阪神高山選手がライト前ヒットでつなぎ、2アウト1、3塁とされ、続く阪神梅野選手がレフト前へタイムリーを放ち、土壇場で1−1の同点になってしまいました。床田投手の6勝目が消えてしまいました。中崎投手もプレッシャーはあると思いますが、絶対に得点を許してはいけません。それだけの年俸をもらっているのですから…。中崎投手だけは今夜は反省ですね。

試合はそのまま延長戦に突入しました。そして迎えた延長11回裏、阪神6番手の能見投手を攻め、2アウトランナーなしから、上本選手がレフト前ヒットで出塁。続く代打磯村選手が四球を選び、1、2塁とチャンスを迎えます。続く野間選手が阪神能見投手の変化球に苦しみながらも、5球目を打って、ライトオーバーのタイムリーを放ち、劇的なサヨナラ勝ちを決めました。

これで広島は4連勝で貯金を今季最大の13にしました。さらに、月間勝利数は20となり、球団記録を更新しました。首位攻防戦の初戦を取れたのは非常に大きいですね。明日以降にも勢いがつきそうです。

明日はデーゲームです。広島先発はジョンソン投手です。今季はデーゲームに強いジョンソン投手なので、明日も期待していいと思います。阪神は岩田投手です。正直、投げてみないとわからない部分がありますが、かろうじてゲームを作っているようです。明日は広島の右バッターに注目ですね。明日も勝ってカード勝ち越しを決めましょう!

2019年05月30日

11回戦@神宮 広島13−0東京ヤクルト 打線大爆発16安打13得点!山口投手7回無失点でプロ初勝利!月間勝利数球団新記録!

15592200243131024470323.jpg

若鯉あっぱれ!2年目20歳の右腕・山口、プロ初先発で7回2死までノーヒット投球 圧巻の初勝利
5/30(木) 21:30配信

<ヤ・広>7回を1安打無失点の好投を見せた山口(右)をベンチでねぎらう緒方監督(撮影・村上 大輔)

 ◇セ・リーグ 広島13―0ヤクルト(2019年5月30日 神宮)

 広島の2年目右腕・山口翔投手(20)がヤクルト戦(神宮)でプロ初先発。7回2死までノーヒットノーラン投球を見せる快投を見せ、7回1安打無失点でプロ初勝利を挙げた。

 熊本工から2017年ドラフト2位で入団。5月7日の中日戦(ナゴヤD)でデビューしてからこれまで3試合にいずれもリリーフ登板し、計4イニングを無失点。4度目の登板で初めて巡ってきた先発の機会はチームにとって球団新記録となる月間19勝目がかかったマウンドとなったが、20歳の若鯉は動じなかった。

 初回から140キロ台後半の速球とスライダーを駆使して快調に飛ばした。13連敗中のヤクルト打線は3回開始前には早くもベンチ前で円陣を組んだが、1死から中村が四球を選んだだけ。7回2死から22人目の打者となった同郷・熊本の同学年・村上のバットをへし折りながらも左前打されて大記録は逃したが、続くバレンティンを空振り三振に斬って取り、8回の攻撃で代打が出て降板となった。

 山口の投球内容は7回で打者23人に対して95球を投げ、1安打無失点。8三振を奪い、与えた四球は1つだった。

今日の試合は打線の爆発もありますが、何と言っても山口投手のピッチングでしたね。

山口投手は初回から力投を見せました。ストレートには伸びがあり、ヤクルトの各打者が押されていました。スライダーも横に鋭く変化していましたし、時より織り混ぜるカーブも有効に決まっていました。ドリヨシの当初の予想では、ある程度の失点は覚悟していたのですが、それを覆すナイスピッチングを展開しました。

なんと7回2アウトまでノーヒットピッチングで、もしかしたらと思い始めたところ、ヤクルト村上選手に詰まりながらもレフト前にヒットを打たれ、ノーヒットノーランの記録はなくなりました。しかし、山口投手は7回95球を投げて1安打無失点の完璧な内容でした。カープに新たな戦力が誕生しました。今日は文句のつけようがない内容でしたが、いつも調子がいい訳ではありません。調子が悪い時にどんなピッチングをするのか注目したいですね。しかし、まずは6番目の先発ピッチャーが決まったのが嬉しいですね。順調に行けば、来週6月6日の交流戦の西武戦に先発でしょうから、今から楽しみです。プロ初勝利おめでとうございます!

さて、打線ですが、初回からヤクルト小川投手に襲いかかりました。2アウトランナーなしから、バティスタ選手がライトスタンドへソロホームランを放ち、1点を先制しました。最近のバティスタ選手は右方向へヒット勢の打球が増えて、確実性が増しました。恐るべき3番バッターになりつつありますね。続く鈴木選手、西川選手がヒットでつなぎ、続く今日スタメンの磯村選手が左中間への2点タイムリー2ベースを放ち、この回3点を先制しました。このタイムリーはチームにとっても、山口投手にとっても非常に大きかったですね。

4回表はここも2位 アウトランナーなしから、野間選手が左中間への2ベースで出塁すると、菊池選手がレフト前へタイムリーを放ち、4−0としました。

5回表は田中選手がライト前にタイムリーを放ち5−0。ここでヤクルトは2番手に久保投手に代わりましたが、代打小窪選手がレフト線へのタイムリー2ベースを放ち6−0。さらに山口投手の三振振り逃げで3塁ランナー生還で7−0としました。

6回表はヤクルト3番手の風張投手から、田中選手がバックスクリーンへ3ランを放ち、10−0とし、ほぼ試合を決めました。

7回表は西川選手のファーストゴロの間に1点を挙げて11−0になりました。

9回表はヤクルト4番手の山中投手から、バティスタ選手がこの日2本目となる2ランをレフトスタンドに運び、13−0とし、ダメのダメを押しました。

リリーフは8回は菊池保則投手、9回は中村恭平投手が無失点に抑え、見事完封リレーで大勝しました。

これで今月の勝利数が19となり、月間最多勝利数の球団新記録を更新しました。今月は4つしか負けてないです。あの借金8あった頃を考えると、信じられない程のV字回復ですね。今の広島東洋カープは12球団一強いと思います。

さて、明日からはマツダスタジアムで阪神との3連戦です。首位攻防戦になります。広島の先発は床田投手です。前回読売戦では5回7安打3失点で勝利投手になっています。ここ最近はスタミナが少しなくなっているのか、5回、6回で降板しています。なので、6回を目指して力投してくれたらと思います。今は強力リリーフ陣がいますから、大丈夫です。阪神は西投手です。西投手はツボにはまったら手がつけられない感じになりますが、一度リズムが崩れると脆いところがあります。今の広島打線ならば、粘り強く攻めることが可能ですから、攻略は出来ると思います。

今日は改めて山口投手、おめでとうございます!

「ムームードメイン」独自ドメイン

★☆★☆★☆ 格安ドメイン取得サービス!ムームードメイン ☆★☆★☆★
なんと一番安いドメインだと年間920円(税抜)から!おこづかいで買えちゃう。
人気の《.com》や《.net》は年間1,280円(税抜)、《.jp》 は年間2,840円(税抜)です。
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TADQC+EDDQ8Q+348+1BQBKJ


posted by ドリヨシ at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 広告

2019年05月29日

10回戦@神宮 広島5−3東京ヤクルト 鈴木選手3打点&好走塁!大瀬良投手粘投で5勝目!両リーグ最速30勝!

15591374387361988230583.jpg

大瀬良トップタイ5勝目 ヤクルト戦11連勝も「会沢さんがうまくリードしてくれた」「ファンのおかげ」
5/29(水) 22:16配信

<ヤ・広>7回を投げ切って笑顔の大瀬良(撮影・篠原岳夫)

 ◇セ・リーグ 広島5―3ヤクルト(2019年5月29日 神宮)

 広島のエース大瀬良大地投手(27)がヤクルト打線を7回5安打3失点に抑えてハーラートップタイとなる今季5勝目(2敗)をマーク。新人時代の2014年からヤクルト戦は無傷の11連勝となった。

 球団の同一カード連勝記録は山内泰幸が1995年から97年にかけてマークした巨人戦10連勝が最多。対戦相手は違うが、大瀬良はそれを超えた。

 味方打線が初回に主砲・鈴木の中越え15号2ランで先制。だが、その裏、大瀬良は村上に右越え14号3ランを浴びて逆転を許した。「初回からやってはいけないような形で点数を取られてですね、どうしようと思ったんですけども。もう割り切らせてもらって…粘り強く投げていって援護を待とうと。そういう気持ちで投げました」。その結果、2回から7回までは散発2安打に抑えて得点を許さず。無四球でゴロの山を築き、勝利をものにした。

 「打たせて取るところはうまく打たせて取れましたし、調子は良くなかったんですけど、会沢さんが本当にうまくリードしてくれてきょうの結果があると思っています」と女房役の会沢翼捕手(31)に感謝した大瀬良。降雨により約30分間の中断もあったが「あれだけの大降りだったんですけど、こうやって最後まで残ってくださったファンの皆さんの声援のおかげで何とか勝つことができました。ありがとうございます」とファンへの感謝も忘れなかった。

 これでヤクルト戦は無傷の11連勝となったが「秘訣はないんですけど」と謙そん。「本当に、たくさん打たれてしまった試合でも味方が打ってくれて逆転勝ちできた試合もありましたし、本当にチーム一丸となってその勝ちが伸びているんだと思います」と最後まで感謝、感謝の奥ゆかしいエースだった。

今日も接戦を制する事ができました。大瀬良投手の粘りのピッチングが勝利をもたらしました。

広島は1回表、ヤクルト先発の高橋投手を攻め、四球で出塁したバティスタ選手を1塁に置いて、鈴木選手がバックスクリーンへ2ランを放ち、さい先よく2点を先制しました。

大瀬良投手が投げる試合だけに、これで試合の主導権を握ったかに思いましたが、そんなに甘くはなかったです。1回裏、ヒット2本で1アウト2、3塁のピンチを招き、ヤクルト村上選手に右中間スタンドへ3ランを浴び、2−3と逆転を許しました。

しかし、大瀬良投手はそこからピッチングを修正して、2回、3回、4回と無失点に抑えました。

打線は5回表にワンチャンスをモノにしました。先頭の大瀬良投手がレフト前にヒットで出塁しました。この大瀬良投手のヒットが結果的に大きいものとなりました。続く野間選手が四球で1、2塁に。菊池涼介選手がピッチャーゴロの併殺崩れで1アウト1、3塁となりました。

ここで雨がひどくなり、約30分の中断になりました。この中断が広島にどう影響するのか注目でしたが、良い方に傾きました。続くバティスタ選手は空振り三振に倒れ、2アウト1、3塁になりました。ここで流れをぐっと引き寄せたのは鈴木選手でした。鈴木選手は5球目を打って、バットを折りながらレフト線へのタイムリー2ベースを放ち、3−3の同点に追い付きました。なおも2、3塁のチャンスから、西川選手がショートへのタイムリー内野安打を放ち、3塁ランナーの菊池涼介選手が生還。ファーストのヤクルト村上選手が倒れ込んでいる隙に、セカンドランナーの鈴木選手も好走塁で生還し、2点タイムリー内野安打となりました。これで5−3と逆転しました。

大瀬良投手は5回、6回、7回とヤクルト打線を無失点に抑える粘りのピッチングを展開しました。さすが広島のエースですね。

8回裏は2番手のフランスア投手が抑え、そして9回裏、今夜も「中崎劇場」が開演しました。

9回裏、1アウト後にヤクルト坂口選手、続く代打のバレンティン選手に連続四球を与え、1、2塁のピンチを招きました。ここで中崎投手のギアが上がったのか、続くヤクルト中村選手は見逃し三振。荒木選手はセカンドフライに打ち取り、試合終了。5−3で逃げ切りました。

これで大瀬良投手は5勝目。同一球団からの連続勝利を11に伸ばし、これまでの球団記録だった山内泰幸投手が読売戦での連続勝利の10を更新しました。そしてチームは両リーグ最速の30勝目で貯金は今季最大の11になりました。2位阪神に3ゲーム差になっています。さらに、チームの月間勝利数が18となり、球団記録タイになりました。それだけ今月の広島はすごいということですね。

さて、明日は月間勝利数記録新記録をかけての試合になります。広島の先発は2年目の山口投手がプロ初先発になります。持ち前のキレのあるストレートがヤクルト打線にどのくらい通用するか、楽しみです。とにかく全力で勝負して欲しいですね。ヤクルトは小川投手です。前回中日戦では6回6安打3失点で敗戦投手になっています。明日は山口投手のためにも、大量援護を期待します。

2019年05月28日

9回戦@神宮 広島8−7東京ヤクルト 打線16安打8得点で乱打戦を制す!レグナルト投手3勝目!

15590513034931208813009.jpg

広島月間17勝球団記録に王手 週4先発の会沢2発
5/28(火) 22:36配信

ヤクルト対広島 8回表広島1死、中越え本塁打を放つ合沢(撮影・横山健太)

<ヤクルト7−8広島>◇28日◇神宮

広島が今季最多16安打でヤクルトに打ち勝ち、月間18勝の球団記録に王手をかけた。

6番で先発した会沢翼捕手(31)が2回の同点5号ソロに続き、8回に点差を2点に広げる6号ソロ。乱打戦となる中、最後まで主導権を渡さなかった。26日巨人戦に敗れ連勝は11で止まったが、強力打線の勢いは止まりそうにない。

7−6の8回1死。会沢がマクガフのカットボールを完璧に捉えた。高々と上がった打球が中堅左に吸い込まれる。勝利を大きく引き寄せるこの日2発目の6号ソロ。感触をかみしめるようにゆっくりとベースを1周し、ベンチで笑顔のチームメートに迎えられた。

出番は限られている。ジョンソンが先発するときは石原がマスクをかぶり、アドゥワなら磯村が女房役を務める。正捕手ながら会沢のスタメン出場は現状、週4日が基本だ。それでも、守りでは細心のリードで投手を導き、打っては強打でアシスト。途中出場でもチームとともに戦う姿勢は変わらなかった。3戦ぶりの先発で、みなぎる力をバットに込めた。

流れを引き寄せたのも会沢だった。1点を追う2回1死走者なし。ヤクルト先発原からバックスクリーンに5号ソロをたたき込んだ。「打ったのはツーシーム。後ろにつなぐ気持ちでいきました。上からしっかりたたくことができました」。チームにエネルギーを吹き込んでいた。

これで勢いに乗った打線は連打あり、盗塁ありの波状攻撃でたたみかけた。3回に打者1巡で3点を奪取。続く4回も打者1巡で3点を奪い、早くも先発野手全員安打を達成した。4回に猛反撃で1点差に詰められたが、8回の会沢の1発で再び突き放した。今季最多16安打を浴びせ、最後は1点差で逃げ切った。

これで、5月は17勝4敗1分け。94年8月に記録した球団月間最多記録の18勝に王手をかけた。26日巨人戦に敗れて連勝は11で止まったが、打線の勢いは増すばかり。赤ヘルがまた、走り始めた。【村野森】

試合前半は乱打戦で点の取り合いで、後半は1点を争うドキドキの展開でしたが、最後はなんとか逃げ切りました。

前半野村投手はヤクルト打線との相性が悪いのか、立ち上がりからピリッとしませんでした。

1回裏、1アウト1塁から、ヤクルト山田選手に左中間フェンス直撃のタイムリー2ベースを浴び、0−1と先制されました。

しかし、2回表、ヤクルト先発の原投手から、會澤選手がバックスクリーンへソロホームランを放ち、1−1の同点に追い付きました。先制を許した直後にすぐ追い付いたのは良かったですね。

さらに3回表には、鈴木選手がセンター前へタイムリーを放ち、2−1と逆転しました。続く西川選手はセカンドへのタイムリー内野安打で3−1。田中選手がライト線へのタイムリー2ベースで4−1とリードを広げました。田中選手は一時のスランプは脱した感じがしますね。恐怖の8番打者になりつつあります。

さらに4回表は、バティスタ選手がレフト前へタイムリーを放ち、5−1。西川選手がセンター前へタイムリーで6−1。田中選手のショートゴロの間に1点で7−1とし、試合の主導権を完全に握ったかと思われました。

ところが野村投手がヤクルト打線に捕まります。ヤクルト山田選手にバックスクリーンへソロホームランを浴び7−2。村上選手にライトスタンドへ2ランを浴びて7−4となりました。1アウト後、連打を浴びたところで野村投手は降板しました。今日の野村投手は4回途中63球で7安打4失点でした。ヤクルト打線への苦手意識が表情にも出ていたのが心配です。先週の中日戦の素晴らしいピッチングが嘘のようでした。先発ピッチャーが苦手球団を作ってはいけませんね。2番手に九里投手が登板しましたが、ヤクルト青木選手にライト前へ2点タイムリーを浴び、ついに7−6と1点差になりました。

その後ゲームは膠着状態になり、1点を争う展開になりました。

迎えた8回表、ヤクルト6番手にマクガフ投手が登板しましたが、會澤選手が今日2本目となるソロホームランをバックスクリーン左へ運び、8−6となりました。このホームランはとても価値あるものとなりました。

8回裏、5番手のフランスア投手が捕まります。2つの四球で2アウト1、2塁から、ヤクルト中村選手がレフト前へタイムリーを放ち、8−7と再び1点差になりました。

そして、恐ろしい9回裏です。今夜も「中崎劇場」が開演しました。1アウト後、ヤクルト山田選手に死球、坂口選手に四球で1、2塁のピンチを招きました。この時点でドリヨシはかなりネガティブに考えていました。次の打者がヤクルト村上選手だけに、逆転サヨナラもあり得るなと…。しかし、村上選手をカウント1−2から空振り三振に打ち取りました。しかし、ヤクルト雄平選手に四球を与え、2アウト満塁の一打サヨナラの大ピンチになりました。ここでバッターはヤクルト奥村選手です。奥村選手はカウント0−2から空振り三振に打ち取り、試合終了。なんとか8−7で逃げ切り、今夜の「中崎劇場」は終わりました。

これで貯金は再び二桁の10となり、3番手に登板したレグナルト投手が3勝目を挙げました。5月の勝ち数は17となり、月間18勝の球団記録に王手をかけました。

明日の先発はエース大瀬良投手です。前回中日戦は3安打1失点完投勝利を挙げています。が、前回マツダスタジアムでのヤクルト戦では6回7安打4失点でした。強力ヤクルト打線を大瀬良投手がどれだけ抑えるかですね。ヤクルトは高橋投手です。前回阪神戦は5回4安打1失点でした。だいたい5回から6回で降板していますので、明日は序盤からしっかり得点していきたいですね。

高速・高機能・高安定レンタルサーバー【エックスサーバー】

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[PR]━┓
 高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』
 ─────────────────────────────────
・月額900円(税抜)から、大容量200GBからの高コストパフォーマンス
・安定のサーバー稼働率99.99%以上
・高速性を重視し、最新20コアCPU(Xeon E5シリーズ)+192GBメモリ
 +RAID10を採用!
・幅広いバージョンのPHPやSSHに対応!
・初心者でも安心の24時間365日メールサポート!
 ─────────────────────────────────
  https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TADQC+GC8B8A+CO4+5ZU2B
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


posted by ドリヨシ at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 広告
プロフィール
ドリヨシさんの画像
ドリヨシ
プロフィール
リンク集
通販サイトや店舗での決済をd払いにすると、 dポイントが貯まる&使えるお得で便利なドコモの決済サービス。 ドコモ回線ではない方も、アカウントを作れば利用可能です! 以下はd払い可能なサイトです。