<< 2017年08月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
ファン
写真ギャラリー
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索

2017年08月31日

23回戦@東京ドーム 広島1−3読売 打線散発6安打で1点のみ。今季初の月間負け越し。

1504183921418-1410149407.jpg

【広島】6安打1得点で今季初の月間負け越し
8/31(木) 21:49配信

スポーツ報知

◆巨人3―1広島(31日・東京ドーム)

 広島は打線が6安打1得点と元気なく、今季の東京ドームラストゲームを飾れなかった。

 先発・中村祐が3回までに3失点の苦しい展開。7回まで投げた巨人先発・田口からは1点しか取れなかった。

 8回には2番手・マシソンを攻め2死一、二塁のチャンス。ここで勝負の一手は、菊池への代打・岩本。菊池に代打が出されるのは2014年9月13日の阪神戦(甲子園)以来だ。しかし、岩本は三ゴロに倒れた。緒方監督は「菊池はレギュラーとして信頼している。今のバッティングとか色々なことを考えた中での判断」と説明した。

 8月は12勝13敗2分けで、今季初の月間負け越し。2位・阪神との差は5・5ゲームに縮まった。

昨日の試合を落としているだけに、今日は絶対勝たなくてはいけないゲームでした。が、結果は敗戦…。先発の中村祐太投手はそんなに悪くなかったと思います。強いて言えば、若干球が上ずっていたことでしょうか。2回裏、読売長野選手に特大のソロホームランを浴びました。初球でした。なんとなく投じたカーブをとらえられてしまいました。完全に失投でした。3回裏、読売亀井選手に2点タイムリーを打たれましたが、これはフォークボールが落ちず、打ち頃の球となってしまいました。これも失投です。しかし、3回の守備が終わり、ベンチに帰った中村投手がとても悔しがっている姿を見て、彼は必ず素晴らしいピッチャーになると確信しました。3回までに3失点しましたが、5回まで投げきったのがせめてもの救いでしょう。内容は昨日の大瀬良投手とは違い、次につながるものがあるので、来週も登板機会はあるでしょう。期待しています。6回からリリーフした九里投手、今村投手は読売打線を無失点に抑えたのはポジれる要素ですね。

打線は読売田口投手を攻略できませんでした。得点は磯村選手のソロホームランの1点のみでした。田口投手はほとんどが低めにボールを集め、ストレートと変化球のコンビネーションも素晴らしかったです。とはいえ、打線が田口投手に対しての対策を徹底されていたのか、疑問が残りました。球数を投げさせるとか、逆方向を狙って打つとか、何か見える形で対策をして欲しかったですね。

これで、8月の月間負け越しが決まりました。月間負け越しは今季初です。今月後半はDeNAに3試合連続サヨナラ負けなど、メンタル的にもかなりきつい試合が多かったように思います。でも、明日から9月です。気持ちを切り替えていきましょう。チャレンジャーの精神で戦っていきましょう。で、明日から神宮でヤクルトとの3連戦です。ズバリ!3連勝しかありません。明日の先発はジョンソン投手です。前回復帰戦では素晴らしいピッチングをしただけに、明日も期待がかかります。昨年の沢村賞投手の意地を見せて欲しいですね。ヤクルト先発は星投手です。間違いなく打ち崩せる投手です。快勝といきましょう!ただ、天気がちょっと心配です。中止になるなら早いうちに決定して欲しいですね。

大瀬良投手、登録抹消。

15041651593011174047707.jpg

広島・大瀬良を抹消 緒方監督は今後の起用に「考えるところはある」
8/31(木) 16:04配信

東スポWeb

 広島の大瀬良大地投手(26)が31日、出場選手登録を抹消された。前日30日の巨人戦(東京ドーム)で5回9安打5失点と打ち込まれて2敗目(8勝)を喫し、緒方孝市監督(48)は今後の起用法について「考えるところはある」と話していた。代わって天谷宗一郎外野手(33)が登録された。

 大瀬良は開幕から7月末まで無傷の7連勝と波に乗っていたが、8月は5度の先発で1勝2敗、防御率6・49と精彩を欠いていた。

ここに来て大瀬良投手の不調による登録抹消は痛いですね。ジョンソン投手が復帰して、これで先発投手陣は完璧かと思われましたが、岡田投手、そして大瀬良投手が精彩を欠くピッチングが続き、大瀬良投手は二軍落ちになりました。投手陣全体がバタバタし始めてきました。まずは野村投手、薮田投手、ジョンソン投手が先発する試合は絶対勝ちを拾っていかなくてはなりません。そして、中村祐太投手、岡田投手が投げる試合は、打線の援護で打ち勝つ試合にしなければなりません。幸いにも6連戦は9月10日で終わります。なので、そこからはいいピッチャーをどんどんつぎ込むことができますから、なんとかなるのではないでしょうか。あと少しの我慢ですよ。

それまでの間、谷間を誰が先発するかですが、ドリヨシ的には二軍の若い活きのいいピッチャーを使ってみるのもいいかと思います。ドラ2の高橋昂也投手を思い切り使うのも面白いと思います。制球が良くなっていればドラ1の加藤投手にもチャンスを与えてもいいかなと考えています。

全体的に疲れが見える投手陣ですが、ここが一番の踏ん張り所です。ジョンソン投手、野村投手、薮田投手には大車輪の活躍を期待します。中継ぎは今村投手、ジャクソン投手、中崎投手の勝利の方程式を崩さぬよう、頑張って欲しいですね。ゴールは見えてきてますから、全員一丸で駆け抜けましょう!
posted by ドリヨシ at 17:14| Comment(3) | TrackBack(0) | 選手

2017年08月30日

22回戦@東京ドーム 広島4−6読売 前半の失点響き敗戦。マジック消滅。

15040975092511706942320.jpg

<プロ野球>巨人競り合い制し、勝率5割に復帰
8/30(水) 21:32配信

毎日新聞
 ○巨人6−4広島●(30日、東京ドーム)

 巨人が競り合いを制し、勝率5割に復帰した。二回に5安打で3点を奪って逆転。四回は小林のソロ、五回は村田の適時打で加点した。投げては五回から小刻みな継投で広島の追い上げをかわした。広島は大瀬良が試合を作れなかった。

今日の試合は大瀬良投手がピリッとせず、5回5失点という、予想外の結果となりました。2回裏のピッチングで、読売8番小林選手にセンター前ヒット。続く9番宮國投手にレフト前タイムリーを打たれたのは情けないですね。前回DeNA戦で、DeNAウィーランド投手にホームランを浴びたばかりだというのに、全く活かされていませんでした。その後のピンチで、読売陽岱鋼選手の打ったサードゴロで、543の併殺で3アウトが確実だったのに、サード西川選手がセカンド菊池選手へ悪送球して併殺が取れず1点献上したのも痛かったですね。4回には読売小林選手に今季第1号のソロホームランを浴びるという、全くもって情けない内容でした。マギー選手と村田選手のタイムリーは仕方ないとして、3点は無駄に失点していると思います。大瀬良投手のピッチングのリズムが悪い為に、野手の守備も少し緩んでしまったのでしょうか。6回からリリーフしたブレイシア投手、一岡投手は良く踏ん張ったと思います。一岡投手の1失点は仕方ないでしょう。

攻撃も頑張ったのですが、あと少し及びませんでした。初回の攻撃が非常にもったいなかったです。タナキクでノーアウト1、3塁のチャンスから、丸選手の内野ゴロの間に1点先制しました。その後松山選手が四球、安部選手がヒットでつなぎ1アウト満塁のチャンスとなりましたが、エルドレッド選手、西川選手が連続三振で、この回1点しか取れませんでした。ここで1本でもタイムリーが出ていれば、主導権は握れたと思います。7回表、ノーアウト1、2塁のチャンスで、菊池選手が554の併殺を打ってしまったのも痛かったですね。進塁打を打ってくれていれば、続く丸選手がライト前へヒットを打ってますから、2点タイムリーになってたはずでした。しかしながら、この回は新井選手が2点タイムリーを打ってますから、菊池選手の併殺が消えてますが、やはりもったいない攻撃でした。

結局、前半の大瀬良投手の5失点が響き、敗戦となりました。今日は球際に弱かった試合だったでしょうか。試合運びによっては勝っていてもおかしくなかったとドリヨシは思います。今日、阪神が勝ちましたので、マジックは再び消滅しました。数字上では、まだカープが圧倒的有利ですが、正直、阪神の動きが不気味です。明日の先発は中村祐太投手です。とにかく5回まで全力で行って欲しいですね。読売先発は田口投手です。簡単には点は取れないかもしれませんが、そんな事は言ってられません。一気に攻略して快勝しましょう!そしてマジックを再点灯させましょう。頑張れ!カープ!

2017年08月29日

鈴木誠也選手、今季復帰は絶望。右足首を手術。

1504017437517-2136974310.jpg

広島鈴木誠也が今季復帰絶望 右足手術で全治3カ月
8/29(火) 22:33配信

日刊スポーツ

 広島は29日、右足首の剥離骨折で離脱していた鈴木誠也外野手(23)が、広島市内の病院で手術を行ったと発表した。

 CS、日本シリーズを含めた今季中の復帰は絶望となった。鈴木は「右足脛骨(けいこつ)内果骨折、三角靱帯(じんたい)損傷」と診断され、「骨接合術、靱帯(じんたい)修復術」を受けたという。今後は2週間程度入院。全治は3カ月程度と診断された。

 鈴木は23日のDeNA戦(横浜)の右翼守備で、フェンス際の打球を好捕した後に右足首を負傷。剥離骨折と診断され、戦線を離脱していた。

ポストシーズンには復帰できるかなという一途の望みは絶たれてしまいました。三角靭帯も痛めていたんですね。こうなったら、しっかり完全に治してもらって、来シーズンの途中からでもいいので、最強の選手として復帰してもらいたいですね。でも、思い出すのはカープOBの前田智徳選手です。前田選手は大活躍の最中にアキレス腱を断裂、復帰後も度重なる足のケガと戦って、苦労しながら2000安打を達成させたレジェンドです。野球の神様は時として残酷です。活躍している選手にケガという試練を与えるなんて…。鈴木誠也選手、強くなって帰ってきてください。そして、背番号1を鈴木選手に与えてください!
posted by ドリヨシ at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 選手

21回戦@東京ドーム 広島2−1読売 西川選手値千金の逆転2ラン!守りきってマジック18!

1504012331972648144782.jpg

広島が逆転勝ちで優勝マジック18 西川が逆転2ラン
8/29(火) 21:11配信

サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、巨人1−2広島、21回戦、広島16勝5敗、29日、東京D)首位・広島が競り勝ち、優勝マジックを1つ減らして「18」とした。7番・西川が五回にマイコラスから右中間席へ逆転4号2ランを放ち、逃げ切った。先発・野村は6回7安打1失点で9勝目(4敗)を挙げた。

 先制したのは巨人。二回、5番・村田が野村から左越えの10号ソロを放った。広島は五回に西川から逆転2ラン。先発・野村の後は今村、ジャクソン、中崎とつないだ。

 一方、巨人は今季、東京ドームでの広島戦で0勝7敗となった。

正直、西川選手の逆転2ランで逃げ切れるとは思ってなかったです。読売先発のマイコラス投手はストレートも変化球も抜群の出来で、完封されるのではないかと思わせるほどでした。しかし、野球の神様は異なもので、5回表1アウトから、岩本選手が8球粘って四球で出塁すると、続くドリヨシ推しの西川選手がカウント1−0からの2球目をジャストミート!打球は右中間スタンドに吸い込まれる逆転の2ランになりました。マイコラス投手からワンチャンスをモノに出来たのは本当に大きかったですね。欲を言えば、7回表、8回表と追加点のチャンスがあったのですが、残念ながら得点できませんでした。

投げては先発の野村投手が6回7安打1失点で9勝目となりました。内容は良くなかったですね。コントロールが今一つで、際どい所をボールと判定されてカウントを悪くして球数を増やしてしまいました。毎回のようにランナーを背負いましたが、結果読売村田選手のソロホームランのみで抑えたので、良く粘って投げたなと思いました。次回は二桁勝利がかかった登坂になります。マツダでの阪神戦ですが、コーナーをバシバシ決めて、阪神打線を翻弄してもらいたいですね。そして、7回から継投になりましたが、昨年の勝利の方程式に戻しました。7回は今村投手、8回はジャクソン投手、そして9回は中崎投手と、今日は素晴らしいリレーでした。守備も丸選手や菊池選手がファインプレーを見せるなど、守り勝つ野球がしっかり実践できたと思います。

東京6連戦の初戦を取れたのはかなり大きいです。これでマジックは18です。明日も勝利する可能性は非常に高いと思われます。カープ先発は大瀬良投手です。読売戦は防御率がいいので、簡単には失点しないと思います。読売先発は宮國投手です。独特のカーブを投げるピッチャーですが、十分攻略する余地はあります。序盤から得点を重ねて、主導権を握りましょう。

エルドレッド選手「誠也の穴はみんなで埋める」

1503988377993-976654937.jpg

広島・エルドレッド誓った 誠也の分まで打つ 若き4番の穴は全員で埋める
8/29(火) 6:06配信

デイリースポーツ

 広島は29日からの巨人、ヤクルトとの敵地6連戦に向けて28日、陸路で東京に移動した。東京ドームで好成績を残すブラッド・エルドレッド内野手(37)は目の前の一戦一戦に集中し、負傷離脱した鈴木の穴を全力でカバーする意気込みを口にした。残り24試合で優勝へのマジックナンバーは19。気を緩めることなく、リーグ連覇へ一気に突き進む!

 若き主砲が不在でも大きな不安はない。首位を独走するカープには、エルドレッドがいる。全力で相手に挑む気持ちは変わらない。29日から巨人、ヤクルトと敵地での6連戦。頼れる助っ人が勝利のために躍動する。

 「今までとやることは変わらない。全員でカバーしていければいい。自分は任された役割を全うし、与えられた場所で自分の力を発揮するだけ」

 シーズン序盤から4番を務めてきた鈴木が負傷離脱。チームにとっては大きな痛手だが、頼もしい打撃陣で支え合っていく。

 エルドレッドの打撃は上昇傾向にある。前カードの中日3連戦(マツダ)は7打数3安打2本塁打。「打席の中でいろいろと考え過ぎていた。シンプルにというか、考え過ぎないように心掛けている」。これまでの経験を生かし、すぐさま修正に取り組み、結果を残している。

 東京ドームはビジターでありながら大得意だ。今季は19打数7安打、10打点4本塁打。全球場の中で最も高い打率・368をマークしている。それでも打席での心構えは不変だ。チームの勝ちにつながる一打を放つことを最優先に考える。

 「どこの球場でもプレーすることに変わりはない。東京ドームではたまたま結果が出ているだけ。チームの勝利に貢献できることはうれしいので、しっかり頑張りたい」。チームも同球場では今季6戦6勝と圧倒的な強さを誇る。

 残り24試合。現在19の優勝マジックを着実に減らし、本拠地へ帰る。「東京での6連戦でも野手が点を取って投手を助け、勝ちにつながる展開にもっていきたい。目の前の一戦一戦に集中して、自分たちの野球をするだけ」と力を込めた。

 悲願のリーグ連覇へ。チーム一丸となっての一戦必勝の姿勢は変わらない。エルドレッドが快音を響かせ、栄光への道を切り開く。

間違いなく鈴木誠也選手の抜けた穴は大きいですが、今はその穴を埋めるだけの打撃力はカープにはあります。エルドレッド選手がここに来て好調になってきています。先の中日戦で7打数で2本のホームランを打っています。好調、不調の波が激しいエルドレッド選手ですが、ここに来て好調の波が来る事は、打線の厚みが増して来ます。残り24試合、18勝6敗でゴールして、完全優勝して欲しいです。最低でも14勝10敗ですね。その為にも、今日の読売戦は必ず勝たないといけません。エルドレッド選手の「無限のパワー」で、カープを連覇へ導いて欲しいです!
posted by ドリヨシ at 15:50| Comment(3) | TrackBack(0) | 選手
プロフィール
ドリヨシさんの画像
ドリヨシ
プロフィール
リンク集
通販サイトや店舗での決済をd払いにすると、 dポイントが貯まる&使えるお得で便利なドコモの決済サービス。 ドコモ回線ではない方も、アカウントを作れば利用可能です! 以下はd払い可能なサイトです。