<< 2018年05月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
ファン
写真ギャラリー
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索

2018年05月31日

3回戦@マツダ 広島7−12埼玉西武 薮田投手1イニング10失点の球団ワーストタイ。打線反撃も及ばず。

15277726063621301421301.jpg

広島・薮田 2回に10失点 球団ワーストタイ
5/31(木) 19:14配信

 「交流戦、広島−西武」(31日、マツダスタジアム)

 広島の先発・薮田が1−0で迎えた二回に10失点した。金子侑の逆転適時打や秋山の3ランなど8安打を集められ2失策も絡んだ。

 薮田は4月30日・阪神戦(マツダ)以来の先発。昨季の交流戦では3戦3勝、防御率1・35を記録していた。

 登板前には「今は2軍から来た立場なので何としても次のチャンスをつかんでローテーションに入っていくつもりです」と闘志を燃やしていたが、現実はあまりに残酷だった。

 広島の2桁失点は今季4度目で、1イニング10失点は2010年8月25日・阪神戦(京セラ)以来。広島投手の1イニング10失点も同試合での梅津智弘以来、球団ワーストタイとなった。

なんとも屈辱的敗戦でした。薮田投手の調子はどうかなと心配していましたが、ここまで悪いとは思いませんでした。初回、ランナーを許すも無失点でスタートしました。今日の薮田投手は違うぞと思わせる立ち上がりでした。その裏打線は鈴木選手のタイムリーで1点を先制します。昨日の逆転サヨナラの流れは今日も続いているかに見えたのですが、悪夢は2回表でした。西武栗山選手のヒットを皮切りに、打者14人で西武秋山選手の3ランなど8安打を集中され、2つのエラーも絡んでこの回10失点しました。あまりにも簡単にいい当たりをされていましたので、薮田投手の球は来てなかったのだと思います。ボール球先行で、ストライクを取りに行った甘い球を痛打されてしまいました。今日はキャッチャーは磯村選手でしたが、リードにかなり苦労したと思います。薮田投手の1イニング10失点は球団ワーストタイ記録になります。ファームで調整してきて積み上げたものが、この1イニングで全てなくなってしまいました。非常に残念でなりません。

打線は4回に松山選手と野間選手のタイムリーで2点。6回は野間選手の内野ゴロの間に1点を入れて4−10とします。

しかし、7回表に2番手の藤井投手が西武浅村選手の犠牲フライで1点を失い4−11とされます。

8回裏、打線は野間選手のタイムリーと代打新井選手の2点タイムリーで3点入れて7−11と4点差まで詰めよりました。

9回にもしかしたらと思いつつ、表の守備を観ていましたが、4番手のアドゥワ投手が西武秋山選手の併殺の間に1点を失い、7−12。これで勝負あった感じになりました。

薮田投手は再び二軍に降格は確実でしょうが、昨年は栄光、今年は屈辱を味わい、天国と地獄を見た感じになりました。ここから這い上がって再び栄光を掴み取って欲しいと思います。決して腐って欲しくないですね。

今日の3番手ピッチャーは佐藤投手でしたが、8回1イニングを3者三振に打ち取りました。佐藤投手は是非勝負所の対左バッターへのワンポイントに使って欲しいなと思いました。

今日は屈辱的敗戦で、西武に1勝2敗と負け越しました。交流戦スタートが重苦しい感じになりました。でも、うつむく時間はありません。明日から気を引き締めていきましょう。明日から千葉でロッテと3連戦です。広島先発は大瀬良投手です。千葉のマウンドにアジャスト出来るかどうか、ドリヨシ的には心配ですが、現状先発の柱ですから、頑張って欲しいと思います。ロッテの先発は涌井投手です。正直難敵です。しかし、持ち前の機動力で揺さぶって欲しいと思います。カギを握るのは1、2番だと思います。タナキクの活躍がそのまま試合の結果に反映されそうです。

今日はマツダスタジアム現地観戦でしたが、終始重苦しかったです。8回裏に盛り上がりましたが、それくらいでしょうか。次回観戦は快勝して欲しいです。

2回戦@マツダ 広島8−7埼玉西武(延長10回サヨナラ) 10回3点差をひっくり返し逆転サヨナラ勝ち!アドゥワ投手プロ初勝利!

15276903032591162511725.jpg

“神ってる”広島 延長10回、4連打で3点差まくってサヨナラ勝ち
5/30(水) 23:05配信

 「交流戦、広島8−7西武」(30日、マツダスタジアム)

 セ・パ首位対決は広島が脅威の粘りで延長十回、サヨナラ勝ち。3点を勝ち越されたその裏、4点を奪って試合をひっくり返した。

 打線は十回、この回からマウンドに上がった武隈を攻め、先頭の野間から会沢、西川、堂林の4連打で2点を奪い、1点差とした。さらに1番・田中がバントで送って、続く菊池の申告敬遠で、1死満塁。ここで途中出場の下水流が三遊間を破る適時打でついに追いついた。さらに1死満塁で4番の鈴木が押し出し四球を選んで超時間試合にケリをつけた。

 4打数4安打3打点の西川は、「最高です。自分もつなぐ意識で打席に入りました」と振り返り、同点打の下水流は「最高です。間を抜けたので本当に良かったと思いました。決めてやろうと思ってましたが、誠也がなんとかサヨナラにしてくれると思っていました」と笑顔。

 2人とともにお立ち台に上がった堂林は「あしたもこの球場を真っ赤にしてください」とファンにアピールしていた。

 西武は延長十回、2死満塁から秋山が勝ち越しの適時三塁打で3点を勝ち越した。この回からマウンドに上がったアドゥワを攻め、ヒットの走者をバントで送ると、続くメヒア、金子侑が四球を選んで1死満塁。この好機に森は空振り三振で2死となったが、ここまで5打席ノーヒットだった秋山が右中間を破り、走者3人が生還した。

 試合は西武が初回に先制した。立ち上がり制球が定まらない広島先発・岡田から2番・源田から3連続四球を選んで満塁とすると、5番・栗山が右中間へ2点適時二塁打を運んだ。

 広島は2点ビハインドの四回、西武の先発・十亀から集中攻撃を浴びせ、同点に追いついた。先頭の松山から野間、会沢の3連打で無死満塁とすると、8番に入った西川が三遊間を破る2点適時打を放った。

 その後、五回は両軍無得点に終わると、雨が強くなり、グラウンドはシートで覆われ、天候回復を待って試合を再開。

 再開直後の六回に西武が金子侑の右前適時打で勝ち越しに成功すると、広島は七回に松山の3号2ランで逆転した。

 広島は九回に守護神・中崎をマウンドに送って逃げ切りを図ったが、代打・メヒアが左越えに3号同点ソロ。

 西武は延長に入っても十回に3点を勝ち越したが、6番手の武隈が誤算だった。

広島の最後まで諦めない気迫が西武を上回ったと言っていいと思います。
先発岡田投手は初回、制球が定まらない悪い癖が出て3連続四球で満塁とし、西武栗山選手に右中間へ2点タイムリー2ベースを浴びて0−2と先制を許してしまいました。正直無駄な失点でした。その後は別人のように安定したピッチングを展開して、以降5回までは無失点に抑えました。雨で中断した直後の6回、中断の影響もあったのでしょうか、西武金子侑司選手にタイムリーを浴びました。結局岡田投手は6回途中3失点で降板しました。

打線は4回、西武先発の十亀投手から西川選手がレフト前に2点タイムリーを放ち2−2の同点とします。
6回、西武に1点勝ち越された後、7回に西武3番手の平井投手から松山選手がライトスタンドへ逆転の2ランを放ち4−3と逆転しました。

投手は7回今村投手、8回ジャクソン投手と勝ちパターンのリレーをし、9回は中崎投手が登板しました。しかし、中崎投手が誤算でした。先頭の西武代打のメヒア選手にレフトスタンドへ同点のソロホームランを浴びて4−4とされます。フルカウントから投げたど真ん中のストレートを見事に打たれました。最近の中崎投手はストレートが高めに抜けたり、スライダーがスライドせず抜けて来るので非常に恐ろしいです。

試合は延長戦に入り、10回表、6番手のアドゥワ投手がヒットと2つの四球で満塁のピンチを背負うと、西武秋山選手に右中間を破る走者一掃のタイムリー3ベースを浴び、4−7とされました。

ドリヨシはここで勝負あったと思っていたのですが、広島の選手の皆さんは諦めていませんでした。
10回裏、先頭の野間選手がセンター前へヒットで出塁。會澤選手がライト前へヒット。西川選手がショートへのタイムリーヒットで5−7。堂林選手がレフト前へのタイムリーヒットで6−7。田中選手が送りバント、菊池選手が申告敬遠で1アウト満塁とし、下水流選手がレフト前へのタイムリーヒットで7−7の同点となりました。ドリヨシ的にはこの下水流選手のタイムリーが一番大きかったと思います。下手したら併殺の危険もあった中で、よく打ったと思います。なお1アウト満塁で、鈴木選手が押し出しの四球を選び、8−7で逆転サヨナラ勝ちを納めました。

とにかく、今日は勝ったので良かったです。しかし、ここまで試合をもつれさせたのは中崎投手です。登板間隔が空いていたせいなのか、本当に調子が悪いのか、見極めなくてはなりませんね。

これで西武と1勝1敗です。明日勝ち越しをかけての3戦目です。広島の先発は薮田投手です。制球難で四球を連発して、ファームで調整していましたが、結果を残して再び一軍のマウンドです。安定感あるピッチングに期待したいと思います。西武はウルフ投手です。前々回の楽天戦では1回持たず、7安打8失点。前回のソフトバンク戦では4回途中8安打5失点と、結果を残していません。十分行けると思います。なので、明日は薮田投手次第かもしれません。ドリヨシは明日現地観戦予定です。全力で応援してきます!

2018年05月29日

1回戦@三次 広島3−7埼玉西武 中村祐太投手5回5失点KO。今季3度目の3連敗。

1527598775003954227170.jpg

広島・中村祐 5回5失点で降板「粘れず悔しい」 リード守れず…3戦連続KO
5/29(火) 19:59配信

 「交流戦、広島−西武」(29日、三次きんさいスタジアム)

 広島の中村祐太投手が5回6安打5失点でマウンドを降りた。

 初回に先制点を許すと、3−1で迎えた四回に逆転を許す。山川の右前打から四球も絡んで1死満塁とすると、金子侑に右翼線を破られる3点適時三塁打を浴びた。さらに五回には、山川に14号左越えソロを被弾した。

 5月1日の巨人戦で3勝目を手にして以降、これで3試合連続KO。「全体的にボール自体は悪くなかったと思う。4回の3失点が全て。(満塁で金子侑に)カウントを悪くしたくないという気持ちがあり、少し甘く入ってしまいました。課題としてはランナーを置いたときの制球力。特に真っすぐで押せていた分、変化球の制球力が甘かった。味方が援護してくれていたのに、粘ることができず悔しいです」。

 パ・リーグ首位の西武を相手に、試合の主導権をたぐり寄せる投球ができず唇をかんだ。

交流戦黒星スタートとなりました。中村祐太投手はストレートはキレがあって良かったですが、変化球の制球が定まらず、球数を要する苦しいピッチングになってしまいました。初回、西武山川選手にタイムリーを許し先制されました。これは仕方ないとして、3−1と逆転した後の4回、ヒット2本と四球で満塁のピンチを招くと、西武金子侑司選手にライト線に走者一掃のタイムリー3ベースを浴びてしまいました。3−4と逆転されました。中村祐太投手の投じたインコースへの渾身のストレートがやや甘くなり、金子選手もストレートを張っていたかのようにジャストミートしました。インコースを厳しく攻めていたらファウルになっていたはずたけに、残念な一球でした。そして、5回、2アウトランナーなしで西武山川選手が打席に入りました。この場面は気をつけなければいけないのはホームランでしたが、フルカウントからファウルで粘られて、結果レフトスタンドへソロホームランを浴びてしまいました。これで3−5となりました。結局中村祐太投手は5回で降板、6安打5失点に終わりました。打者への攻め方次第では、1失点で終わる事も可能だったと思います。それだけに今日のKOは悔しかったはずです。

7回表は2番手の中村恭平投手から、西武外崎選手がライト線にポトリと落ちる不運なタイムリー2ベースを打たれ、さらに金子侑司選手にタイムリーを浴びて3−7とリードを広げられました。中村恭平投手はいい球もあるのですが、全体的に球が高く、制球も今一つで、競った試合で登板させるのはどうかなと思いました。

8回は3番手に佐藤投手が登板しましたが、西武秋山選手、源田選手、浅村選手と三者凡退に打ち取りました。佐藤投手は対左バッターへのワンポイントて使えるのではないかと思います。

打線は5安打3得点と、結果的に抑えられてしまいました。序盤は西武先発のカスティーヨ投手を攻めて、2回に會澤選手の2ラン、3回は松山選手のタイムリーで3−1とリードしましたが、結局ここまでとなりました。

結果論になるかもしれませんが、今日の打線、5番に野間選手を入れたのはどうかと思います。野間選手は5番向けでは絶対ないです。7番、8番あたりで自由に打たせるべきです。そして、4回表の守備で、1アウト1、2塁から西武森選手の打った飛球をショート田中選手が深追いし過ぎて捕球できず、ヒットにして満塁のピンチになった所もいけません。センターの野間選手に任せていたら、確実にアウトになって、2アウト1、2塁となり、結果は違っていたと思います。

三次のファンの皆さんは本当にがっかりな試合だったと思います。
今日も相手打線に3試合連続で二桁安打を許しています。チーム防御率も悪くなってきています。投手陣の整備をしっかりしないといけません。畝投手コーチ、小林投手コーチ、植田バッテリーコーチに佐々岡二軍投手コーチも交えて、ベストな布陣を作って欲しいと思います。

明日の先発は岡田投手です。前回ひたちなかでの読売戦のように、コツコツ打たせて取るピッチングで西武打線を翻弄して欲しいです。西武先発は十亀投手です。前回はソフトバンク戦で6回9安打されながらも1失点で勝ち投手になっています。粘りのピッチングが持ち味なので、広島打線も粘りある攻撃で攻略しましょう。

高橋昂也投手が一軍へ合流!

1527566363318-1725130704.jpg

広島・高橋昂が1軍合流 初の交流戦へ「しっかり調整してやっていきたい」
5/29(火) 12:09配信

 広島・高橋昂也投手(19)が29日、1軍に合流し、マツダスタジアムに隣接する室内練習場で汗を流した。

 プロ2年目の今季は開幕ローテ入りしたものの、プロ初先発した4月4日・ヤクルト戦(神宮)は4回8安打5失点。その後は2軍再調整が続いていた。

 ファームでは投球フォームなどを微修正。「もう一つ納得していないところもあるけど、しっかり抑えられるようにしたい」と力を込めた。今後は6月1日からのロッテ3連戦(ZOZO)で先発する見込み。初の交流戦登板へ向けて「しっかり調整してやっていきたい」と意気込んだ。

前回一軍での登板は4月4日の神宮のヤクルト戦の初登板でしたが、4回8安打5失点のほろ苦デビューとなりました。その後二軍での調整が続きましたが、約2ヶ月で再挑戦する時が来ました。ドリヨシ的には今度打たれて結果が出なくても、しばらくはローテーションに入ってもらって、一軍登板の数をこなしてもらった方が、高橋投手の為になるのではないかと思います。彼のポテンシャルは非常に高いですし、負けん気が強いタイプですから、しばらく一軍のマウンドを任せてみてはいかがでしょうか。今週末のロッテ戦に登板予定らしいですが、高橋投手らしく、強気の攻めのピッチングを見たいですね。
posted by ドリヨシ at 13:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 選手
プロフィール
ドリヨシさんの画像
ドリヨシ
プロフィール
リンク集
通販サイトや店舗での決済をd払いにすると、 dポイントが貯まる&使えるお得で便利なドコモの決済サービス。 ドコモ回線ではない方も、アカウントを作れば利用可能です! 以下はd払い可能なサイトです。