<< 2019年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
ファン
写真ギャラリー
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索

2019年04月30日

4回戦@甲子園 広島3−8阪神 アドゥワ投手自滅5回3失点。バティスタ選手プロ野球平成最後の3ランを放つ。

1556626999871354807802.jpg

広島バティスタ「コンパクトに」3戦連発4号3ラン
4/30(火) 21:16配信

阪神対広島 8回表広島2死一、三塁、バティスタは左越え3点本塁打を放つ(撮影・加藤哉)

<阪神8−3広島>◇30日◇甲子園

広島サビエル・バティスタ外野手(27)が3戦連発となる4号3ランを放った。6点を追う8回2死一、三塁。阪神2番手島本のストレートを、130メートル先の左中間スタンドにライナーで突き刺した。

「狙い球をしぼって、しっかりとコンパクトにスイングすることができた」と話した。

またしても広島東洋カープは自滅で敗れてしまいました。もったいない試合でした。

先発アドゥワ投手は、立ち上がりから制球に苦しみ、1回裏に先頭から3連続四球でノーアウト満塁の大ピンチになります。1アウト後、阪神福留選手に四球を与え、押し出しで1点先制されました。ノーヒットで1点を失ない、 今日も重苦しい展開になりました。

2回裏には、先頭阪神梅野選手がショートゴロを打ちましたが、田中選手がエラーして出塁を許しました。これをきっかけに阪神糸原選手にレフト前タイムリーを浴びて、0−2とされました。ここまでの2点は防ぐ事ができた2点です。非常にもったいないですね。

4回裏は阪神木浪選手と近本選手の長打で1点失い、0−3とされました。

結局アドゥワ投手は5回を投げて105球、4安打ではあったのですが、6四球を与え、3失点でした。ドリヨシ的にはよく3点で終わったなという内容でした。アドゥワ投手のコメントには、コースを狙い過ぎたとあったそうですが、確かにそれはあったと思います。次回はもっとダイナミックなピッチングを期待します。

7回裏、2番手の藤井投手が捕まりました。ノーアウト2、3塁のピンチから、阪神福留選手にセンターオーバーの2点タイムリー2ベースを浴び、0−5。さらに梅野選手の犠牲フライで0−6とされ、ほぼ試合が決まりました。

8回表、阪神2番手島本投手から、バティスタ選手が左中間スタンドへ3ランを放ち、3−6としました。このバティスタ選手のホームランが平成最後のプロ野球のホームランとなりました。ちなみに平成最初のホームランは読売の原選手でした。

3点差に追い上げた直後の8回裏、3番手矢崎投手が阪神糸原選手にライト線に2点タイムリー3ベースを浴びて、3−8とされ、ダメを押されました。

そのまま試合は終了。広島は3連敗で借金は3になりました。順位も単独5位になりました。どうも波に乗れません。投打のバランスが悪くなっています。特に攻撃面ですね。1番田中選手はもうやめましょう。連続フルイニング出場の記録もあるでしょうが、もうそんな事は言ってられないと思います。5番松山選手もやめましょう。バッティングがバラバラです。安部選手も考えましょう。思い切って若手の選手を使ってみるとかするべきです。ドリヨシ的には、2軍で頑張っている選手をどんどん1軍で使って欲しいです。プロの世界は常に競争の世界です。なんとかの一つ覚えで打てない選手を固定させることは、他の選手にも悪影響だと思います。

さて、明日はデーゲームです。広島は野村投手です。前回中日戦では7回無失点の好投でした。明日もナイスピッチングで連敗を止めてくれるはずです。阪神は才木投手です。前回DeNA戦では6回途中1失点と好投しています。明日は接戦になりそうですが、なんとか競り勝って欲しいです。

格安航空券サイト「エアトリ」国内格安航空券販売

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□格安航空券をお探しの方必見!
・最大当日1時間前までご予約可能!                 
・全国発着の航空券が驚きの価格!!
・国内航空券ならなんでもおまかせ!

□国内格安航空券サイト「エアトリ」
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=35B8S7+5U623E+AD2+60OXF
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


posted by ドリヨシ at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 広告

2019年04月29日

6回戦@神宮 広島4−7東京ヤクルト 投手陣今季ワースト10四球。下水流選手痛恨の落球で試合決まる。

15565414963552114786414.jpg

カープ連敗 平成最後の神宮決戦は今季ワースト10四球…4月中の5割復帰は消滅
4/29(月) 21:35配信

 2回、中村に2ランを浴びた九里(撮影・棚橋慶太)

 「ヤクルト7−4広島」(29日、神宮球場)

 広島が平成最後の神宮決戦で連敗を喫し、4月中の5割復帰の可能性が消滅した。投手陣は今季ワーストの10四球とリズムに乗ることができなかった。

 前夜、ヤクルトの一発攻勢に沈み、連勝が8でストップ。仕切り直しの一戦で、3番に起用したバティスタが初回に3号ソロを放つ上々の立ち上がり。しかし先発の九里がピリッとしない。二回に中村に2号2ランで逆転を許すと、再度1点リードとした四回には村上に6号同点ソロを浴びる。3−3の五回に連続四球で1死一、二塁とすると途中降板を告げられた。ここで2番手・レグナルトが代打荒木に勝ち越しの適時打を浴びる。

 六回には左翼で今季初スタメンの下水流が痛恨の落球。2点を失った。

 四回に3号ソロを放った会沢が八回に左前適時打で2点差に迫ったが、反撃もここまで。12連戦最初のカードの負け越しが決まり、借金も再び「2」に広がった。

 ヤクルトは6安打ながら2本の本塁打と10四球を生かして効果的に加点した。2番手で2イニングを無失点で切り抜けた五十嵐が今季4勝目。チームは貯金を「4」に増やし、この日敗れた首位・巨人を1・5差で追う。

今日の試合は、ある意味自滅の試合でした。今季序盤のミスによる悪い流れが戻ってきた感じがしました。

広島は初回、ヤクルト先発の石川投手からバティスタ選手がレフトスタンドへソロホームランを放ち、1点先制しました。

2回裏、先発の九里投手が2アウトからヤクルト村上選手に四球を与え、続く中村選手にレフトスタンドへ2ランを浴びて、1−2と逆転されました。無駄な四球がきっかけで2失点は痛いですね。

3回表、先頭の九里投手がサードゴロエラーで出塁をきっかけに、鈴木選手がレフト前へタイムリーを放ち、2−2の同点としました。

4回表には、會澤選手が左中間スタンドへソロホームランを放ち、3−2と再びリードしました。

しかし、九里投手がピリッとせず、その裏にヤクルト村上選手にレフトスタンドへソロホームランを浴びて3−3の同点とされました。

5回裏も九里投手は悪く、2者連続四球で1、2塁のピンチを招きます。1アウト取ったところで2番手のレグナルト投手に代わりました。が、2アウト後、ヤクルト荒木選手にレフト前にタイムリーを浴びて、3−4と勝ち越されました。

そして、問題の6回裏がやってきました。ピッチャーは3番手に菊池保則投手に代わりました。しかし、四球2つで2アウト1、2塁のピンチを招き、バッターはヤクルトバレンティン選手です。6球目を打って、打球はレフト正面のライナーでした。ドリヨシも、これで3アウトかと思いましたが、下水流選手がまさかの落球。2者が生還して3−6となりました。これは冗談じゃないほど痛恨のエラーでした。投手が四球を連発して、守備のリズムにも影響していたのかもしれませんが、あの打球は捕ってもらわないと…。

8回表にはヤクルト4番手近藤投手から會澤選手がレフト前にタイムリーを放ち、4−6と追い上げましたが、その裏広島5番手矢崎投手が、ヤクルト田代にライトへの犠牲フライを打たれ、4−7とされました。

9回表、ヤクルト抑えの石山投手を攻め、2アウトから田中選手、菊池涼介選手の連打で1、2塁とし、ホームランで同点の場面まで行きましたが、バティスタ選手が空振り三振に倒れ、試合は終わりました。

今日の試合は、先発の九里投手から始まり、10四球を与えるという、最悪の投手陣でした。これでは接戦をモノにできる訳がありません。守備にもミスが出る始末です。打線も粘りがありません。攻撃が淡白に見えてなりません。特に田中選手は重症ですね。明日の結果次第ではスタメンも考えた方がいいのではないかと思います。

さて、明日から甲子園で阪神との3連戦です。明日の先発はアドゥワ投手です。前回中日戦では7回2失点と、勝ちは付きませんでしたが、好投しました。明日も期待しましょう。阪神は秋山投手です。前回DeNA戦で6回5失点で負け投手になっています。いい時の秋山投手ではありません。一丸となった攻撃でKOしましょう。明日勝てば、3連勝の可能性が高くなります。是が非でも勝ちましょう!

低コストで簡単、プロのようなホームページ作成「グーペ」

[PR]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━
      更新が簡単!カスタマイズも充実!ブログより凄い?
本格的な飲食店ホームページの作成が月額 1,000円(税抜)で実現します!
   https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TY1TP+FPLU8Q+348+1TJTPF
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[PR]


posted by ドリヨシ at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 広告

2019年04月28日

5回戦@神宮 広島2−4東京ヤクルト ヤクルトのソロ4発に沈む。連勝は8でストップ。

15564537960321032034256.jpg

広島 快進撃ついに小休止、8連勝でストップ ソロ本塁打4発浴びてヤクルトに敗れる
4/28(日) 21:07配信

<ヤ・広>8回、選手交代を告げる緒方監督(撮影・村上 大輔)

 ◇セ・リーグ 広島2―4ヤクルト(2019年4月28日 神宮)

 広島が2―4でヤクルトに敗れ、17日の巨人戦(熊本)から続いていた連勝が8でストップ。最大借金8をわずか11日間で完済し、勝率5割に復帰してから一夜で再び借金生活に逆戻りとなった。

 広島は先発投手のジョンソンが3回までにソロ本塁打3本を浴びて4回3失点で降板。2番手・菊池保も代わりバナにソロ本塁打を浴びて5回で0―4とリードを奪われた。

 6回を5安打無得点に抑えられていたヤクルト先発・高梨が降板した直後の7回、2番手・ハフから途中出場していたバティスタが左越え2号2ランを放って2点差に迫ったが、及ばなかった。

 ヤクルトは2回に荒木の左越え2号ソロで先制すると、3回には青木の左越え5号、バレンティンのバックスクリーンへの7号と2本のソロを本塁打で3点をリード。5回には山田哲もバックスクリーン左に7号ソロを放ち、リードを4点に広げた。

 投げては先発の高梨が6回5安打無失点で今季2勝目(2敗)をマーク。広島戦は通算2勝0敗となった。

今日の試合は神宮球場だからこその4被弾での敗戦だったと思います。球場の狭さが故のホームランでした。

先発ジョンソン投手はやはり良くありませんでした。時より指にかかった素晴らしい球もありましたが、全体的にキレはなく、制球も今一つだったように感じました。
2回裏、1アウトからヤクルト荒木選手にレフトスタンドへソロホームランを浴び0−1と先制されました。実はこの前の2回表、広島は先制の絶好のチャンスがあり、鈴木選手の2ベースと暴投でノーアウト3塁だったのですが、後続が凡退して無得点に終わってました。イヤな流れで2回裏を迎えた訳ですが、逆に先制されてしまいました。

さらに3回裏、ヤクルト青木選手にレフトスタンドギリギリに入るソロホームランを浴び0−2に。さらにバレンティン選手にバックスクリーンへソロホームランを浴びて0−3とされました。青木選手には技ありのバッティングをされてしまい、仕方ないかと思いましたが、バレンティン選手にはアウトハイのストレートを叩き込まれる失投だったと感じました。

結局ジョンソン投手は4回85球を投げて、6安打3被弾3失点でした。1勝を挙げて、状態が変わるかなと期待してましたが、ダメでした。次回登板の内容次第では、先発ローテーションを外す事も考えなくてはならないかもしれませんね。

5回からは2番手に菊池保則投手が登板しましたが、いきなり先頭の山田選手にバックスクリーン左へソロホームランを浴び、0−4とされました。この4点目は痛かったですね。

打線はヤクルト先発高梨投手の前に、6回まで5安打無失点に抑えられました。ドリヨシ的には、高梨投手が特別良かったとは思いませんでしたが、今日の球審の村山さんが、ストライクゾーンを広めに取っていたのを、ヤクルトバッテリーが上手く使っていたという感じがしました。

打線は7回表、ヤクルト2番手のハフ投手を攻め、バティスタ選手がレフトスタンドへ2ランを放ち、2−4と追い上げました。しかし、反撃もここまでで、結局2−4で敗れてしまいました。

これで広島は8連勝でストップし、再び借金1になりました。いつかは負けるのですが、やっぱり負けると悔しいですね。しかし、今日は鈴木選手が4番ライトでスタメンで入り、3安打の猛打賞の活躍でした。明日以降も活躍が十分期待できますね。

明日はカード勝ち越しをかけての試合です。広島先発は九里投手です。明日はブルペン陣で継投策ですね。九里投手には行けるところまで全力で投げて欲しいと思います。ヤクルトは石川投手です。石川投手は広島打線は苦手にはしていないので、序盤から得点を重ねて欲しいですね。ドリヨシ的にはバティスタ選手がカギになりそうです。

豪華景品と交換可能なゲームサイト【アリスタウン】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【アリスタウン】遊ぶが稼ぐになるオンラインスロット
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
特許取得の景品交換システムだからできる、ゲームで遊んで
電子マネーなどの豪華景品と交換できるオンラインスロット。
今なら無料で試せる3000円分のゲーム内ポイントプレゼント中!
登録はこちら
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TA2RB+CXL0M2+3PFC+5YZ77


posted by ドリヨシ at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 広告

2019年04月27日

4回戦@神宮 広島2−0東京ヤクルト 床田投手好投4勝目!長野選手決勝タイムリー!8連勝で勝率5割!

15563683032111327721412.jpg

広島、鯉のぼり8連勝 ついに借金完済!セ王者が完全復活の3戦連続完封勝ち
4/27(土) 21:19配信

力投する広島・床田寛樹=神宮球場(撮影・棚橋慶太)

 「ヤクルト0−2広島」(27日、神宮球場)

 広島が破竹の8連勝で最大8抱えていた借金を完済。ついに勝率5割に復帰した。

 ヤクルト・小川、広島・床田の投手戦が続いた六回。2死走者なしから四回に通算1000安打を達成したばかりの2番・菊池涼が三塁強襲の安打で出塁する。続く長野が初球の140キロ直球をたたき、右中間フェンス直撃の適時二塁打で先制した。九回には2死二、三塁から会沢が左前適時打でダメ押しした。

 投げては床田が走者を出しながらも気迫の投球。7回5安打8奪三振で1点も与えなかった。2番手・フランスア、抑えの中崎とつなぎ、無失点リレーを完成。3試合連続の完封勝利となった。

 また、コンディション不良により23日の中日戦(マツダ)から3試合連続欠場中だった広島・鈴木誠也外野手が代打で復帰した。

 広島の勝率5割は今季、開幕2戦目を終えた3月30日以来。8連勝は17年シーズン以来2年ぶりで、球団史上5度目となる3試合連続完封勝利は7年ぶり。9連勝に向かい、28日はジョンソンが先発する。この日は3位・中日も勝ったためAクラス入りはならなかったが、現在の勢いならもう目前。リーグ3連覇中の王者が本来の姿を取り戻した。

手に汗握る好ゲームは、広島に軍配が上がりました。

先発床田投手は、今日も制球力が良く、ストレート、変化球のキレも素晴らしかったです。5回まで無失点で経過しました。

打線は6回表、ヤクルト先発の小川投手を攻め、2アウトから菊池涼介選手がサード強襲のヒットて出塁すると、続く長野選手が初球を叩いて、右中間フェンス直撃のタイムリー2ベースを放ち、1−0と待望の先取点を取りました。長野選手は最近調子を上げてきていますね。長野選手らしい、右方向へのバッティングが光りますね。

ゲームが動き出すと、チャンスの後はピンチが訪れる訳で…。6回裏、2アウトからヤクルト山田選手に2ベースを浴び、ランナー2塁になります。ここでヤクルトバレンティン選手に回りますが、広島ベンチはバレンティン選手を申告敬遠し、2アウト1、2塁とします。続くバッターはヤクルト雄平選手ですが、ドリヨシ的には雄平選手の方が怖いと思っていました。ところが床田投手は強気のピッチングで、フルカウントからストレートで空振り三振を奪い、ピンチを脱しました。

7回裏も、ヒットと四球で2アウト1、2塁とピンチを背負いましたが、ここでも強気のピッチングで、ヤクルト太田選手をフルカウントからスライダーで空振り三振を奪い、ピンチを脱しました。

床田投手は7回119球を投げて、5安打8奪三振無失点の好投でした。ここぞという時の強気のピッチングは圧巻でした。

8回裏は2番手のフランスア投手がヤクルト打線を3者凡退に打ち取りました。

9回表、広島に貴重な追加点が入ります。ヤクルト2番手のマクガフ投手から、ヒット2本と四球でノーアウト満塁の絶好のチャンスが訪れました。しかし、続く西川選手はセカンドゴロで4−2−3の併殺で2アウト2、3塁となります。最悪の結果でした。ここで点が入らなかったら、完全に流れがヤクルトになるところでした。見事にチームを救ったのは會澤選手でした。3球目を振り抜き、レフト前へのタイムリーとなり、2−0としました。會澤選手も勝負強くなってきました。このタイムリーで西川選手もチームも助かりました。

9回裏は抑えの中崎投手が登板しました。2アウトまで順調でしたが、ヤクルト村上選手がファーストゴロの当たりを打ち、試合終了かと思われましたが、イレギュラーバウンドしてライト前ヒットになり、ランナー1塁になりました。続くヤクルト代打大引選手には四球を与え、1、2塁のピンチになります。イヤな雰囲気になっていましたが、続く代打荒木選手から空振り三振を奪い、試合は終わりました。

これで広島は8連勝でついに借金を完済し、5割になりました。しかも、3試合連続零封勝利です。広島投手陣が調子を上げてきました。床田投手は初戦の読売戦で負け投手になりましたが、それ以降は4連勝で、ハーラートップタイになりました。

なお、今日菊池涼介選手が4回表の打席でセンター前にヒットを放ち、通算1000本安打を達成しました。おめでとうございます!
そして、8回表1アウト後、床田投手の代打で鈴木選手が入りました。結果は空振り三振でしたが、元気な姿を見せてくれました。

さあ、この8連勝の勢いを是非明日にもつなげて欲しいですね。広島先発はジョンソン投手です。前回はDeNA戦で5回4安打1失点で今季初勝利を挙げました。一つ勝った事で、ピッチングが冴えてくると思われます。ジョンソン投手らしいピッチングが見たいです。ヤクルトは高梨投手です。前回中日戦で2回7安打5失点でKOされています。十分攻略できるピッチャーなので、明日は序盤からジョンソン投手を援護して欲しいですね。
プロフィール
ドリヨシさんの画像
ドリヨシ
プロフィール
リンク集
通販サイトや店舗での決済をd払いにすると、 dポイントが貯まる&使えるお得で便利なドコモの決済サービス。 ドコモ回線ではない方も、アカウントを作れば利用可能です! 以下はd払い可能なサイトです。