<< 2018年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ファン
写真ギャラリー
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索

2018年06月30日

9回戦@横浜 広島1−2横浜DeNA 野村投手DeNA筒香選手の一発に泣く。広島連敗。

15303457025771235086790.jpg

広島・会沢 右翼席へ先制ソロ「コースに逆らわずコンパクトに」
6/30(土) 15:12配信

 「DeNA−広島」(30日、横浜スタジアム)

 広島・会沢が先制ソロを放った。

 二回1死から、先発・東のチェンジアップをガツン。逆方向に伸びた打球は右翼スタンドに突き刺さった。会沢は「コースに逆らわずコンパクトにスイングすることができました。先制点につながって良かったです」と振り返った。

打線は2回にDeNA先発の東投手から會澤選手のライトスタンドへのソロホームランで先制はしましたが、以降チャンスは作れども、追加点が奪えませんでした。

3回は1アウト後、菊池選手が四球で出塁すると、丸選手がセンター前にヒットを打ち、センターのDeNA神里選手の捕球エラーで1塁ランナーの菊池選手が本塁を狙ったのですが、タッチアウトになり、追加点とはならなかったのはかなり痛かったですね。これが生還していれば、流れを手繰り寄せていたかもしれません。なお、丸選手はこのヒットでプロ野球293人目となる通算1000安打となりまさした。このペースは広島のレジェンド、衣笠さんよりも、山本浩二さんよりも早い達成らしいです。このままケガなく活躍すれば、2000安打は間違いないですね。

4回はノーアウト1塁で後続なく、6回もノーアウト2塁のチャンスも後続なく終わりました。嫌な重苦しい雰囲気がだんだん迫ってくる感じでした。

先発野村投手は今日も調子良く、コーナーを突く丁寧なピッチングで5回までDeNA打線を無失点に抑えました。
が、6回裏に悪夢がやってきます。1アウト後、DeNA宮崎選手に3塁線を破る2ベースを打たれました。強い打球ではありましたが、サードの西川選手には何とか止めて欲しかった当たりでした。ここ数試合で、西川選手の守備で、強い当たりが止められないシーンが結構ありました。今後の課題ですね。続く筒香選手にカウント1−1からライトスタンドへ逆転の2ランを浴びてしまいました。インコースの近い球でファウルを打たせようとした球が甘く入り、見事に打たれてしまいました。結局これが決勝点となり、野村投手はまさに1球に泣きました。野村投手は6回を投げて5安打2失点ですから、責めることはできません。

7回、8回と投げたフランスア投手はナイスピッチングでした。6人のバッターをパーフェクトに抑えました。フランスア投手は勝ちパターンでも使えるのではないかと思います。アドゥワ投手と共に上手く使えば、新しい勝ちパターンの継投が出来るかもしれません。

さあ、切り替えていきましょう!明日の先発は岡田投手です。前回は阪神戦で6回途中3安打3失点と、数字的にはまずまずですが、突然制球を乱すことがあります。明日はいい時の岡田投手であることを祈ります。DeNA先発は濱口投手です。タイプとしては今日先発した東投手と同じなので、打線としては右バッターの奮起を期待したいですね。菊池選手、鈴木選手、バティスタ選手、新井選手頑張って欲しい!同一カード3連敗は絶対避けないといけません。選手の皆さん、暑いですがしっかり頑張ってください!

2018年06月29日

8回戦@横浜 広島4−5横浜DeNA(9回サヨナラ) 大瀬良投手緊急降板。リリーフ陣打ち込まれサヨナラ負け。

1530277179126504471799.jpg

広島がサヨナラ負けで6連勝でストップ 大瀬良、緊急降板 救援陣がリード守れず
6/29(金) 21:43配信

 「DeNA5−4広島」(29日、横浜スタジアム)

 広島が逆転負けで、連勝が6でストップした。

 初回、鈴木が先制の適時打を放つと、続く二回には1死二、三塁から先発の大瀬良の中前2点適時打で加点。四回にはバティスタが12号ソロを放ち、リードを広げた。

 リーグトップの10勝をマークしている大瀬良は6回まで4安打1失点と好投。ところが、七回無死一塁で迎えた打席。送りバントを試みて走り出したが、一塁手前で両手を上げてスローダウン。左太もも付近を痛めたとみられ、そのまま交代した。

 八回、3番手のジャクソンが無死から連打を浴びると、さらに神里に同点の3ランを被弾。不安な中継ぎ陣がリードを守れなかった。

 九回1死満塁の勝ち越し機を逃すと、その裏、アドゥワが1死一、二塁から代打・佐野に適時二塁打を浴びて、サヨナラ負けとなった。

まさかの敗戦となりました。大瀬良投手は今日も安定したピッチングでした。ストレートには伸びがあり、カットボールやスライダーなどの変化球もキレていました。6回まで投げて4安打で、DeNAロペス選手のソロホームランの1失点に抑える好投でした。

打線は今日も活発で、初回に鈴木選手がレフト前へタイムリーを放ち1点先制。2回は大瀬良投手がセンター前へ2点タイムリーを打ち3−0。4回はバティスタ選手がソロホームランを放ち4−0と着実に加点していきました。

完投ペースで進んでいた大瀬良投手でしたが、7回表、ノーアウト1塁で大瀬良投手が送りバントをしたところ、足がつったらしく、そのまま交代しました。足がつったのが事実だとすれば、これは大瀬良投手の自己管理がなされていないのではと思います。以前にも足がつったことがありますが、今回もそうだとしたら、広島のエースとなるべきピッチャーが…。という所ですね。

7回は一岡投手が0に抑えましたが、問題は8回裏です。3番手にジャクソン投手が登板しました。これは間違いではないと思いましたが、先頭のDeNA代打乙坂選手への初球があまりにも不用意だったと思います。この回から代わったキャッチャーの石原選手も不用意なリードだったでしょう。乙坂選手は初球からどんどん振ってくる選手だけに、ボール球から入るべきだったでしょうね。続くDeNA柴田選手には追い込みながらもレフト線にヒットでつながれ、ノーアウト1、2塁とされ、続く神里選手にライトスタンドへ3ランを浴びて4−4の同点とされました。広島ベンチのプランはここで大きく狂うことになりました。

9回表、DeNA3番手、抑えの山崎投手を攻め、ヒット2本と死球で1アウト満塁のチャンスを作りましたが、菊池選手が空振り三振、丸選手がセカンドゴロで見事にチャンスを潰しました。この時点でドリヨシは負けを覚悟しました。

9回裏、4番手にアドゥワ投手が登板しましたが、試合の流れからして、ここは中崎投手しかいないのではと思いました。アドゥワ投手にしたら、かなり荷が重たかったはずです。四球と送りバントと敬遠で1アウト1、2塁から、DeNA代打佐野選手がライトへサヨナラタイムリーを放ち、勝負ありました。

敗因を挙げれば、打線が5回以降追加点が取れなかった事。大瀬良投手が足がつって交代した事。ジャクソン投手と石原選手の8回の先頭バッターへの初球の入り方のこの3点があります。正直、勝てる試合を落としました。残念です。

明日はデーゲームです。広島先発は野村投手です。前回は復帰後の阪神戦でしたが、6回途中4安打無失点で勝ち投手になっています。明日も粘りのピッチングでゲームをしっかり作って欲しいですね。DeNAは東投手です。前回は中日戦で6回途中6安打4失点で負け投手になりました。以前ほどの手のつけられない状況ではないので、球数を多く投げさせるなど、粘りのバッティングで攻略して欲しいですね。明日は絶対勝たないと、ズルズル行ってしまう可能性もあります。

2018年06月28日

10回戦@マツダ 広島4−2読売 野間選手値千金の逆転3ラン!高橋昂也投手プロ初勝利!

1530189543222129238589.jpg

広島6連勝、高橋昴プロ初勝利 巨人菅野5敗目
6/28(木) 21:35配信
20


広島対巨人 巨人戦に先発する高橋昂(撮影・加藤哉)
<広島4−2巨人>◇28日◇マツダスタジアム

 巨人が1回、坂本勇の三塁打からマギーの内野ゴロの間に先制。広島は3回まで毎回得点圏に走者を進めるも、あと1本が出ない。

 巨人は5回、坂本勇の適時打で2点目。広島はその裏、菊池の8号ソロと野間の4号3ランで逆転。高橋昂は6回2失点で降板。

 広島が逃げ切り6連勝、今季40勝に到達し貯金12とした。高橋昴がプロ初勝利。中崎は20セーブ目。巨人はマツダスタジアム9連敗で広島と8・5差。菅野は5敗目。

高橋昂也投手が3度目の正直でプロ初勝利を手にしました。おめでとうございます!初回、いきなり先頭の読売坂本選手に3ベースを打たれ、リズムが崩れるかと心配しましたが、落ち着いたピッチングで、読売マギー選手のショートゴロの間の1点に抑えました。

3回表のピッチングは見事でした。読売坂本選手、陽選手、マギー選手と3者連続三振に抑えました。ストレート、変化球のキレも抜群でしたね。

5回表は先頭の読売田中選手に四球を出したのが痛かったですね。
送りバントで2アウト2塁とされ、読売坂本選手に詰まりながらもレフト前へタイムリーを打たれて0−2とされます。しかし、高橋昂也投手のピッチング内容は十分合格点を与えて良いと思いました。

打線は読売先発菅野投手から4回まで毎回チャンスは作るものの、あと1本が出ず、0−2で5回裏を迎えました。ドリヨシ的には、広島打線は菅野投手にじわじわプレッシャーをかけているので、いつかは得点出来ると思っていました。0−2になった時に、試合が動いたので、5回裏に何か起こるのではないかと感じたのですが、まさに起こりました。1アウト後、菊池選手がレフトスタンドへソロホームランを放ち、1−2とすぐに1点差にします。その後、四球2つで2アウトながら1、2塁とし、野間選手が1−2と追い込まれながらも、インコースのスライダー系の球を上手く振り抜いて、ライトスタンドへ逆転の3ランホームランを放ちました。今年の野間選手は本当に勝負強くなりました。地道な練習がやっと実を結んだ感じです。ホームランを打たれた時、ガックリした読売菅野投手が印象的でした。

高橋昂也投手は6回を投げて3安打2失点の好投で降板。7回は一岡投手、8回はジャクソン投手、9回は中崎投手が締めくくり、見事な逆転勝ちを納めました。

改めて高橋昂也投手はプロ初勝利を挙げました。おまけにプロ初安打も記録しました。おめでとうございます。これで広島は交流戦明けて6連勝と絶好調です。

明日からは横浜でDeNAとの3連戦です。広島は大瀬良投手が先発です。安定したピッチングで、明日も完投を目指して欲しいと思います。DeNAは石田投手です。一時の安定感はありません。投げてみないとわからない所もありますので、十分攻略できるでしょう。このまま連勝街道を進みましょう!

衣笠祥雄さんお別れの会開催

1530168663328196458410.jpg

衣笠さんお別れの会 緒方監督「秋には日本一の報告ができるよう」遺影に誓う
6/28(木) 11:25配信

 今年4月23日に急逝した元広島の衣笠祥雄さん(享年71)のお別れの会が28日、広島市内のホテルで開催された。午前中には広島の監督、コーチ、選手らが献花に参列。緒方孝市監督(49)は「4月23日に亡くなられて、この2カ月あっという間だった。今年のキャンプにたくさん野球の話ができると思っていたができなくて、シーズン中もできなくて、本当に残念で、悲しい気持ちです」と声を絞り出した。

 衣笠さんと「カープの日本人の4番バッターを育てたい」という話をしていたそうで、「鈴木誠也が日々成長してくれて、喜んでくれていると思う」と語った。衣笠さんの遺影の前では「チーム一丸となって、秋には日本一の報告ができるように頑張ります」と誓ったことを明かし、決意を新たにしていた。

改めて、衣笠さんが亡くなってしまった事は寂しいですね。未だに信じられない感じがあります。参列者には、衣笠さんと共にカープの黄金時代を築き上げたレジェンドの皆さんがおられました。山本浩二さん、外木場義郎さん、江夏豊さん、高橋慶彦さん、山崎隆造さんなど沢山の方々でした。ドリヨシが学生時代に活躍されたV戦士です。高橋慶彦さんがインタビューを受けておられる時に涙している姿を見て、ドリヨシもこみ上げるものがありました。本当に皆に愛されていたんだなと実感しました。

今年の秋には、リーグ3連覇、そして34年ぶりの日本一の報告が出来るように、選手の皆さんには是非頑張って欲しいと、改めて思った次第です。衣笠さん、どうか天国からカープの選手にエールを送ってください!
プロフィール
ドリヨシさんの画像
ドリヨシ
プロフィール
リンク集
通販サイトや店舗での決済をd払いにすると、 dポイントが貯まる&使えるお得で便利なドコモの決済サービス。 ドコモ回線ではない方も、アカウントを作れば利用可能です! 以下はd払い可能なサイトです。